15.07.18 渓流朝練

ここんとこ、川の水と同じでちょっとヤル気も枯渇気味。
どうも、こう、思うように釣れないんだよねえ。。。

それなりに釣れるであろう川にいくつか心当たりはあるけども、あんまりそこにばかり通うのもイヤだしね。

ということで、今朝は新規開拓。
・・・というより、以前より知りたかった釣り場をを案内してくれるという強い味方、いや神さまが現れたので、その方のお誘いに即バイトしたというカタチ。


さて向かった先は、とある川。


その川のまず案内された場所は、超有名な超大場所ともいえるポイント。
しかしこんなポイント、どこにフライを打てばいいのやら(汗

とまあ、悩んでいても仕方がないのでヤタラメッタラとそこらじゅうにフライを浮かべてみるも、まるっきり無音。

ふむぅ。。。

と思い、同行のカレのほうを見ると。
・・・おいおい。なんだか爆釣してるじゃないですか。
そのカレはルアーなんだけども、眺めていると瞬く間に2匹、3匹・・・とどんどん釣りまくり。

こちらはといえば、パチャっともきやがらねぇ。
こりゃアレか。水面を見ていないということか。
と、ニンフにしたりウェットにしたり、またドライに戻したり・・・と、いろいろやってみたものの、譲られたポイントで小さいイワナが一度跳ねただけ。
あ、そういえばヤマメフライを見ながら追ってきたことも一度だけありましたが、口すら使わずどこかへ逃亡。


ということで、このポイントではワタクシ、丸ボンズ。
対してルアーのカレはそこそこのサイズだけでもをカウントしてもツ抜け寸前という圧倒的差。
しかもヤマメがいっぱい。


・・
・・・

さて。
その後はポイントを大幅に変更。
今度は瀬や落ち込みの続く区間へと移動する。

そしてナイショの入渓場所から川へ降りると、こりゃフライには最高の釣り場。
あっちを見てもこっちを見ても、ここから下流もあっちから向こうにもヨダレの出そうなポイントが連続していて釣れる雰囲気ムンムン。

よーし、おじさん頑張っちゃうぞー!

と、まずは目の前の瀬脇にフライを浮かべる。

そして2秒後。
・・・おお。
美しい8寸ヤマメフライに飛びつき、無事にボンズ回避。
(撮影前逃亡により画像なし)

その後も、ここぞという場所からはサカナの反応があるのであっという間に時間が過ぎる。

途中でフロータントを切らしてしまい少し苦戦はしたものの・・・


P1010005_20150718115345da7.jpg

こんなヤマメはあっちゃこっちゃから出てきたし、



P1010004_20150718115343fbf.jpg


こんなイワナも出てきまして、なかなか満足度の高い釣りができました。
ちなみに同行のカレは下流へ釣り下ったのですが、ここでは3匹くらいだったそうです。

・・・そんな感じで一時はどうなることかと思いましたが、無事に釣れてよかったよかった。
(案内してくれたカレが一番ホっとしてましたっけ(笑))


では。
また。


明日は、今朝の続きでもしちゃおうかなー。






スポンサーサイト

tag : 朝練 イワナ ヤマメ フライ

コメント

非公開コメント

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR