13.08.18 川下り 猿ヶ石川

まったくもって釣りとは関係ありませんが、昨日は花巻市(旧東和町)に於いて、
『第27回猿ヶ石川下りアドベンチャーレース大会』
が開催されましたので、そちらに参戦してまいりました。

前回の北上川ではなかなかいい成績でしたので、これをきっかけに今回は3位以内を狙うぜ!
と意気込んではいたのですが、相変わらず減量に失敗しまして(むしろ増えた)、今回もゴムボートは右に傾いたまんまでございました。

基本的に、ゴムボートの左右のチューブに1名づつ乗りそこで息を合わせてパドルを使い漕ぎ進むのですが、パートナーとの体格差(特に体重)がある場合、どうしてもボートの傾きができてしまって艇がまっすぐに進まないのです。
また一人ががむしゃらに漕いだりするのもダメでして、あくまでも左右バランスよく、ひたすら漕ぎを入れ続けることがこの競技の要なのです。

さて前回の北上川の大会では艇の傾きを改善し、かつ喫水線を艇体と平行にすべく、乗船位置の微調整をしてみたのですが、そういうセッティングの艇に乗りなれていないのでどうもしっくりこなかったのも事実。
でもタイム的には悪くなかったし・・・と、事前準備不足だったこともあって、今回のセッティングも前回と同じ仕様。
ただ、ちょっとある方面から新しいタイプの高圧エアフロアを貸してもらったので、そちらだけは交換してみました。


で、スタート。

同組の艇には目標となりそうな速いクルーがいないこともあって、今回はひたすら自分たちとの戦い。
どうやら田瀬ダムの貯水量の関係でいつもよりは若干多めな水量の猿ヶ石川でしたが、やはり流れは緩くてひたすら漕ぎ。漕ぎ。漕ぎ。

途中、危険地帯を越えてすぐの浅瀬で座礁し、ここですぐに艇を降りて押して走ればよかったのに、判断ミスをしでかしてでかなりのタイムロス。

それを取り戻すべく、また漕ぎ。漕ぎ。漕ぎ。

後半はバテてしまってパートナーとの呼吸もバラバラで、艇もあっちにヨロヨロこっちにヘロヘロと満身創痍。
それでもまあ、そこそこのタイムでフィニッシュだったので、これは3位以内に入れるかなあ・・・

なんて思ってましたが。
現実はそう甘くもなく。

今回も、3位以内に入賞することは叶いませんでした。。。


新しいエアフロアの感触は良かったし、優勝タイムとの差も昨年に比べればだいぶ縮んではきているので、その点はよかったかな。

あとやっぱり体重を減らさないと・・・。
とはいえ、これはそうそう簡単に減るもんじゃねぇんだよなあ(涙


そんな感じで、今回も最低限度の目標であった5位以内入賞はクリアしたけど、次回の閉伊川ではなんとしても3位以内入賞を目指して頑張りたいと思います。

それにはやはり体重(略
スポンサーサイト

tag : 川下り 猿ヶ石川

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様です。
9月1日は閉伊川の川下りって看板が有りました!!
出廷予定ですか?

Re: No title

>原渓さん

毎度様です^^

9月1日の閉伊川川下り大会ですが、もちろん参戦です。
前日入りしてキャンプの予定ですが、飲み過ぎないように気をつけないと(汗

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR