スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13.05.26 朝練 閉伊川+α

どこもかしこも人だらけ。
昨日は中津川の上流部に山菜採りに入ったのですが、道中の川沿いには朝早くから釣り人たちがたくさん竿を出しておりましたっけ。

ということで、本当はちょっと中津川の上流部の気になる区間にでも行ってみようかなと思っていたんですが、それはちょっとヤメにして、閉伊川方面でどこかイイトコロはないかどうか探しに出かけてみました。

で、まずはいつも某沢に行く途中に見かける、なんともよさそうな本流の浅瀬。
ここをまずはチェックするです!

・・・
・・


一時間やってみましたが、魚影を二度見ただけでおしまいでした。
サカナッ気なさすぎ。

もう少し上ってみてもよかったんですが、やっぱりボウズというのは精神衛生上よろしくありませんので、ここで近くの沢へ退避。
ここだったらイケるっしょ。

と思ったんですけども、林道を進むと自動車。
そして釣り人。

それではとさらに奥に進むとまた自動車。
そして釣り人。

嗚呼・・・。

もういいや。
釣り人が上流にいることを確認して、そこから少し林道を戻りその人の後追いの恰好で入渓。

あれ。
でも釣れるよ?

いきなりチビスケが釣れたのを皮切りに、立て続けに2匹。

P5260012.jpg  P5260002.jpg


どうやら先行している釣り人はウェーダーを使わずに長靴で釣り上っているようで(砂地に残っている足形がフェルトのそれではなく長靴の足形だったし)、川に立ちこんでいない分、場の荒れ方がおだやかな感じ。

とりあえずはボウズも逃れたし、そろそろ時間だから最後にあそこの淵をやって・・・
慎重に場所へ近づき、ラインめいいっぱいの射程距離を使い毛鉤を打ち込んでみる。

そういえば今朝はそろそろ毛鉤を沈めなくてもイケるでしょ、という適当な判断により結んだ毛鉤はドライのみ。
その毛鉤のハックルポストのオレンジ色を目で追っていると・・・

ガバシュ!
とすごい勢いで毛鉤を銜えた魚影を確認。
すかさず竿を立てる・・・けども全然ダメ。
腕を真上に伸ばし、3.3mの竿を真っすぐ立てているのにも関わらず、まるっきりそのエモノの疾走そ止めることができない。
Uの字に曲がった竿の先は右に走り左に走り・・・
どうにかこうにかエモノの向きを変えようと試みるものも、立ち位置も悪く手も足も出ない。
そしてちょうど身を隠すために使っていた岩と岩の間、それに倒木。そのあたりに逃げ込まれてしまいあえなく終了。
まだテンションが掛かっているから・・・とラインを手繰ってみましたが、岩にラインが引っかかっていただけでした。。。

ちっくしょー!
これをモノにしていれば・・・(涙


ま、でも引きは十分に堪能したし、それだけでも良しとしますかね。


ということで本日はこの辺で。
今年はもうその沢には行きません。悔しいから(笑



 <データ>

 天候:晴
 気温:11.8度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:閉伊川閉伊川支流
 水位:0.16m(閉伊川 茂市)
 水温:8.5度
 入渓:6時00分
 退渓:8時00分(途中移動30分)
 釣果:イワナ(チビ~22cm)3匹
 竿 :シマノ 渓峰 テンカラSX RT33
 仕掛:レベルライン(フロロ4号)3.3m
     +ハリス(ナイロン1.0)0.9m
 毛鉤:適当自作パラシュート
スポンサーサイト

tag : 朝練 イワナ テンカラ 毛鉤 閉伊川

コメント

非公開コメント

No title

おしいっ!
手にしていれば、今シーズンの最大記録だったかも・・・・

もう行かないなんて言わないで、リベンジっしょ☆

No title

あばば、惜しい!
そういう時はフライならライン手繰れるのでなんとかなるんですがテンカラは厳しいですもんねぇ。大物の取り込み、来月までには対策しとかないと!(笑

あいやぁ

あいやぁアサタカさん ニアミスでしたね わたくしも本日 閉伊川遠征してきました。 大峠ダム下流の とある淵から始めて 三ヶ所ほど 餌釣り士二人の誘惑にも負けず テンカラ振ってきました。 いやぁ~ 数では負けましたが 型では圧勝 イワナ ヤマメは泣き尺 ウグイは尺上(泣) いつもの根田茂とは異なり オドオドしないでテンカラ振ってきました。 やっぱり閉伊川水系は懐が深い 人出も多いが 魚影も濃い これはと思ったポイントは 必ず魚が顔見せてくれますもん。 日頃の根田茂での 雰囲気最高 結果空振りのストレスが消えました 自作の貧相なEHCが結構かせんでくれました でも…やっぱり根田茂川で 釣りたいです。 懲りずに(泣)

Re: No title

>MK@YUKIさん

いやはや、あのときに面倒がらずにすぐに上流に走っていれば・・・と後悔しきり。
リベンジしたいような気もしますが、もう一度それが出るとは思えませんし・・・(涙
実のところ、あんまり規模の大きくない沢なので、マイルールで年に3回までと決めてまして、今回がその三回目・・・。
あ、でも朝練のカウントを0.5回と数えると、あと1回は行けるのかっ(笑

Re: No title

>双雪さん

いやあ惜しかったです。ほんと。
リールがない分、どうしても大きいのを掛けるとこうなるんですよね。
過去にも同じような状況が数回。これはもうテンカラの宿命みたいなもので、狭い沢で大型を釣るのにはむいていないのだと思います(川岸が広くてズリあげができるようなところだとまた違うのでしょうけども)。
そうなると行き着くところはやっぱりフライなのかなぁ。
でも、あんなにたくさんのフライを覚えられない&巻き分けられない(笑

でもそろそろ沢でのフライロッドの扱いにも慣れておかないと。

Re: あいやぁ

なんと!
そんなに近くだったのに、ワタシとマサさんのこの差って一体・・・(涙

しかし大きいのが釣れたようですねー^^
まったくうらやましいでございます。

根田茂ですが、そんなに釣れないのでしたら、ここはひとつ、ワタシが釣ってみせましょう!
・・・なんちて(笑
・・・いやいや、冗談ではなく近日中に根田茂の上流に行ってみようかなあ。

No title

お疲れ様です。

閉伊川関係の今年の人出の多さといったら。
まあ、宮古市の復興の一助になるのではと勝手に思っておりますが。

とりあえず今週は僕も本流を攻めるつもりですので、いいとこ見つけたらお教えしますね。

でも、お魚の顔を見ているだけいいじゃないですか。
僕なんか、昨日は新規開拓精神の元、下流部の支流を虱潰しに回った結果、どこもかしこも枯れ川or農業取水バリバリorボサボサで都合4時間、竿すら出さずですよ。

Re: No title

>すっとこさん

毎度様です^^

ほんと、閉伊川のこの人出で漁協がバンバン潤って、来年の放流量はグンと増えるのではないかと妄想してしまうほどですねぇ。根田茂も以下同文。

本流ですが、やはり大物が潜んでいる可能性が高いようですので、是非、よい場所を見つけましたら教えてくださいませ(他力本願)。

下流域事件は衝撃的でしたね。
まさかあの川があんな水量になっているとは。
・・・あれ。
結局あのときは竿を出さずでおしまいだったんですか(汗

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。