15.08.14 渓流朝練

青森のカミさんの実家へ帰省しましたので、せっかくだから・・・と、こちらにいるときにしか入ることができない川にでも行ってみましょうかね。

・・・しかし・・・。
休みとなると雨が降りやがるんだよなあ(涙

だけど雨とはいえ、早朝の5時の段階ではまだ霧雨程度。
ここから天候は良くなるのか悪くなるかはわからないけども、とりあえずは川へと向かってみることにして、こっそりと実家を抜け出す。


川へは数十分のドライブで到着。
流れを覗いてみると、しめしめ、まだ水に濁りは入っていないようだ。
幸い雨もまだ霧雨なので、これならカッパもいらないかな。

自動車を降りると、急いで身支度を済ませてロッドを手に川へと降りる。


やはりこちらも晴天が続いたせいで渇水なのか、水量が少しこころもとないその流れに、まずは#14のブラックパラシュートを浮かべてみる。

しかしチャラ瀬では反応は皆無。
まあ、こんだけ浅ければなあ。

では、と、蛇行する流れのところどころにある、深さのある流れだけを狙ってみようか・・・と思ったところで、急にダバダバと川面を打つように雨が落ちてきた。

こりゃイカン。
急いで自動車へと戻り、カッパを着ることに。

いや、でも・・・。
このときのワタシ、上半身はカッパで下半身は沢パン(ウェットウェーディング)と、濡れたいのか濡れたくないのかよくわからないカッコ。
まさか雨が降るとは思わなかったので、ウェーダーを持ってきてなかったのよね・・・。

ま、でもこれはこれで快適。
雨足も少し弱くなってきたようだし、もう少し釣りのぼってみるべか。


再度川へと降り、なるべく離れた場所からラインを伸ばして、深そうな流れへフライを乗せてみると・・・。


ほーら、一発!!

P8140005.jpg


いきなり9寸だもん。
これだからこの川はやめらんないんだよね。


その後も・・・


P8140009.jpg


こんなのがあちこちから釣れて、こりゃいいや。
と、有頂天になったのもつかの間。

一時は弱まったと思った雨が、急に土砂降りに。

川の水もどんどん濁りだしてきたし、なにより水面に落ちる雨粒の飛沫でフライがどこを流れているのかも目視できない状況。

ダーメだ、こりゃ。


ということで、ここで一度退渓。

雨の様子を見てまた後できてみようっと。



・・・
・・



その後。

青森に滞在している間中、雨は降り続けまして川はもちろん大増水。

ということで、青森の釣りはこれにておしまいー。


うーん、あの釣れ心地はもったいなかったなあ(涙



では。
また。

スポンサーサイト

tag : 朝練 ヤマメ フライ

コメント

非公開コメント

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR