スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14.09.16 渓流釣り 和賀川支流

海、池・・・と続いて、本日は久しぶりに川へ。
しかもお仕事は定休日なので、今日はゆっくりと川にいることができるのよね。

ということで、ワタシの定休日に合わせてお仕事を休んでくれた双雪さんと一緒に、秋の遠足へとお出かけしてきました。


行きの道中では気持ちよく晴れていた空。
が、事前に調べた天気予報ではどうも午前中の一時、雨が降るとのこと。
どうもここんとこの天気予報はまるでアテにならないので、この雨の予報は杞憂か・・・。

さて林道の車止めからリュックを背負って山道へと進む。
ほどなく川は見えてくるがここはまだまだ我慢。どうせここらへんは場荒れして釣れないはず。


・・
・・・

ムサムサとひたすら歩き、今度は山道から川沿いへ。
ゴロタ石に足をとられながらそれでもひたすら歩く。

川を眺めて歩いていると、時折プールなどでは小さいイワナがほよほよと泳いでいる姿もちらほら。
しかし今日はそんな小型に用はないのだ。
尺はおろか、40cm級も潜んでいるという噂のこの川で、デカいヤツを仕留めちゃうのよ!!

ティペットは6xで大丈夫かしら、やっぱり5xじゃないと40cm級には役不足かなあ。

・・・なんて双雪さんと二人、軽口を叩きあいながら歩いていると・・・
おや、ポツポツと顔にあたるものが・・・。

空がちょっと暗めだなあとは思っていたけど、ここで予報どおりに雨。
しかもポツポツがしだいにシトシト、そして、サーっというけっこうな降りに。

ただ予報によればそんなに長くは降り続けないはずだし、ちょうど雨をしのげる場所を見つけたのでここで小休止して雨をやり過ごすことに。


P9160003.jpg

双 「雨に濡れて、ちょっと寒くなってきましたね・・・」
ア 「そ、それはいけない。さあ、早くこっちに来て・・・」

素肌を合わせて暖めあうことも考えましたが、ワタシたちは文明人なので火を使って暖をとることに。


P9160005.jpg

久しぶりに焚き火をしてテンションを上げる当方。

そんな感じでしばし雨をやり過ごしていると、すぐ目の前の川では・・・

あれあれ。
どうやら雨によって増水しはじめた川は、なにかおいしいものも流し始めたようで、それを捕食しようと中ぐらいのイワナがライズをしはじめている。

お、これはもしかして恵みの雨だったか。

ヒマな時間に釣り支度を済ませているとそのうち空も明るくなって雨足も弱まる。
よし、出発!

と思ったら、さっきのライズしていたイワナにシャレでフライを流していた双雪さん。
速攻で釣り上げてボンズ抜けしていました。

・・・
・・


さてキャンプ地(焚き火ポイント)を出て、釣り本番。

やはりさっきの雨はイワナたちの活性を上げてくれたようで・・・


P9160007.jpg  P9160008.jpg


P9160009.jpg


ここぞというポイントからはポンポンと素直にイワナが顔を出す。
なーんの警戒心もなく本当に素直に釣れるもんだから、もう面白くて仕方がない。
釣っては逃がし、釣っては逃がし・・・と双雪さんと交互に釣り上る。

途中、とある大場所。
ここにはいつもデカいやつが・・・と、こっそりそこへ近づくと、いたいた。余裕で尺モノですよ。

そいつにめがけてフライを打ち込むワタシ。
しかし3度ほど目の前を流してもガン無視。

うーん・・・。
そして4回目のキャスト。
まあ、今回も食わないだろうなあ・・・と、後続の双雪さんのほうを見ようと視線を移し・・・

「食った!!」

と、いきなり後ろから双雪さんの声が。

「ハア!?」
一瞬何事かとパニクるものの、ハタと我に返ってロッドを煽るワタシ。

しかし。

ゴッチン!
という手応えだけ残してフライがスッポ抜け。。。

ああああああ。もったいない。。。
まったく、よそ見してんじゃねぇよ、ってな・・・。


その後、そこでは双雪さんがまた違う9寸をゲット。
ヒジョーに、クヤシー!!

よし!次こそは!!
と気合も新たに釣り進む。


・・
・・・


そして訪れたポイント。
長く深くゆるやかなまっすぐの流れ。
これは大型がド真ん中に定位するには絶好の場所。
しかしその流れは一本の倒木で分断されている。

まずはその流れの下部分で双雪さんが見事に9寸をキャッチ。
大きさもさることながら、太くてパワーのある魚体はファイトをみているだけで素晴らしい!

さて、お次はワタシの番。
倒木をこっそりとかわして上流部へ。
そして姿勢を低くして流れのド真ん中へフライを落とす。

すると。
スーっと浮いてくる、大きい影。
そしてソイツはゆっくりとパックン・・・。

食った!
すかさずアワせてフッキング。

そこからは・・・
ロッドをUの字に曲げるずっしりと重い魚体を、引きを楽しむようにかわし続ける。
トルクフルに走り回りながらもだんだんと近づいてきたソイツは予想通りの大物。

最後はちょっとムリヤリ砂岸へズリ上げて・・・。

P9160019.jpg  P9160014.jpg

おお!
尺モノでござるよ!

いやあしかし、気持ちいがった~。

・・・
・・


さてその後。
釣ったりバラしたり、また釣ったり・・・


P9160021.jpg


そうしたところ、ある地点を境にパッタリとサカナっ気が消える。

時刻も14時と頃合だし、さて、そろそろ戻りますか・・・



・・
・・・

そんな感じで、歩いた距離も相当でしたが、それに見合っただけの楽しい時間を過ごすことができました。
そろそろ禁漁を迎えるイワナ釣りが名残惜しくなる・・・そんな渓での一日でした。


それでは本日はこの辺で。

ちょっと歩き疲れで下半身が相当キテおりますが、残りの9月後半も張り切っていきますよ!




スポンサーサイト

tag : イワナ フライ 和賀川

コメント

非公開コメント

No title

いやぁ桃源郷はありましたな。

焚き火にキノコ、尺物バラシと楽しいことづくしの1日でした(笑

次こそ尺でウハウハしましょう。
キノコうめかった!

No title

なんか楽しそうだな~
焚き火に尺イワナにお肌の触れ合い・・・・(ポッ)

うーん、漢の世界ですねぇ(笑)

Re: No title

>双雪さん

キノコ、おいしかったでしょ?

いやしかしまさにパラダイスでしたな。
日ごろの行いが良いせいで雨にも恵まれましたし(笑

次回はアブの時期の前に、筋肉痛になるまでガッツンガッツン尺イワナを釣りますべ。



Re: No title

>MK@YUKIさん

楽しかったですよー。
竿の貸しあいっコもしましたし☆
(↑竿・・・というとちょっとアレな雰囲気なので、ここはロッドと言うのが適当か)

今回は夜の反省会がなかったので、今月末は激しくお待ちしております(笑
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。