15.10.06 渓流釣り 荒雄川C&R

本日はお休みですので例によってお出かけしてきました。
行き先はお隣の宮城県に流れる荒雄川のC&R区間。

荒雄川なんて超メジャーな川へ、へっぽこなワタシが一人で行く勇気はとてもじゃないけどありませんので、本日は双雪さんにご同行願いました。
まあ、二人とも荒雄川は初めてなんですけどね(汗

さて、川へと向かい走ることしばらく。
釣り券の購入がてら、地元ペンションの方へお話を聞くチャンスに恵まれましたのでそこでしばし情報収集。
ハイレベルすぎてワタシにはチンプンカンプンでしたが、釣り券は無事に買えたのでそれでよし。

さあ川へと行きますよ。


PA060016.jpg


PA060001.jpg


心配していた水量はどうやら平水近くまで減水したらしく、しかもほぼ濁りもなし。

これは・・・釣れる予感!!!



しかし。

開始からしばらく。
ぜーんぜんダメ。

ちょっとニジマスを舐めてました。
すみません。

しかし、入渓点より少し上流に進んだところで・・・


PA060002.jpg

おいおい。
ロッドが曲がってるんじゃね??


PA060003.jpg


ッかー!!
いい引きしてそうじゃんか!

双雪さん、さすがの一匹目。
いやあデケェ。

よーし、ワシも!!

と思いましたが。
・・・まるっきりダメ。
パシャっともこない。
それどころか、フライを見にすら来ない(涙

いるんですよ。サカナは。
そこかしこに。
でも、ワタシのフライにはまるっきり興味を示してくれないんですよね・・・。

あれやこれやとフライを取り替えてみても、芳しい反応はなく。
そうこうしていると、あ、双雪さんがまた釣った。

あれ、またさらに釣った。

・・・。

モウダメ。ガマンデキナイ。

ソウセツサン、チョットコチラヘ。


と、その当たりフライを無理やり強奪。

よーしこれさえあればワタシだって!



PA060013.jpg


ほらね。

このフライを借りて3キャスト目でドバっと出ました。
ネットの枠と比較するとそんなにデカく見えませんが、このネットの内寸は43cmありますので(笑

しかしこのマスのパワーと言ったらもう!
マスとのやりとりをしながら、『リールってこんなに便利なんだ!』ということを実感しました。しみじみと。


さてその後。

ちょっと釣りのぼってみますか。

と、旅に出たのはいいけど、ここからはまるっきり音ッコなし。
いや、ワタシは三度フライに出ましたがそのどれもがフッキングに至らず。
単純に焦ってしまってアワせが早かったのが敗因です。。。


・・・
・・


さーて、時間もそろそろだし、川を上がって帰りますかー。
という双雪さん。
アナタはもう5匹も釣ってますもん。
そりゃ満足でしょう。

でも、ごめん。
もう一匹だけ。お願い。

と、泣きを入れて再入渓し・・・


PA060018.jpg


よーし、来たぜぇ!
無事に二匹目をゲット。

・・・と思ったら。
アナタ(双雪さん)、6匹目ですか・・・

PA060022.jpg
(ワタシの2匹目と双雪さんの6匹目を並べて記念写真)


まあワシのマスのほうがちょっとデカいけどな!
だけど釣ったフライはアナタのだけどな(涙

そんな感じで、へっぽこながら2匹のマスに恵まれまして、満足して帰ってまいりました。

川の様子もわかったし、どういうところにサカナが着いているのかも見てきたし。
それにある程度釣れそうなフライの見当もついてきたので・・・。

次回はもう少しまともな釣りができるように頑張ろうと思います。
願わくば自分のフライで。

双雪さん、本日は本当に(朝からいろいろと)ありがとうございました!



では。
また。


スポンサーサイト

tag : フライ

コメント

非公開コメント

No title

釣券無事に買ってナイナイしたのは誰でしたっけ?(笑

いや面白かったですな!
あのファイトはくせになりそう。
しかしセレクティブな魚達、次はどうしてくれよう?

No title

うーん
いいですな~

十和田湖やめてこっちに行ってみようかな(笑)

Re: No title

>双雪さん

いやでも、あのタイミングで釣り券がないことに気づいてよかった!(笑

面白かったっすねぇ。
あ、でもワシはもうちょい釣れれば・・・

あんだけバットまで曲がるファイトを自然河川でできるってのはねえ。
まじで通いたくなりますな。

フライに関しては、ペンションの方が「状況判断」という言葉を連呼していたので、あるいはパターンに関してはその都度変わるのかも(定番フライにはスレてしまうということも含めて)。
大きさなんかについては、ほぼあれで決まりっぽいけど。
そんなことを考えながら、マルトのカタログを眺めてました。
・・・またフックが増えそう(大笑

Re: No title

>MK@YUKIさん

道のりですが片道150km、約2時間半ほど。
一部高速道路を使い交通費は一人約2000円。
(ハイブリッド車ということもあって安く済みました。)
それに釣り券代1000円を加えて、計3000円でこの満足感です。

実際にやってみると数はそれほど釣れませんでしたが、掛けてから取り込みまで長時間のファイトが楽しめますので非常に楽しいです。
ただ・・・昨日はルアーの方の姿を一切見かけなかったんですよね。
なにか理由があるのかしら・・・。

十和田湖も確かに楽しいのですが、こちらもかなりオススメですよ!

レインボー????
うらやましい…
楽しそうだなぁ。。。

Re: タイトルなし

>レディアンスさん

ニジマスですが面白いですよ!
養殖のニジマスとはいえ、自然河川であのサイズを釣るというのはなかなかできませんので。

チャンスがありましたら是非!

お久です。何年か前に松川に行きましたがチェイスすらしませんでした。昔『自然倶楽部』という釣り雑誌に宮古市重茂川河口で釣れた50オーバーのネイティブレインボーが、賞を取ったのを覚えてます。見事なスチールヘッドでしたよ。しかもサーフィンの帰りに何気なくフライを流したら釣れたそうです。これがあるから生涯アングラーでいようと思います。
鷲の尾ウマし(^_^)/
今宵は鮭の冷燻で……

Re: タイトルなし

>レディアンスさん

松川ではけっこうニジマスのデカいのが釣れるらしいですよね。
ルアー釣りの仲間から話を聞いて出かけたこともあるのですが、そのときは2時間頑張って、小さいイワナが釣れたっきりでした。。。

50cmのスチールヘッド・・・。
すごいファイトをしそう~!

鷲の尾で鮭の冷燻なんて、贅沢なひと時ですねえ。
ワタシの晩酌はバタピーとパックの焼酎(涙
 

アサタカさん、川で飲む酒はもっとウマいですよ(^_^)/
川の水でウィスキー割ったら最高!
後はストーブと焚き火して、ちょっとしたツマミあれば贅沢なキャンプです。

Re: タイトルなし

>レディアンスさん

川で一人キャンプをしたいと思いつつ、なかなかチャンスがないんですよね。
来年こそはテントを背負って和賀方面で一泊釣行したいなあ~。
一晩分の酒を担いで歩くのは大変そうだけど、そういうときはアルコール度数の高いウィスキーがいいですよね。

自分はミニ五郎の容器に様々なウィスキーいれて行きますね。軽いし便利です。
オススメはメーカーズマーク、知多、バレンタイン、白州ですかね。(サントリー好き)焚き火の横で酒飲みながら『明日のルアー何にしようかな?』なんてニヤニヤしてるのが幸せ(*´∀`*)
朝は川の水で淹れたコーヒーにアメリカンスピリッツで目覚めます。
ツマミは缶詰けっこうオススメです。

Re: タイトルなし

>レディアンスさん

ミニ五郎(笑
ワタシは若い頃に買ったスキットル(スキーのときにリフトで呑むため)を持ち歩いています。
焚き火にあたりながらコレで一杯やったら、たまんないでしょうねえ。。。

来年はマジで山で一泊しようと思います。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR