スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13.09.17 渓流釣り 閉伊川支流

台風一過。
ということで、まだ水量も落ち着いてはいないというのに、ただ空が快晴であるというこの一点だけで、昨日はちょっと川へとお出かけしてまいりました。
晴れた9月の定休日に、家でじっとしているなんてできるわけないよね。

ということで、行き先を選定。
くまなく地点ごとの降水量をチェックしてみると、県内でもだいぶバラつきがあるよう。
その中から降水量が少ない地点の近くにある水量があまり多くない川を探したところ閉伊川方面だとなんだかその条件を満たしそう。
そうとなれば話は早い。
天気もいいしバイクを引っ張り出してウェーダーを履いて、さていざ出発。

気持ちのよい快晴の下、国道106号線を進むことしばらく。
通いなれた沢への林道の水溜りにもひるむことなくアクセルを開け続けてたどりついた山の中の沢。


あいやー。
予想していたよりもちょっと・・・いやかなり水が多い。
しかも、ハマグリの吸い物みたいに白く濁っててこいつはちょっと厳しいかも。。。


まあ、上流に進んでみれば状況がよくなるかも。
と、さらに林道沿いにしばらく進み、適当にめぼしをつけた入渓点。
とりあえず竿は持たずに川を覗いてみると、多岩の陰の止水域。

ひーふーみー・・・

いるいる!イワナがごっそり!!
大小さまざまのイワナが、この止水域に避難してきているみたい。

さっそくバイクに戻り慌てて釣り支度。

ティペットを通す際に震える手ももどかしく・・・
よし!準備完了。
忍び足でさきほど覗いた岩陰に近づき毛鉤を落とす。


すると・・・
群れているイワナの中の一匹が毛鉤を見つけるなり飛びついてきた。
毛鉤を咥えて反転したその瞬間にロッドを煽ると・・・

P9170002.jpg

よっし。難なく一匹目。

でもこれ、群れの中でもあんまり大きくないヤツなんだよなあ(笑
そしてこの一匹を掛けた際、一気に抜き上げたにも関わらずやはり他のサカナに気づかれたようで先ほどの群れは哀れにも霧散。

しかしこういう止水を探せば釣りになることはわかった。

その後は濁流を遡り、ある程度の水深をもつ止水域を見つけては毛鉤を打ち込み続ける。
しかしなかなかそういう条件を満たす場所もなく・・・


P9170006.jpg

なんとかかんとか、7~8寸を3匹追加したところでボサがキツくなり退渓。


一度バイクへ戻り、ここから林道を下りながら釣り場を探すと・・・


お。おあつらえ向きのいいポイント。
これは釣れるでしょう。



P9170016.jpg

その橋脚の下にある止水へ毛鉤を打ち込み、ゆらゆらと浮かぶ毛鉤を見続ける。
しかし・・・

ありゃ。無反応。。。

えええ?
いないの??ここに。
諦めかけながらも毛鉤を打ち込み直し、今度は止水と流れの境目辺りに毛鉤を落とす。

すると。

白泡の中からユラっとなにかが出てきた!

バッシャン。
と飛沫を上げて毛鉤に食いついたソイツ。
「うぉ。デッケェ!!」
と呟きながらロッドを立てると、ズドン!というかなりの手応え。

しかし今日は#4のロッドにx5のリーダー。
なのでロッドパワーにモノを言わせてムタムタとラインを手繰り寄せ、岸にズリ上げる。

おお。デカい!

P9170010.jpg   P9170012.jpg

メジャーで計ると、ジャスト30cmと今季2本目の尺イワナでした^^

この一本で十分満足したので本日はこれにて退渓。
晴れやかな気持ちで下りの林道を軽やかに走り抜け、自宅へと帰ってまいりました。



ダメ元で行った川で思いがけない釣果に恵まれましたが、まさかまだあんなにサカナが残っているとは。
これはまた、水量が落ち着いたらもう一度行ってみねばなりますまい。

ということで本日はこの辺で。
明日あたりになればだいぶ水も引くのかなあ。


 <データ>

 天候:快晴
 気温:18.7度(観測点:区界 日最高気温)
 場所:閉伊川支流
 水位:1.04m(川井 閉伊川
 水温:10度(10時30分)
 入渓:10時30分
 退渓:13時30分
 釣果:イワナ(21~30cm)5匹 
 竿 :ダイワ ストライクフォース F764-4
 仕掛:リーダー(x5)9ft
    +ティペット(ナイロン0.8号)2ft
 毛鉤:パラシュート(ブラウン#12)
スポンサーサイト

tag : イワナ フライ 毛鉤 閉伊川

コメント

非公開コメント

これまたいいイワナですなぁ。
なるほど、こういうときは止水狙いね!
結構流れの境目って出るよね。

今日は雫石の川の壊れ具合をカブで見てこよ。ついでに竿も出す?(笑)

日頃の行いが良いとご褒美があるのね(^^) うらやましい・・・

先週は早く仕事が片付いたと思ったら 障害の不幸の電話が・・
終わったのが22時過ぎ

昨日は葛巻方面へ 茶色でゴウゴウ
今日は安代方面で ゴウゴウ・・

もう一回ぐらいは行きたいなぁ~

秋晴れ

抜けるような 秋晴れの中で 踊る尺イワナ うーむ…アサタカさん かっこいい やはり 時代は閉伊川水系かあ オラも オラも~ でも… アサタカさん 双雪さん 原渓さんと 愛読させていただいてる皆さんは 全員フライマンなんですねぇ。 来シーズンは …



どうしよう(@_@;)

Re: タイトルなし

>双雪さん

いやはや、タラフク食ってたと見えてすごい太さでした。コイツ。
こういう増水のときには止水や岩陰、岸際の浅瀬なんかに隠れているみたいで、そういうところからはけっこうサカナが出ましたっけ。
ただ、食いが浅くてバレが多発でございました・・・。

流れの境目はけっこうねらい目ですよね。
瀬脇なんかもヤマメでは重要なポイントですし。

川に行くのに竿を出さないとか、ありえないっしょ(笑

Re: タイトルなし

>原渓さん

いつものことですが、ワタシの場合は「数撃てば当たる」でして、単純に竿を出している回数が多いだけなんですけどもね(笑

不幸の電話に負けず、釣り道具は常に携行しておけばきっとランチタイムにいいコトが起きますって!

まだ9月も半ばですから、もう一回と言わずに二度、三度(笑

Re: 秋晴れ

>マサさん

もひとつオマケに、グチャグチャの林道を走ってドロだらけになったバイクとウェーダー・・・(涙

閉伊川ですが、場所を選べばまだどうにか・・・という感じですね。
実際同じ閉伊川水系でも、ダメなところではまるでダメのようで・・・。

ワタシですが、今年は技術習得のための集中練習でフライばかりをやっておりますが、来年はテンカラも織り交ぜて・・・のつもりです。
両者やはりメリット・デメリットがありますので、釣り場によって使い分けようかな・・・なんて。
・・・でも結局、慣れてきたらフライのほうがちょっと楽なぶん、そちらばかりになりそうな。

フライ、面白いですよ~^^

No title

おおぅ、またもやごっついイワナくんですな~

禁漁に向けてラストスパート!
ワタシは明日、コチラでの釣りおさめに行ってきます



Re: No title

>MK@YUKIさん

ぱっと見、デカそうに見えないプロポーションなのですが、太さも素晴らしくいい引きしてましたよー^^

ラストスパート!!のつもりが、毎朝寒くて、朝練に行かないとなあとは思いつつもバイクに乗る気になれなくて・・・
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。