スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14.06.04 朝練 米内川

どうせ行っても釣れないし。
しかもこう連日の暑さともなれば川も減水していてサカナも警戒しているだろうし。
だったら朝早く起きるのなんてムダムダ。

・・・なんていじけてましたけどね。ここ最近。
でも、川に行かないとそもそも釣れる釣れない以前の問題ですからね。

ということで、今朝は根田茂川と米内川のどちらに行こうか迷った挙句、米内川朝練してきました。


早朝、米内川沿いの道路にはすでに竿を出している人の姿もちらほら。
だだだ。ド平日の5時台でコレかや。。。

なんだかテンションも低めのまんま道路を上流に向かって進む。
そして「まあここでいいか。」
と、やる気もなく適当に場所決定。

ところが、不思議よね。
ウェーダーを履くと、なんだか気分もアゲアゲに。
しかも今朝のウェーダーはMK@YUKIさんから譲っていただいた、ストッキングタイプの高級ウェーダーなのだ!
ウェーダーとウェーディングシューズを履き、森林香に火を灯す。
さて、戦闘準備完了じゃあああああ。


意気揚々と川へ降り、まずはブラックパラシュートの#16を結ぶ。
そして流芯脇の少し緩めの流れにフライを落とし流してみる。

・・・音ッコなし(涙

その後、流芯ド真ん中やら岩陰やら岩盤ヘチやらに、手当たり次第フライを流すも音ッコなし。
だだだ。やっぱりパラシュート系じゃダメだってか。


それならばと、フライを結び換えようかとも思いましたが、砂地についた真新しい足跡を見てその気も失せまして・・・。
仕方なしにこの区間は早足で消化。
めぼしいところには一応フライを流すも全く反応ナシ。


・・
・・・

さてここまでくれば大丈夫だろう。

ということでまずは流芯脇から。
・・・すると、パシャっと跳ねがあって、ロッドを煽ると軽いものの手応えアリ。

P6040025.jpg

ふう。やっとボンズ逃れ。

そしてそこからほどなく。
岩際のエグレを流れる深く緩い流れへフライを乗せる。
ゆーっくり流れるフライに、ゆーっくりと浮いてきた魚影を確認。
おお。けっこういい型ですよ。コレ。

ぱくり。
と咥えたところを確認してロッドを立てると、ズン!という心地よい重み。
おおおお。いい引きじゃあ。

ティペットにX7を使っているので、慎重にラインを手繰りながら手元に寄せる。
そして無事にネットに納めると。


P6040032.jpg

27cmの堂々としたイワナさん。
くっー!尺はなかったかあ!

その後、すぐ上にある同じようなエグレにフライを乗せると、流れの中からニョロリとまたしてもデカいイワナが出現。
しかし、気が急いてしまって咥える前にフライをピックアップ・・・。

くそ!もう一度!
 ⇒コツンと手応えがあるもフッキングせず。
くそッ!もう一度!!
 ⇒グン!という手応えがあるもフッキング浅くバレ。
くそッッ!もう一度!!!
 ⇒尻尾でパシャンとフライをはたいてどっかへ行ってしまいました。。。

4度も出たのにモノにできないとか(涙

さてその後。
ここぞという場所からはほどよくサカナの反応があるも、あまり大きいのはいないみたい。

でも、↓の手前にある巻きからは・・・

P6040040.jpg

一気に二匹出たりとなかなかいい感じ。

P6040038.jpg  P6040033_2014060410114261d.jpg


その後も、

P6040046.jpg  P6040057_2014060410123772f.jpg

このくらいのサイズが立て続けに出るも、ある地点を境にパッタリと跳ねも魚影も見ることができなくなりまして。

ああ、そういうことね。

それじゃこの区間はパスして・・・とも思ったのですが、時間がないので本日はこれにて撤収。
ここらへんはすっかり竿抜け探しゲーム状態ですなあ。



さて本日の反省。
『ちょっとアワせが大きいみたい。』

アワせですっぽ抜けて頭上を釣るケースがたびたび。
なので、少しコンパクトにフッキングさせるアワせの練習をしたいと思います。
とはいえ最近は、リーダー~ティペットの長さを長くするようになったから、小さいアワせでは不安なんだよなあ・・・。


ということで本日はここまで。



 <データ>

 天候:曇/晴
 気温:17.4度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:米内川
 水位:-0.10m(山岸 中津川)
 水温:12.0度(6時00分)
 入渓:6時00分
 退渓:8時00分
 釣果:ヤマメ(15~21cm)2匹
     イワナ(チビ~27cm)7匹
 竿 :シマノ フリーストーンFV 833
 仕掛:リーダー(x6)9ft
    +ティペット(x7)3ft
 毛鉤:ブラックパラシュート(#18、#16、#14)
スポンサーサイト

tag : 朝練 イワナ ヤマメ フライ 米内川

コメント

非公開コメント

No title

ウチからお嫁入り(?)したウェーダーの履き心地はいかかでしたでしょうか?
オサカナもまずまず出たようで、これもある意味入魂なのか?(笑)

しかし米内川は相変わらずの激戦区ですな~
て言うか、盛岡周辺はみんな同じようなモンでしょうね
そんな渓で釣って見せるところがなんともサスガであります☆

Re: No title

> MK@YUKIさん

おおおおお。ウェーダーの感想を書いてませんでしたが、素晴らしく「イイ」でした!
ゲーターを着けていても涼しく蒸れず、しかもブーツフットと違って歩きやすいといったらもう。
おかげさまで9寸イワナも出ましたし、いい朝でした(笑

米内川ですが、今朝の場所はおそらく完全に竿抜けでした。その前後の区間はまるっきりダメで、そこだけやたらとサカナが跳ねるという。
米内・中津川や、閉伊川支流も盛岡よりはどこもこんな感じらしいです。
どっかにパラダイスはないのかなぁ~

さすが 師匠!

さすが師匠!
どんなフィールドでも魚を出しますね!
くろすけは相も変わらず毎週月曜の米内通いを続けています
が、なにせ初めての渓流釣り
毎回ハプニング発生で何しに行ってるのかわからない日々が続いています 泣
先々週は ものすごい数の羽虫に襲われ、今週はいきなり現れたカモシカに背後を取られあえなく撃沈!
釣果も相変わらずで 一日にヤマメが三匹程度
しかも、ここに魚がいなかったらウソ!という狙いを定めたポイントでは釣れず、飽きて来て適当に流したなんでもない流れでの釣果...
毎回大量に余ったミミズにせっせと水やりをしている毎日です
クマに合うのが早いか、釣りが上手くなるのが早いか
もう少し 頑張ってみます!

Re: さすが 師匠!

>くろすけさん

あいや。師匠なんておこがましい。
ワタクシ、まだまだ修行中の丁稚でございますので。。。
しかしながら本日はなかなかうまくいきました。
本当はボンズ覚悟で入渓したのですけどもね。

くろすけさんも、かなり厳しいトレーニングを積んでいるようですね!
羽虫にはオニヤンマ&森林香&ハッカスプレーが効きます。
特に森林香はその煙で自分も燻されますが(笑)効果が実感できますっけよ。

米内川みたいな人気の河川では、ここぞ!というところからサカナが出るのはなかなかないですよね。
過去にエライ人からいただいた「小場所にこそラッキーは潜んでいる」という言葉をお贈りします。
でも・・・だいぶ浅場や小場所にサカナが着いていて、エサ釣りだとだいぶ厳しいのではないかと思います。
目印の毛糸にばかり飛びついてきて、肝心のエサにはまるっきり・・・という経験をエサ釣りをしていた頃はワタシもよくしました。

ちなみに。
ワタシ、まだ米内川ではクマに遭遇したことはありません。
根田茂川ではしょっちゅう(!)ですが(笑

No title

渓流復活したんですね。
食わず嫌い無しでいろんな釣りに挑戦してますね。
最近の傾向として、とにかく人が多いです。
おそらくですが、3月4月にユキシロの影響で魚が残り・・・
5月中旬くらいまでに、皆さん良い思いをし・・・
俄然やる気で繰り出して、渇水とあいまって一気に場荒れ。
一雨くればまたパラダイスが、と皮算用してる人多数←今ココ

じゃないすかね。

No title

おぉ、久しぶりの朝練ですね。
やっぱり川は良いデショ?

ワタクシも今日の午後から激戦区に行ってきましたが米内よりサイズが一回り良さげでした。

おにゅーのウェーダー、なんでもっと早く出してあげなかったの!(笑

ロングリーダー時の合わせは後ほど?

Re: No title

> あひるさん

なんとなく足の具合もよくなってきた感じなので(というかいくら待ってもある程度以上よくならない感じ)、渓流に入ってみましたが、大岩の上を飛び跳ねて歩くようなことをしなければ大丈夫そうでした。
これから梅雨入り前は頑張っちゃいますよー。

とりあえずいろんな釣りをする余裕が出てきたものでいろいろチャレンジしていますが、これが意外なところに他の釣りに役立つヒントがあったりして楽しいですっけ。

昨年も、一雨くれば・・・と期待しつつも最後まで不発(いや、雨は降りすぎるほど降ったけど)だったんですよね。。。
それにしてもここ最近の場荒れの仕方は、いったいどうしたものか・・・

Re: No title

>双雪さん

川はやっぱりいいねえ(釣れたから)。

> ワタクシも今日の午後から激戦区に行ってきましたが米内よりサイズが一回り良さげでした。

キーッ!クヤシイッ!!


ウェーダーですが、もったいなかったんだもん。
さすがにこれだけ暑いと、PVCのウェーダーは無理蒸れ無理。

ロングリーダーのアワせはこれから試行錯誤してみます。
座学ではどうもピンとこないのでやってみるしかないよね。アレコレと。

無事に渓流復帰 おめでとうございます しかも二時間で九匹 さらには九寸イワナビシバシですなあ~
アサタカさんは常に結果をだしますなぁ。此方は相変わらずタソガレてます(泣)キャスト練習のつもりではいますが それにしても釣れない(泣) チョロっとも パチャっとも来ません(泣)昨日は根田茂で二時間キャストして シマへビにチェイスされただけ フライの道は遠く厳しいです あぁ~ 魚の顔がみたいです でも 結局また 泣きに 行くんですよね。たぶん きっと。

Re: タイトルなし

>マサさん

やっと川に帰ってきましたが、またケガをしないように注意しないと・・・。

ワタシの場合、釣れないときはとっとと見切りをつけて次に行きますので、サカナに出会う確立は少し高いのかも。本当はフライを変えたりシステムをいじったりして一つの場所でじっくり釣るのがフライの釣り方なのでしょうけど、ワタシはテンカラのように足で釣るタイプでして・・・。

根田茂川ですが、いるところには、いるみたいです。
サイズはともかく・・・ですが(6月7日朝練日誌ご参照ください)。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。