スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.08.11 朝練 中津川上流

 天候:曇
 気温:22度 (銭掛地区気温表示板)
 場所:中津川上流(上落合橋~ごぶつばし)
 水位:-0.09m(中津川 山岸)
 釣果 毛鉤:ボ(涙
     エサ:ヤマメ(12~24.5cm) ×3(リリース)
        イワナ(13cm) ×1(リリース)

今朝の朝練は予告どおりに昨日と引き続き中津川上流へ。
当初の予定では甲子又沢の合流点よりも下流でテンカラを振るつもりだったんだけど、昨日の帰り際に見てしまったポイント(中津川本流と甲子又沢の合流点)がどうしても気になって仕方がないので、まずはそこを軽く覗いてから移動する作戦でスタート。

まずは、

DCSA0009.jpg

ここのたもとから入渓。
ちなみに様子を見るだけのつもりなので、とりあえずのエサ釣り用チョウチン仕掛けをチョイス。
仕掛けの詳細とエサは昨日と同じ。(手抜き)

上落合橋の少し下流側にはいかにも釣り人が入っていますと言わんばかりの踏み跡があり、さながら遊歩道のように踏み固められている。
そこから川岸に下りると、釣り人ならば、そこを一度見てしまったら竿を出さずにいられないであろうポイントが広がる。

DCSA0008.jpg

(向かって右からの流れが中津川本流。正面が甲子又沢が流れ込んでいる。)

さて、さっそくエサをつけて目印を深場所に対応できるように上へ動かし、その仕掛けを振り込む。
早い流れに乗った仕掛けは次第に深みに巻かれてゆっくりと下流へと流れる。

・・・が、反応ナシ(涙

おかしい。これだけの場所にサカナがいないとは考えられない。
ということで再度チャレンジ。

今度は少し筋を外してみる。
すると、底のほうからゆっくりと近づいてくる黒っぽい魚影が見えた。
・・・デカい!
尺に近い、または超しているかもしれないその大きな魚影は徐々に仕掛けへと近づき・・・

そして目印をつっついてUターン(T_T)
キジ(エサ)にはまるで見向きもせず(T_T)

おいおいおいおい、ちょっとそれはあんまりだよ。
ということで今度は甲子又沢の落ち込みに近いあたりへエサを振り込むと、直後に目印は勢いよく左に走る。
少し反応が遅れながらもすかさずアワせるとなかなかの手ごたえ。アタリと引きから20cm超のヤマメか。
しかし、抜き上げようとした直後、痛恨のバラし。
しかも中途半端に魚体を持ち上げてからバレたもんだから派手な水音をたててしまいその後そのポイントからアタリはなくなる。

うーん。でもまぁサカナがいることは判ったし、ついでだから少し周辺も探ってみることにする。

この判断が功を奏し、先ほどの合流点からすぐ上流、上落合橋のすぐ真下の瀬で、本日二度目のアタリ。
アワせ直後からエモノは下流に向かって走る走る。これはなかなかの型のよう。
半ば強引に抜き上げてみると24.5cmのキレイなヤマメとご対面。

DCSA0001_20100811094352.jpg

よし。これはイケる。
この一匹に気をよくして初めの予定を変更し、今朝はこのあたりを探ってみることに決め、上落合橋をくぐり抜けて上流へと進むとすぐに岩に囲まれた小さなゴルジュに出会う。
そのゴルジュから開けたプールへと続く流れは水もクリアで底までしっかりと見える。
かなりの深さのあるその流れに静かに近づき、そしてエサを振り込む。

ゆっくりと流れていく目印。
そろそろプールが終わり瀬に繋がるその寸前にスーっと近づく魚影が見えた。
これは食うか!
と思ったその刹那、ライズしたサカナが目印に飛びつく。

・・・またか。。。

ここまで何度も目印に食いつこうというのであれば、こっちにも考えがある。
オラはその場所から強引にガケを登り、道路へ出るとまっすぐに自動車へと向かった。
そしてトランクから釣り道具入れを出し、速攻でフロロ1号を1.8mに#12のアダムスパラシュートを結びつけただけのチョウチン毛鉤仕掛けを作った。
そしてモノはついでとばかりに再度甲子又沢との合流点に入渓し、プールにいたサカナだけではなく、初めに目印をつっついたあの大物までも釣り上げようという作戦。

静かに藪を漕いで川に近づき、そして竿を伸ばし毛鉤を落とす。
数回、筋を変えながら毛鉤を流していると、ヌーっと近づいてくる魚影が見えた。

ヤツだ!


しかし、毛鉤寸前でUターン。
むぅ。あなたずいぶんスレてるのね。

まあいいさ。あくまでも本命はあのプールのサカナ。
思う存分ライズしてこの毛鉤に食いつくがいい。
わくわくしながら先ほどの退渓点へ進み、そして例のプールに。

・・・しかし、予想に反して毛鉤を打てど流せど、サカナはまるっきり姿を現さない。

うーん。。。
足音で警戒されちゃったかな。

仕方がないので早々にその場所にも見切りをつけて、さらに上流へと向かうことにする。
とりあえずは良さそうな場所があったらテンカラに切り替えることにして、チョウチン毛鉤からエサ用チョウチンに再度スイッチする。

そして遡上を始めてすぐの瀬でまたもヤマメっぽいアタりが。
しかもこれもなかなか・・・

ボサに気をつけながら竿を畳み取り込むと

DCSA0004_20100811094352.jpg

さっきよりは幾分小さいけどそれでもなかなかのヤマメが出た。

迷走しながらも開始45分で2匹。これはけっこうイケるか・・・


と思ったのが大間違い。
このあとすぐに、コッパヤマメ1匹とチビイワナが1匹を釣るが、そのあと1時間半はテンカラとエサ釣りとをとっかえひっかえしながら釣り上るが、まるでアタリすらナシ(T_T)

そして気がつくと目の前に橋が。

時計を見ると7時15分。時間もちょうどいいし、なんだかちょっと疲れちゃったので今日はここで退渓することに。
橋のたもとをえっちらおっちら登って、記念に写真を一枚パチリ。

DCSA0006_20100811094351.jpg

退渓点の橋はこちら。

DCSA0005_20100811094351.jpg

あとは舗装林道をテクテク歩いて下り、そういえば今朝はあまりアブが来なかったな・・・と思っていた矢先に手の甲をアブに噛まれる。

なんだか今朝はツイてるんだかツイてないんだかよくわからない朝でした。


さて今夜は飲み会なので、明日の朝は多分二日酔いで朝練はできなそう。
13日は水量と天候にもよるけど(台風という噂だし)もしかすれば米内川で朝練
14~15日はお盆なので殺生はご法度で釣りはナシの予定。(でもリリースすればいいのかな?)



ということで本日はこれまで。

スポンサーサイト

tag : 朝練 ヤマメ 新規開拓 中津川

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様です。

緑カディスなのですが、是非使っていただきたいので
よろしければ下記ブログ右側のメールのアイコンよりご連絡くださいませ。よろしければ郵送させていただきます。
あんまり出来がいいとはいいがたいフライですが。
http://blog.livedoor.jp/suttoko2694/
本日のお昼休みより当方もブログ始めましたww

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>すっとこさん

緑カディスの実戦投入テストの大役、謹んでお受けいたします。
本件、別途ご連絡を差し上げますのでよろしくお願いいたします。

お。すっとこさんもblog開設ですか?
ずっと詳しい釣行レポート(特に小柳沢あたりの)を聞きたいと思ってましたので、今後に期待しちゃいますよー^^

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。