スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13.04.16 渓流釣り 閉伊川支流+α

本日はお仕事の定休日。
予報によればお天気も悪くなさそうなので、例によって川にお出かけしてきました。

本当だったらば、調子を取り戻した新・渓流快速ことRA125でツーリングがてら釣行しようと思っていたのですが、朝、お外に出てみると、なんというかこの気温はバイクは無理じゃないかな。
という冷え込みだったもので、年齢を重ねるに従い軟弱化している当方はあっさりここで自動車で出発することに決定。
そんな冷え込みの盛岡市内を早朝に出発。国道を宮古方面へ走り区界峠に差し掛かると・・・。
なんとあたりはすっかり雪化粧。
どうやら昨夜は雪だったみたい。
いやあ、自動車でよかった。と改めて自分の判断が正しかったことを実感。

それはともかく、国道から枝道へ入りさらに林道へと進むことしばらく。
やはり山の中も昨夜の雪があたりをぱらりと覆っている。
だけども、根雪はほとんどとけてなくなってしまったようで、このくらいの雪だったらば日中の気温でなくなってしまうだろう。

img 001

そんな山の中の渓が今日のターゲット。
朝の6時30分ころ、身支度を済ませてさっそく川に降りまずは水温を計ってみる。
すると2度ほどと少し低いながらもこのくらいだったらばまあなんとかなるか・・・といった按配。
さっそく岩陰などの止水域へ毛鉤を打ち込みながら川を上り始める。

どうやら今年はまだこの渓には誰も立ち入っていない様子。
クリアな水の中に見える砂地の底付近にはイワナの姿もあちこちで見ることができ、これだったらば釣れないわけがない。

だけども・・・。
『サカナがいる』
ということと
『サカナが釣れる』
ということが、これほどまで近くて遠い意味だとは知らなかった・・・。

『いる』んだよね。そこにも、あそこにも。
でも『釣れない』。。。

それでも機械的にポイントを見つけては毛鉤を打ち続けていると、岩壁につくられた止水域へ落としこんだ毛鉤へ銀色の影が飛びついた!

ラインも毛鉤へ何者かが食いついていることを示している。
手首を使って小さくアワせてみると、ズン!という手応えがあったかと思うと、竿はグングンと引き込まれていく。
竿を弓なりにしならせながら、流芯をまたいでエモノを引き寄せてくると・・・

img 004

26cmのキレイなイワナとご対面。
↓のポイントから。

img 007

さてここから。

その後は1時間近く川を上ってやっと一匹。

img 010  

うーん、早朝なので気温&水温がまだ上がっていないとはいえ、この反応の薄さはちょっと辛い。

あまりに釣れないこともそうだけども、あちこちで泳ぐイワナの姿がさらに焦りを誘う。
焦りはポイントへのアプローチを雑に、キャストの位置取りを杜撰にさせる。
そしてラインを叩きつけるような乱暴なキャストが貴重なポイントに潜むイワナを岩陰へと逃げ込ませる。
そんな状況に腹がたち、乱れた心で打ち込む毛鉤はあちらこちらとでたらめに飛び、釣れてくるのは頭上の枝か向こう岸の笹の葉ばかり・・・。

こんなんじゃ釣れるものも釣れるワケがない。

そんな熱くなったアタマを冷やすために沢の水で顔を洗い、缶コーヒーで一服しながらふと考えた。
なんで僕はこんなに釣果に対して焦っているんだろう。
数をあげることも、型のいいものをあげるのも別に目的ではないはずなのだ。

そのことに気がつくと、肩の力が抜けて自然に毛鉤が飛ぶようになってきた。

そうなればもうこっちのもの。
水温を改めて計ってみると4度まで上がっている。
よし。仕切りなおし。

すると・・・

img 015  img 021  img 028


img 034  img 042  img 046


img 047  img 049  img 053


素直な気持ちで打つ毛鉤に、素直にイワナが食いついてくる。
28.5cmを筆頭に、12匹のイワナとご対面(一匹だけ撮りもらし)。

さすがにこんなに釣れるとちょっと怖くなってきて・・・。

ここで時刻は10時30分。
最後の一匹を・・・と欲張ってキャストをしたらば頭上の枝に毛鉤を食われてしまい痛恨のロスト。。。
ちょうどすぐそこに橋もあって、切りもいいからここで退渓することに。
なにより4時間以上釣り歩いてきたものでオナカが空いて仕方がない。

林道をテクテク歩いて下りながら、いままで釣ってきたポイントを眺める。

すると、大きなプールのど真ん中で派手にジャンプしているイワナを発見。
おおおお。これはドライフライを浮かべてやれば・・・
なんて一瞬考えたけども、それはまた今度の機会に。

そして自動車に戻り、ちょっと早いランチタイム。

お天気もよくてあったかいし、腹もいっぱいになった。
なにより釣欲も十分に満たされた心地よさで今度は少し眠くなってきた・・・。


ああ、春だねぇ。
そんな山の渓の春を満喫して、帰ってまいりました。
最後に渓の様子をご紹介しておしまい。

img 039  img 037  img 019


img 030  img 006  img 045


img 048  img 051  img 054


↑は全部釣れたポイントだけど、どこからサカナが出たのか、思い出しているだけで幸せな気持ちになれますなあ。


 <データ>

 天候:晴
 気温:1.8~14.8度(観測点:盛岡 日最低~最高気温)
 場所:閉伊川支流
 水位:0.33m(閉伊川 茂市)
 水温:2~4度
 入渓:6時30分
 退渓:10時45分
 釣果:イワナ(18~28.5cm)12匹
 竿 :シマノ 渓峰 テンカラSX RT33
 仕掛:レベルライン(フロロ4号) 3.3m
     +ハリス(フロロ1.5号) 0.6m
 毛鉤:テンカラ毛鉤(伝承風順毛・逆毛)

・・・
・・




さてここからはオマケ。

閉伊川方面からの帰り道。
ちょっと寄り道してとある沢に。

うへへ。
ちょっと小さいのも混じっているけどもここではヤマメ3匹、イワナが6匹の計9匹。


img 067  img 060  img 059


img 064  img 061  img 056


1時間半で9匹なんて、ちょっと出来すぎだよなぁ。
やはり人が入っていない感じだったので、サカナはまるでスレてなく、打った毛鉤にはほぼ即食いついてくる状態でした。
午前中の閉伊川支流もそうですが、こういう沢はおそらく放流もなされていないと思うので、ほんとに大事にしたいもんですね。
(すぐ下流には大きいクーラーボックスと釣り道具を積んだ自動車が停まってましたが・・・)


それでは本日はこの辺で。
今回はだいぶ毛鉤をなくしたので、しばらくは巻き巻きを頑張ろうと思います。

スポンサーサイト

tag : イワナ ヤマメ 閉伊川 テンカラ 毛鉤

コメント

非公開コメント

No title

ずる~っ!!
爆釣ですねぇ~

とってもうらやましいぞっ

県内共通年券が出来て来ました。
連休に向けて準備しなくっちゃ..

Re: No title

>原渓さん

いやあ、今回はちょっといい思いをさせていただきました(笑
手付かずの川だと、毛鉤でもこれだけ釣れるもんなんですねぇ。

共通券が来たのでしたら、あとはすることはひとつ!
連休まではお忙しいのでしょうか。
新しいウェーダーの調子を見がてらちょっとそこまで・・・なんて(笑

No title

ずる~っ!! (笑)

マジで爆釣ですね~☆


ワタシも穂先にラインが絡まったりするとイライラして、つい乱暴な釣り方になっちゃう事があります

ワタシも気をつけよう
美しい渓に感謝しながら、楽しまなくっちゃね☆

Re: No title

>MK@YUKIさん

ほんとに、僕なんかがこんなに釣れるなんてどうしちゃったの?というほどでした^^
ホンネは尺物がほしかったけど(コッソリ

釣果は確かに大事ですけども、「それだけ」にこだわっちゃうのもまた寂しいですよね。
せっかくのキレイな渓に立っているのに、目を三角にして鼻息を荒くしていると、大事なものが見えなくなってしまいますので・・・。

No title

アサタカさんほど目が良くないので魚がいることにすら気づかず「ここいねぇんだなぁ」で終わってる為焦ることがないのです(笑

しかしこれはまたいい渓相ですなぁ。
雪も殆どないようですし、もう少ししたら覗いてみようかな?
むしろ次の日曜にでも(ry

紫波ではオオクマのハッチがあったようなので羽虫ばんばんパラダイスはもうすぐですよ!

なんと…

なんと…この時期毛鉤で… 腕と開拓精神に感服です。確かにイレコミ過ぎは イカンですよねぇ… 殺気がお魚にも伝わるのかなあ… ふっと目印から目を離した時とか 結構当たりがあったりしますよね オラも気持ちだけは 余裕を持って渓に向かいます… 多分… なるだけ… 出来れば…(笑) とにかく素晴らしい釣行 おめでとうございます

No title

ウハウハの爆釣じゃないですか!

魚が見えて、元気に泳いでいるだけでも、嬉しいですが

釣れればなお、嬉しいですよね~。

羨ましいかぎりです。

早くフライがやれる、季節にならないかな…笑

Re: No title

>双雪さん

いやいや。
ほんとそこらじゅうにいるんですよ。
渡渉のときなんかには足元から飛び跳ねてくることがあるほどに(笑
それだけいるのに釣れないと・・・さすがに焦りますっけ。
もっと居つき場所へピンポイントに毛鉤を打てるように、やっぱり偏光グラスがあったほうがいいのかなぁ。


ここ、いいですよ。
オススメ。
日曜日、あっちに行かないのだったら、一緒に行ってみます?

日中は羽虫がかなり出てて、大きいプールでは派手にライズしていたヤツもいましたから、もう少しでドライでウハウハですね!

Re: なんと…

>マサさん

この時期でも沈める毛鉤でしたらなんとかなりますっけよ。
水が濁っていなければなんとかなるみたいです。川虫のエサ釣りみたいな感じですから。

イレコミすぎていいことなんてひとつもないですからねぇ。
アツくなりすぎてコケてケガ・・・とか、竿を折った・・・とか。過去に経験が何度も(笑

肩のチカラを抜かないと、本来の自分の実力も出せませんしねー^^

Re: No title

>釣り吉さん

ウハウハっぽく見えますけども、厳しい時間帯もあって忍耐を必要とされた釣りでした(笑
でも、頑張った甲斐アリ!でしたけど^^

フライですが、ニンフだったらイケますよ。テンカラ毛鉤もニンフみたいなもんですので(釣り方も毛鉤の種類も)。
気温の高い日中だったらドライでもなんとかなりそうな気もしますし・・・。
ワタクシは日曜日はフライロッドも持って出かけようと思ってます。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。