FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13.09.27 渓流釣り 某河川

さて、恒例となった男祭りも2013年度の渓流編は今回で最後。
なにせ、今月末で岩手県の内水面は禁漁になってしまいますので。

ということで、急遽(?)帰省したMK@YUKIさんと、双雪さんとワタシの三人で、今回はとある山の中の渓谷へとお出かけしてきました。


実はこの川、つい先日、双雪さんと事前調査がてら入渓していたのですが(日誌には書いてませんが)、そのときにあまりの渓相美に惚れて、今回の祭り会場と相成りました。


・・
・・・


当日、早朝の集合時間に合わせて渓流快速でひた走る。
しかし、天気予報での予想最低気温からかなりの厚着をしたにも関わらず、やはりバイクではものすごく寒い。
一体今は何度なのよ?!
と、道路沿いの気温表示板を見ると、なんと2度。
そりゃ寒いわな。

寒さに震えながらもチャンバーで手を温めながらやっとのことで集合場所へ到着。
そして全員集結後にここから駐車地点まで進み、あとはMK@YUKIさんの愛機に便乗して林道を揺られることしばらく。

やっとのことで本日の釣り場へと到着~。
相変わらずの素晴らしい渓相にココロを踊らすオトコ3人。
さっそく着替えていざ川へ。

・・・


うひぇ。釣れねぇ。。。

反応すらなかなかないまましばし川登り。
そうしたところMK@YUKIさんに待望の一匹目。

お。サカナいるじゃん!

双雪さんに聞くと、何度か毛鉤を見にきたヤツはいるらしい。
よし。と、ココロを強く持ってさらに毛鉤を打ち込み続ける。

すると・・・

ようやく岩盤沿いの流れの開きでパチャっとサカナが跳ねる。
しかしさほどのサイズではないようなので、むったむたとラインを手繰りやっとのことで一匹目。
ふう。ボンズは抜けた(汗

そんな感じで苦戦を続けているフライ勢に対して・・・

ウッハウハなのはルアーのMK@YUKIさん。
釣りの合間にふと姿を探すと、岸で釣り上げたエモノの写真を撮っていることがしばしば。
しかも、いい型のヤマメばっかり。
うらやましいッ!!!

よし、僕もヤマメを!

と思うけども、それがなかなか・・・。

結局、ポツポツとは釣れたのだけどもヤマメの姿を拝むことなく一区間終了。
(というか、先行者の気配が濃厚になり、釣果どころか魚影を確認することもできなくなったので)

さて。と、川岸より林道に上り入渓点へと戻る。


そう普通に林道を歩いてただ「戻る。」つもりだったんですけど。

途中、林道が崩落して川岸へと降りざるを得なくなり、とりついた4~5mほどのガケ。
まずは双雪さんがそろりそろりと降りて行くのを、当方は上から眺めながら別の降り口を捜していたところ。
ふと、ガケ下を覗きこみながら手を掛けた朽木。


ぼき。



どひぇええええええ!

あとはガケを前転しながら転がり落ち、そこから岩盤に一度落ちてバウンド。そしてそのまま河原へ転落。
痛いのはまあ痛いけど、問題は立てるか。歩けるか。

・・・いやその前に竿とサングラス!!!

必死で転落ポイントを探し、サングラスは無事に回収。竿もガケに引っかかっていたのを双雪さん&YUKIさんが回収してくれていました。

ああ、よかった。
それになんとか歩くこともできるようだし、ひとまず安心。

しかしさすがに無傷とはいかず、右足首捻挫&右ヒジ打撲。あとはオデコをちょっとすりむいて、帽子(17年前に購入)を紛失。さらに一番の痛手はウェーダーに穴が・・・。
それも生地が裂けたとかではなく、どうやら倒木か岩角にぶつけたらしくブーツ部がザックリと切れてました・・・。


そんな感じでウェーダーの中は大浸水しておりましたが、ここからまたさらに釣り続行。

YUKIさんのデカいヤマメ(29cmだって!)に羨望のまなざしを向けながら釣り進むも当方はこの区間では2匹追加でおしまい。
なんどかバラしを繰り返し、最後はアワせで引っこ抜けた毛鉤を頭上の枝に引っ掛け、それを回収しようと引っ張った折にリーダーが切れてしまい、ココロもプッツン。

ちょうど頃合だったし、YUKIさんもロッドティップを破損していたし・・・
ということでここで退渓することに。

いやあ、いろいろと疲れましたがやっぱりみんなで釣りながら歩く川はいいもんですねえ。


そんな感じで本日はこのへんで。
本日はデータは割愛。最後に写真を貼ってサヨーナラー。

(禁漁まで数日ありますが、足は痛いしウェーダーはないしで、多分、今年の渓流はこれでオシマイです。)


P9270004.jpg   P9270006.jpg


P9270020.jpg   P9270013.jpg
スポンサーサイト

tag : イワナ 毛鉤 フライ 祭り

コメント

非公開コメント

生きて帰ってこれて良かったですなぁ。
必ず何かが起こる、それが男祭り。
次回はワカサギかな?

こっそりルアーロッド買っちゃおうか(笑)

ご無事で…

ご無事で 御生還 良かったですねぇ 4~5㍍転落して… どんだけ頑丈なんですか やはり釣りとはいえど山歩き 油断できないですねぇ。わたくしも昨日の根田茂川 砂子沢の釣行で本年度の納竿といたしました。産卵明けでしょうか 背鰭ボロボロのサクラ鱒がユラユラ泳いでました。 根田茂川では そこそこ釣れましたが 七寸超えは 全てイワナです。ヤマメはほんとにコッパパレード(泣)しかもスレスッレ… 毛鉤もほんとに小さいサイズしか見に来ないし 寄る年波で此方はだいぶ視力も衰えてますのでマーカーを小さく付けてますがそういう毛鉤はガン無視

まぁ来年までに 大きく育つ事を祈ってます。先週は帰省した娘と閉伊川水系に行ってきました。いやぁ~達曽部沢に行ってみたんですが 渓相が素晴らしいですねぇ テンカラ振るには少しキツイ場所が続きましたが 元気なヤマメが5~6本遊んでくれました。
娘はブドウ虫で28㌢のイワナを引きづりだし見事にキャッパリ
来年からはフライを始めると宣言してました。昨日の砂子沢は良いとこなしでしたが ボリを少々… まだ株は小さく 群生とは いかず 拾い取りでしたが 食感はツルツッル アサタカさんも 脚の怪我が癒え

Re: タイトルなし

>双雪さん

ほんと。命あっての釣りですからのう。
ケガもさほどではなかったのでまあ良かったけども。。。

祭りとなると、はしゃぎ方が別次元ですからなあ(笑

ワカサギ解禁祭りも・・・なにかが起こるッ!!

Re: ご無事で…

>マサさん

伊達にカラダに脂肪を蓄えてはいないのです。この脂肪がクッションとなって・・・。
いや、でもやっぱりそこらじゅう痛いですよ。うん(笑

根田茂川・砂子沢ではけっこういい釣果に恵まれたようですね!
僕も本日、上流部に行ってきましたが大きいサカナはまだけっこういましたっけ。
・・・釣れないけど(涙

達曽部沢は僕もけっこうオススメの沢ですが、上流部にはけっこう開けてテンカラもそこそこやりやすい渓相の区間もあるんですよ。まあ、そこまで行くと、ヤマメは出なくてイワナオンリーになりますが・・・。

娘さんはフライにチャレンジですか!
いろいろと最初はくじけそうになることもあると思いますが、頑張ってほしいものです。
テンカラも面白いですが、フライはフライで別の面白みに溢れておりますので。

ボリですが、ワタクシ先週、葛巻方面で衣装コンテナに2杯ほど採ってきました(笑
これからキノコシーズンも本格的になりますので、とっとと足も治してしまおうと思います。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。