スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13.05.10 朝練 米内川

やっと春も本番と申しますか、いままでが寒すぎたのでやっと平常どおりになったというか。
ともかく昨日は気温も20度を超しまして目に見えて空を舞う虫たちが増えてまいりました。
そうなると、いわゆる毛鉤の季節も本格化するわけでして。

そうとなれば朝練に行かないと!

・・・ということで今朝も朝練に行ってきました。
なんだかまた明日は雨の予報だったしね。

さて今朝の朝練場所は米内川の中流。
この中流域の中でも瀬が主体となる区間へと狙いを定めて、今朝も新・渓流快速でひた走る。

抜けたリヤショックもなんのその。
快適なライディングを楽しみながら米内川沿いを走る。

そして入渓予定地点よりちょっと手前で、むしょうに気になった区間(エサ釣りではなかなかの実績アリ)があったもので、ここをちょっと味見することに。

  ・  
  ・
  ・

えーと、なかったことにしましょう(涙
15分ほどやってみましたが、なーんの音ッコもありませんでした。。。


・・
・・・

さて、当初予定していた地点より、張り切って仕切りなおし。
瀬の連続する区間のおしまいにある、大きなプールへの流れ込み。
その流れ込みの脇にあるよどみを狙ってまずは毛鉤を打ち込んでみる。

打った毛鉤が沈まないように、竿先で軽く引っ張りながら水面を滑らせる。

すると、バシャン!
と水面を割って銀色の魚体が飛び跳ねる。
すかさずアワせて・・・みるも、これは掛からず。

あいや、もったいない。けっこう大きかったような感じだったけど・・・。

もう一度出るかな・・・と、望みをかけてもう一度。

すると、またバシャン!と食いついてはきたのだけども、これもフッキングさせることができず。

だだだだ。これは痛い。
さすがにもうダメだろう・・・とは思いつつも、未練を断ち切れずもう一度。
さて三度目の正直となるか。

同じように水面をなぞるように毛鉤を引き、そしてラインのテンションを抜いて今度は自然に漂わせる。
これを数回繰り返したところ、またバシャ!っと魚体が踊る。
竿を軽く煽ってアワせてみると、ゴン!という手応えが返ってきた。
そして同時に掛かったエモノが深みへと走る!

しかしさほどの大きさではないと見えて、竿を立てると意外に容易にこちらへ寄ってきた。
そして慎重にタモへ納めて・・・

P5100005.jpg

ヘタクソな僕のために三度もジャンプしてくれたヤマメさん。
サイズは20cmジャスト。

よしよし。
狙い通りに出た一匹に満足して次のポイントへと進むが・・・

ここから瀬の釣りになるんだけどもどうも水量がまだ若干多い感じで、思い描いていた渓相と違った感じ。
それでも深みや瀬脇からはポツポツとヤマメは出てくれる。
しかしブッコ抜きの途中で空中バレ、フッキングが浅く掛け損ない、タモに納める直前でバレ・・・。
と、痛恨の4回連続バラし。
中にはそこそこいいサイズもいたのに。。。

そして、予定していた区間を上りきったのでここで一時退渓。
この先にもいいポイントはあるんだけども、この冬に川沿いの木が伐採されてしまい入渓容易になったことからそこらへんもきっと場荒れしているだろうし・・・。いや、実際にその区間を釣り歩いている人をもう何度も見てるしね(笑

・・・
・・


バイクへ戻り、また次のポイントへ移動。
今度も瀬主体の区間だけども、さっきよりは落差があってさながら荒瀬という雰囲気。
その荒瀬の脇、岸際にある流速のゆるい部分を狙って毛鉤を打つと・・・

P5100010.jpg  P5100013.jpg  P5100014.jpg


おお、釣れる!一つのポイントで一気に3匹。
そしてまた同じような場所でも2匹がまとめて釣れる。
・・・だけども、ちょっとサイズが微妙。。。
コッパからせいぜいお兄ちゃんサイズってところ。

それでもお兄ちゃんサイズともなれば荒瀬に突っ込まれればなかなかの引きを見せるので、なかなか楽しい^^

途中、けっこう大きいエモノ(たぶんイワナ)を逃したりもしたけども、終始小さいヤマメ相手で今朝はおしまい。
でもなんだかんだで9匹釣れればまあ上出来なのかなぁ。


そんな感じで今朝はこの辺で。

明日は雨の予報でしたが、一応早起きはします。
そして・・・降っていなかったら、待ちに待ったあそこに行くのだ!



 <データ>

 天候:晴
 気温:7.3度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:米内川
 水位:0.10m(中津川 山岸)
 水温:5度
 入渓:6時00分
 退渓:7時30分
 釣果:ヤマメ(コッパ~20cm)9匹
 竿 :シマノ 渓峰 テンカラSX RT33
 仕掛:レベルライン(フロロ4号) 3.3m
     +ハリス(フロロ1.5号) 0.9m
 毛鉤テンカラ毛鉤(伝承風順毛)
スポンサーサイト

tag : 朝練 ヤマメ テンカラ 毛鉤 米内川

コメント

非公開コメント

アサタカさん 相変わらず良い釣りされてますなあ 根田茂でも米内でも閉伊川でも… これからの渓流は素晴らしい時期をむかえますね。お魚達が遊んでくれるし 山菜も楽しみです ところでわたくし今年こそテンカラ専念を目指しておりますが…アサタカさんもそろそろフライに本格参戦のご予定ですか

Re: タイトルなし

>マサさん

いやあ、実際にはいい釣りばかりではなく、けっこう泣きそうになったりもしてます(笑

マサさんもテンカラに専念ですか!
これからは本当に毛鉤にいい季節ですので(羽虫がウザったくて川に行きたくなくなることもありますが・・・)、是非今年はテンカラで大物を仕留めてください。
自分で巻いた毛鉤で仕留めるエモノは何にも代え難いですよ。

ワタクシはフライにも挑戦しますが、基本はテンカラのつもりです。
渇水などでサカナの警戒心がバリバリになった際、ロングレンジから毛鉤を打ち込みたい・・・というのがフライロッドに手を伸ばした理由の一つですので、状況によってテンカラ⇔フライを使い分けることになると思います。

そろそろ山菜もいい季節を迎えますが、お互いに釣りも山菜もご安全に楽しみましょう^^

No title

朝練は出来ないのでイブニングに行って来ました。
日がもう少し長くなればもっと上流にも行けるのになぁ...

でも釣れたから良いか!!

No title

うむむ、盛岡近辺いい感じですな。
雫石は雪代本番のようです・・・。

バレが多い時は針を研ぐか交換がいいですよー。
フックポイント甘いとやっぱりバレますっけ。

日曜は赤コゴミでも探しに行こ!

Re: No title

>原渓さん

イブニング、いいですねー^^
さすがにまだ、お仕事帰りにゆっくりと・・・というほどの日の長さではないですもんね。
しっかりエモノを手にするあたり、さすがとしか言えません!^^

Re: No title

>双雪さん

盛岡周辺の川はやっと水量・水温ともにイイカンジになってきたようです。
でも、このままだとあっという間に渇水になりそうな・・・(笑

やっぱりシャープナーとかを持つべきなのかなぁ。
ワタクシ、毛鉤がほとんど一点モノ(気分次第で巻くので、同じ色・形状のものがほとんどない)なので、この毛鉤が当たっているのにバレが多いから新しいのに交換・・・というワケにいかんのですね。
やはりちゃんとサイズ・フック・パターン・色と体系を整理しないとイカンかなぁ・・・。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。