15.01.15 道具 ワカサギ穂先

みなさま明けましておめでとうございます。

まあ、いまさらですが(汗

さて待望の岩洞湖の氷上釣りの解禁が1月19日と決まったそうですね。
もうちょっと早いかなと思ったのですが、なんだか年が明けたらあったかい日が続きましたしね。


それはともかく来る氷上解禁に向けて、はやる気持ちを紛らわすために最近は穂先を作ったりしております。
ここ数年(とはいえ、ワカサギ釣りのキャリアなんて5年にも満たないレベルですが)、穂先はずーっとラミネートフィルムを積層したヤツを愛用していたのですが、これは安く作れるし感度もいいしと、いいことづくしなのですが意外と作るのが面倒くさいんですよね。
なので、昨年あたりからFRP(グラスファイバー)素材を使った穂先を試しておりました。
これが意外と感度も悪くないし耐久力もあるし、調子も自由自在のうえ作るのも簡単だし・・・と、非常にイイカンジなのですよ。

ということで、ちょっとその製作方法をご紹介します。
他に記事のネタがないしね。


さてまずは材料。
ダイソーで買ったFRP棒。
というか園芸用の支柱です。2m(1m×2本)で108円です。
だいたい穂先は20cm以内の長さで作っていますので、単純に材料は10本分取れます。
一本あたり約11円ですね。

DSC_2275.jpg


これを約20cmにカット。
ノコを使うと楽チンです。

DSC_2276.jpg  DSC_2278.jpg


この支柱はビニールシュリンクされておりますので、その部分を剥きます。
しかし、このシュリンクされた状態でこの支柱の外径は5mmとなっていますので、ジョイント部にはシュリンクを残しています(5mmジョイントの場合)。
5mmジョイント以外の場合は根元を細くしたり平たくするなどして、目的の径のアルミパイプをつけるなどの小細工が必要になるかと。

DSC_2279.jpg  DSC_2280.jpg


さて、さっそく削っていきましょう。
コツとしてはいいヤスリを使うこと・・・に尽きるのではないかと思います。
百円ショップの削れないヤスリでフラストレーションを溜めながら削るより、とっととホーマックに行ったほうがきっと幸せになれます。

ここで、素材を削っているうちに出てくる、ささくれたガラス繊維が手に刺さるとしばらくチクチクして往生しますので、こまめに掃除機で吸い取りながら削るといいかもしれません。
また万全を期する方はラテックスグローブなんかをするといいと思いますよ。
ワタシは指先の微妙な感触が損なわれるのがイヤなのでいつもナマ派ですが。


DSC_2281.jpg  DSC_2283.jpg


好みのテーパー(曲率)になるように大胆かつ繊細に削り続けます。
先端ペラペラ胴はしっかり・・・の先調子にするもよし、バット付近から均一に曲がるような胴調子にするもよし。
ここらへんはお好みで。

失敗しても一本十円ですから。
気兼ねなくガ~ンガン行きましょう。

DSC_2288.jpg


最後は紙やすりで調整。
ついでにエッジ部のささくれなんかも仕上げときましょう。

DSC_2289.jpg


そして曲がりあんばいやら硬さやらが狙い通りに仕上がったところで、コーティング。
これをしておかないと、いつまでもガラス繊維でチクチクする穂先になります。
ワタシはいつもフライのヘッドセメント代わりに使っている、クリアのマニキュア(トップコート)で仕上げます。
ただしそのままだと固くて塗りづらいし、乾くのも遅いし、皮膜が厚くて調子も狂うので、除光液でシャバシャバに薄めたモノのほうがいいかもしれません。
またスプレー塗料なんかでカッコよく色をつけてみるのもいいのではないでしょうか。手塗りよりも皮膜を薄く均一に仕上げやすいし。

DSC_2291.jpg


最後はお好みのガイドをつけておしまい。
ワタシはステンレス針金を巻いて作ったガイドを、スーパーX(接着剤)と熱収縮チューブを併用して取りつけています。
一番先端は素材が薄くなっていますので、熱収縮チューブを収縮させすぎて変形させないように注意しましょう。ここでしくじるとけっこう落ち込みますので。

DSC_2294.jpg


と、まあざっとこんな感じです。
材料取り~コーティングまでで慣れれば30分程度と非常に簡単。
しかも10本作っても108円(ガイド代他含まず)というバツグンのコストパフォーマンス。

して、その肝心の穂先の調子ですが1gの負荷で約3cmの曲がりと、最新の高価な穂先に比べれば幾分鈍ですが、そこは実釣の技術で補う楽しみを残していると思えば、それはそれでよろしいのではないかと。


皆さんもよかったら、作ってみてください(もこみち)。


それでは本日はこの辺で。
スポンサーサイト

tag : 岩洞湖 ワカサギ

コメント

非公開コメント

ワカサギ解禁に向け 準備も着々と進んでいるようですね!
あの小さなサカナの当たりをとる穂先の調子を出すのはかなり難しそう

この穂先を使っての爆釣 楽しみにしています!

Re: タイトルなし

>くろすけさん

いろいろやらないといけないことがあるのですが、今年は事前の演習をやっていないもので、解禁当日はなんだか忘れ物で難儀しそうです。
しかし、当日は双雪さんも一緒なので、忘れ物をしてもへっちゃらかなあ。

穂先ですが、これ以外の素材でもいろいろ試しています。
最近は作るのが楽しくてそれだけで満足してしまい、釣果は二の次だったりします。。。

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR