スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14.02.22 氷上朝練(7) 岩洞湖

そろそろ3月も近づいてきて、ワカサギも産卵で浅場に寄ってきてるかもよ。
なんて噂話がささやかれている昨今、それの真偽を確かめるべく、本日は小石川の浅場で朝練をしてきました。

とはいえ、小石川は鬼門のワタシ。
ただで済むとは思えないのですが・・・。



さて、小石川の駐車場には5時に到着。
そこから浅場を目指して・・・と思ったらどこかで見慣れた自動車を駐車場で発見。
すぐにその持ち主のナイスガイにメールをするもお返事なし。
これはもしかしてすでにウハウハしてるのか?!


と思ったら、いろいろ事件があったようでいまだに支度中の模様。
場所的に当方のめぼしのつけていたところからだいぶ離れているようなので、とりあえずは当初の予定通りの場所へと向かうことに。
カリカリに凍って歩きやすい湖面を歩き、魚探で反応を探るべくドリルで穴を一発。
湖底の様子は・・・


あいやー。
フラットもいいとこ・・・(汗


やっちまったなー!

と思いつつも、もしかしたらどこかにまだ見ぬパラダイスがあるかもしれない、と、しばしその周囲を探索。
すると、時折ながら回遊する群れの影を捉える穴を発見。
今朝は久しぶりに冷え込んでいてかなりの寒さ。
その寒さですでに、かなりやんたくなっていたので、「ま、ここでいっか☆」と、適当に場所を決定してテントを設営。
釣り支度の間も群れはちょこちょこ回遊しているようなので、このタナに合わせれば撃沈ということはなかんべえ。と楽観視していましたが・・・。


DSC_0299.jpg


そんな感じで5時45分、実釣スタート。
8m付近にいるナイスガイのところも魚探には反応がビンビンらしい。
期待しながら仕掛けを降ろし、誘いを掛けるが・・・

(中略)

あまりに釣れなくて紅サシとお話ししてました。


ということで30分後。
やっと待望のアタリ。
しかし乗らず。

そしてまた沈黙。
さてラーメンでも食うか。

(中略)

一時間が経過。
やっと一匹釣れました(向こうアワせで)。


DSC_0301.jpg


そしてここから魔の時間帯。


ドーン!


DSC_0302.jpg

フナ!!

仕掛けグチャグチャ。
復旧にだいぶ時間を要す。


ドドーン!!


DSC_0307.jpg


ウグイ!!!



仕掛け、グチャグチャ。
しかも反対側の仕掛けも巻き込んでの大惨事。
復旧を試みるも断念し新品の仕掛けを取り出す。
(復旧中にハサミが奈落の穴に落ち殉職。)


よーし、ウグイも討伐したしここからはラッシュよー!!!



・・・・そんなわけはない。


DSC_0309.jpg


チーン(沈黙
(一枚目の魚探の画像と対比してみるとより味わい深いです。)


その後、思い出したように訪れるアタリを拾い、なんとかかんとか4匹追加するもそれっきり。

そして時間は7時45分。
やーめた。
ということで尻尾を巻いて逃げ帰ってきました。

結論を申しますと、
「浅場はまだ早い」
ということに尽きるのではないかと思います。



とりあえず、『小石川にはもう二度と来ません。』
・・・毎年言ってるような気もしますが。

それでは本日はこの辺で。



 <データ> 

 天候:雪/晴れ(無風)
 気温:-17.1℃(観測点:藪川 日最低気温) 
 場所:岩洞湖 小石川(水深5.1m)
 時間:5時45分~7時45分
 タナ:ベタ底
 釣果:5匹 (フナ:1匹 ウグイ:1匹)
 道具:自作電動&新・自作穂先×2丁
 エサ:紅サシ+白サシ
 仕掛 左:ガマカツ 競技ワカサギ(5本エダス 袖1号)
    右:ガマカツ 競技ワカサギ(5本エダス 狐1号)
 オモリ:1.5g+ガン玉B号(左右共)
スポンサーサイト

tag : 朝練 ワカサギ 氷上 岩洞湖

コメント

非公開コメント

惜しい

あと モロコとヒメマスで 氷結五目釣達成でしたね 惜しい

あと一週間で 渓流解禁ですね。 あぁ 待ち遠しい とか言ってまだまだ 冬籠りは続きそうです(笑)

Re: 惜しい

>マサさん

>> 五目釣

まったく同じことを考えてました(笑
しかしこういうときに限って来ないんですよねえ。モロコもマスも!

もういーくつねーるとー・・・渓流解禁ですが、解禁初日は土曜日なのでご長男も同行するそうでして、どうやらあんまり本気の解禁日にはなれなそうです。。。

とりあえず、5月になったら本気を出そうかな~(笑

No title

お疲れ様です。

僕も結構酷い釣行でしたよ。

本日4:00に小石川到着
     ↓
4時氷上乗り入れOKルールを初めて使用。
湖面に降り立ち、あちこち穴を掘る。
     ↓
反応微妙。
     ↓
湖面もガチガチで歩きやすいので対岸を目指す。
     ↓
あちこち掘るがお魚がいない
     ↓
岬の突端脇でそれなりの反応
     ↓
調子よく重点的にその辺をマキタで掘っているとプロックスジョイントがへし折れる
     ↓
へし折ってくれた穴をハンドル装着の上、最後まで掘ってみると本日一等賞の反応。しかも回遊っぽい動き。
     ↓
設営のち釣り始める。いきなりバックラッシュ。華麗に直しているところでアサタカ様よりメール。
     ↓
ひたすら修行タイム
     ↓
寒くなったのでストーブを炊こうとしたところ、ガスを暖か袋にいれてくるのを忘れている事に気が付く。凍り付いているガス。
     ↓
ランタンだけじゃどうにもならなく、みるみる穂先と一体化するライン。仕方がないので指先で溶かしながら釣る。でも釣れない。
     ↓
ぶどう虫を細切れにして食わせ餌にしてみた上で仕掛け2連結にしてみる。悪あがきの開始。
     ↓
すると、いきなり1匹釣れる。テンションが上がるもこれ一発のみ。
     ↓
アサタカ様から「5匹も釣ったから帰る」とメールをもらう。1匹しか釣っていなけど僕も帰る事にする。

さて、来週は僕も朝練しようかなと。

小石川危険!近付くな!ってことですな・・・。
フナもでかいし、がくがくブルブル

ナイスガイの事件も恐ろしい。
明日アダプター折れたりしないように気を付けてねば!
ラスト釣行きばっていくぜー

No title

やはり岩洞湖は荒行の場だったんですね

ときおり釣れてくれるのがまたたちが悪いですが、ツンデレもツンばかりだと可愛さが薄れてきますな~(笑)

Re: No title

>ナイスガイ

大変お疲れ様でした。

電動ジョイントですが、二本もへし折ってるとなると電動ドリル側の設定かなにかがマズいのかもしれんですよ。なかなか折れるもんじゃないですって、アレ(笑

それはともかく、お互い荒修行でしたなあ。
次回はちょっとココロを癒しに5ワンドあたりに。
その後、例のパラダイス探しにでかけてみようかと思います。
さすがに二連続でドボンはココロがもちましぇん。


Re: タイトルなし

>双雪さん

いまごろウハウハしてる頃かなあ。
小石川は釣れる場所にムラがあるのかしら。
いまだに当たり場所に行き当たったことはないですが・・・。

アダプタ、折れませんように。

Re: No title

>MK@YUKIさん

苦行を乗り越えてこそ拓ける境地というものがあるのです(ほんとか

なんというか、何べん痛い目に遭っても通ってしまうワタシは、ツンデレどころかツンツンでもイケそうです・・・
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。