14.05.20 ヘラブナ釣り 南畑池

実は最近、ちょっとヘラブナ釣りにハマってます。
・・・ヘラブナ釣り・・・といいましたが、厳密にはヘラブナを狙っていますがまだ一匹も釣れていません(笑

が、渓流と違い、先行者がいたとしても完全キャッチ&リリースのヘラブナ釣りは、その場所に行けば確実にサカナがいる・・・という点で、ヤル気もかなり違ってきます。

本当は、このヘラブナ釣りは、渓流の禁漁期にやるつもりで道具を揃えていたのですが(はとば釣具店の閉店セールに便乗して中古品やら割引品やらで一気に道具が揃ったことは幸いでした)、ちょいとここ最近、ヒザの具合が思わしくなくて険しい渓流を歩くのが少し難儀なために、久しぶりの定休日は山の中の渓ではなく、池のほとりで過ごしてきました。


さて。
肝心のヘラブナ釣りですが、実は今回で竿を振るうのは三度目。
一度目は準備中に竿を踏みつけて手元のあたりを粉砕骨折させてしまい、失意のままその折れた竿を振るもオデコ。
二度目はその粉砕した部分を切り取って再生した竿を使い、なんとかジャミ(外道の小魚)を釣ったものの、ヘラの当たりすら感じることはできず。ちなみに一緒に行った長男は二度ほどデカいサカナを掛けていましたがいずれもバレ。スレだったのかな。


そして三度目の正直。
今回こそヘラブナのツラを拝むんだぜ!

と、気合を入れてまずはエサつくり。
はとば釣具で、「まずはこれでやってみなさい」と勧められるままに買ったダンゴエサ。
慎重に計量カップでエサと水の分量を量って手早く混ぜて水をなじませる。
その水がなじむまでに、お次は仕掛けを穂先に接続してウキのバランス取り。
そしてタナゴムで水深を測って上バリトントンにタナをセットして準備万端。

さっそく出来上がったエサを丸めてポイントに打ち込む。

DSC_0888.jpg

・・・
・・


エサを打ち返すこと一時間ほど。やっとなにか生き物がエサに寄ってきたようで、ウキがピクラピクラと動き始めましたよ。
とはいえワタクシ、まだジャミなんだかヘラなんだかウキの動きでは判断できませんので、それっぽいアタリは全アワせです。
たまにジャミがスレで掛かったりもしますがほぼ空振り。
・・・すると。

明らかにいままでとは違うウキの動き!
一メモリほど沈んでは戻し沈んでは戻し・・・
そしてスー・・・っとウキが消しこんだ!

ソイヤ!!

と竿を煽ると、ズドン!という重み。
その瞬間、そのエモノはグオーっと走り始めたのはいいけども、こりゃ何だ?カッパか?!
というほどの重み。
12尺のヘラ竿ではちょっと太刀打ちできそうにもない重み。
あいや。どうしよう。

なんて思っていたらあっという間にプチンという感触を残してエモノは逃走。
浮き上がっていた魚影からすると、コイだな。ありゃ。
しかも、デッケェ。。。


さて、気を取り直して仕掛けを復旧。
幸い、ハリスを切られただけだったし。

・・・
・・


再開後、相変わらず続くジャミの猛攻。
しかしその中で、また明らかにジャミどもとは違うウキの動きに気づいた。

かすかにチクン!とすばやく一メモリほど落ちたその瞬間を逃さずにコンパクトにアワせを入れると・・・

おおおおお。
何だ今度は!
ヘラ竿を曲げて右に左に走るエモノ。
これは!これはまさか・・・!


DSC_0892.jpg


やったー!

どんな大物かと思ったけども、手のひらサイズくらいのフナ。
たぶん・・・ヘラブナ・・・なのかな。

さてやっとフナが釣れて気分上々。

その後はマブナ(金ブナ)がたくさん釣れるもののヘラブナらしきサカナはなかなか釣れない・・・。

DSC_0896.jpg  DSC_0898.jpg

だんだんと陽が高くなり、気温も上昇・・・
アチィなあ・・・

と思っていたら、チクン!と消しこみ。

DSC_0908.jpg

そしてこれを最後にそれらしきアタリは消えてまたジャミタイム。
暑いし、エサもなくなったし、ちょうどお昼になったし、ということで本日は撤収~。

いやあ、やっとフナの顔が見れたので一安心でした。
これでもう少しアタリが多ければもっと面白いんだけどなあ・・・

ということで、今度は南畑池ではなくまた違う場所へも行ってみようかな、と思っております。


そんな感じで本日はここまで。

実は午後は和賀方面へドライブしに行きましたが、どの川もまだ雪代中でしたので川を眺めておしまい。
そっち方面は来月早々にはいい感じになりそうなので、ヒザを治して準備をしておかないとなあ・・・
スポンサーサイト

tag : ヘラブナ 南畑池

コメント

非公開コメント

へらデビュー おめでとうございます。型もみれて良かったですね
南畑池 煙山手前の池 石鳥谷の河原 そして岩洞湖~ ヘラブナも楽しいですよね 掛けてからの最初のヒトのしは なかなかの引きですし 顔出して 空気を一吸いしてからの静まりは 独特な雰囲気ですよね。 ただかなり膝のダメージは深刻なのでしょうか 大丈夫かなあ… お身体ご自愛ください。

Re: タイトルなし

>マサさん

やっと・・・ヘラブナを見ることができて一安心です(笑
ただ、エサ打ち開始後2時間くらいで釣れたということは、普段の朝練時間だと寄せておしまい・・・になりかねないんですよねえ。。。
うまくなればもっと早く寄せてこれるのかなあ。

南畑は鵜の被害、煙山は水抜きしてからイマイチ・・・というウワサですっけ。
大正池(石鳥谷)には今度近いうちに行ってみるつもりです。
岩洞湖の巨ベラにも興味はあるのですが、たぶん今のワタシには手におえなそうです。
ヘラ台もありませんし。。。

ヘラのあの引きは、渓流魚とはまた一味違ってクセになりますっけ。
手のひらサイズでこれだから、デカいのになればどんな引きになるんだろ?_?

ヒザですが、以前に伸ばした靭帯を最近の水泳でまた痛めてしまったようで・・・。
しばし様子を見て、ダメならお医者・・・ですね。。。

No title

おー、楽しそうっすな。
小学生の頃やったザコ釣り思い出します。
岩洞はレスト下の階段でやってる人は階段に座ってるので仕掛け以外なーんもいらなそうですっけよ。
御所湖も夏になるとヘラやるっけなぁ。
って、はとば閉店ですと?

Re: No title

> 双雪さん

これで渓流禁漁期のオタノシミは確保しました(笑
海釣りはさすがに毎日はムリなので~。

レスト下の階段!
そういう手があるのか!
行く。ゼッタイ行く。

御所湖ではワンドの中で先日もやってる人がいましたっけ。
でも確か釣り券が必要ですよね。あそこ。

はとば閉店、知りませんでした?!
2月いっぱいで閉店・・・という話だったのが、いままだ店はやってますけども(笑

No title

また新しい世界に入り込んでますね~

ワタシは良く行く大安トラウトレイクで1回だけ釣った事がありますが(デカかった!)気持ちのイイ引きでしたね

ヘラ釣りは、極めると浮きの動きだけで水底の形状までわかっちゃうようになるとかなんとか
そのうち自作浮き作ったりしちゃうんだろうな~(笑)

Re: No title

> MK@YUKIさん

本当は渓流の禁漁期限定のつもりだったのですが(笑

ワタシは今年、岩洞湖の氷上釣りで一匹掛けたことがありますが、本当に「なんだこりゃ!」という引きでした。体の幅もあるし厚みもあるしでそりゃパワーがあるはずです。

ヘラウキ自作は割りと普通の行為(?)らしいですが、まだまだウキの選び方すらわからない状況なので、そこまでたどり着くには一体どのくらいの日数がかかるのやら・・・。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR