スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.07.10 渓流朝練

昨日は朝っぱらからコトをしでかしてしまい(15.07.09 渓流朝練)釣りができなかったので、今朝も頑張って早起きをして朝練へと行ってきました。

もちろん、トランクにはしっかりと釣り道具を積んでね。

さて、行き先は昨日の事件現場でもあるちょっと遠くの川。
駐車場所近くに揺れていたあのデカいヤマメを獲らないと気が済まんのですよ!

ということでまたも一時間ちょっとのドライブをして川へと到着。
昨日と同じようにこっそりと川を覗くと・・・。


あれ。
いない(涙

釣られちゃったのかなあ・・・。
となると、ここらへん一帯がもしかしたらダメなのかも。

とはいえ今から移動するのもダルいので、爆死覚悟で特攻することにして、とっとと身支度を済ませて入渓点を目指しテクテク歩く。



そしていつもの入渓点から川へと降りよう・・・と思ったら、ここからすぐ上流にあるプールに浮かぶ鴨の姿を発見!
この場所から川に入るとおそらくヤツらはさらに上流にある絶好のポイントであるプールへと飛んで行くだろう。
そうすると、もうそのポイントではサカナが出なくなる。
そして以降はこれの繰り返しで、結局は鴨との追いかけっこ状態になっちゃって、ポイントを全てヤツらに破壊されるのがいつものパターン。

そうはさせぬよ。

と、鴨のいるプールの上流から、ガケを飛び降り強引に川へと降り立つ。
するとヤツらは目論見どおりに下流側へと飛び去っていった。

ふはは!勝った!!

・・・
なんだかこの時点でちょっと満足してしまったけども、本番はこれから。

7’6”の#3ロッドを継いでさっそく釣り開始。

水量が少ないためにポイントは限られてしまうが、それでも深みからはそこそこサカナが顔を出す。


P7100001.jpg


P7100007.jpg


P7100008.jpg


P7100009.jpg

おっかしいなあ。
ここはヤマメの区間なはずだけど・・・。
出てくるのは少し小さめのイワナばかり。

でも出方としてはゆったりと出てくるので、さほどスレている感じではないんだよなあ。

そして。

P7100017.jpg


こんなポイント。
真正面に見える岩際はけっこうな深み。
しかも落ち込み下で流れもゆるやか。
これはデカいのが居ついているはず。

しかし。
見ての通り、その岩際にフライを打ち込むには、垂れ下がった枝のスキマを突かないといけないそう。
しかもその枝のスキマの上部には葉っぱが茂っているので、ループを開くと一撃アウト。
上に回って・・・というのも考えたけど、むやみに動くと気配を察知されちゃうし・・・。

えーい。勝負!!

と、ギリギリ姿勢を低くしてその枝の間にタイトループでフライをブチ込む。
幸い狙い通りの場所にフライが浮かび・・・

フライが流れ始めたその瞬間。

モコっと盛り上がる水面。
出た!

しっかりとフライを食ったのを確認してロッドを鋭く煽ると、#3のロッドが弓なりにしなる。
おお、いい引きだ!

下流に走れば追いかけて、、岩陰にもぐりこめば引っ張り出して・・・としばしのやり取りの後、なんとかネットイン。


P7100014.jpg


尺には届かなかったけど、でっぷりと太ってて重たい重たい。
しかも受け口でおっかない顔してらよ!


P7100015.jpg


さてその後。
例のデカいヤマメのポイントはやっぱり無音。
そしてそこから上流もさっきまでの釣れ具合がウソのように無反応。

そんな中、やっとこさ一匹釣れたところで時間切れ。


P7100026.jpg


結局最後までイワナだけ。
ヤマメはどこに行っちゃったんだろう・・・。

でもまあ、デカいのも釣れたので良かったことにすっぺ。


そういえば。
今朝のフライは試しに買ったフックで巻いたアダムス#12だったんだけども、バラし大王の異名を持つワタシが、今朝はなんと3回しか(3回も?)バラしませんでした。
もしかすると、このフックはいいかもしれない。
次回までにいろんな種類のフライを巻いておいて、その辺も検証してみようっと。


では。
また。

スポンサーサイト

tag : 朝練 イワナ フライ

コメント

非公開コメント

No title

 どこも渇水の中、いつも羨ましく釣果を拝見しています。笑
昨日キス釣りに行きましたが、良型は二匹であとはピンギスばかりでした。やはり夕暮れは釣れませんでした。私は向浜で釣りました。

Re: No title

>(no_name)さん

こう雨が降らないと、川の水も枯れてしまいますよねえ。

キス釣りですが、ワタシたちも向浜でした。
でも、果たして本当にそこが向浜と呼ばれている場所なのか・・・については???です(笑
どうやら早朝~昼、そして小休止を挟んで午後から夕方にかけてが釣れる時間帯のようですね。
また場所によって、小さいのしかいない場所やまるっきり釣れない場所というのもあるようで、その辺は足を使って探るしかないとのお話でした(S氏曰く)。

キスの天ぷらは非常においしかったので、また近いうちに行こうと思ってます!

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。