13.04.13 朝練 根田茂川

気がつくと前回の朝練からすでに10日が経っていたんですね。
ここのところ、気温の急上昇に伴う雪代や低気圧による雨での増水で、すっかり川から足が遠のいておりました。
たまに、お天気が良さそうだから・・・と思うと朝から用事があったり、ヒマだなぁと思えば雨が降ってみたり。
そんな感じでタイミングが合わないまんま時間だけが経っておりました。

さて、久しぶりに時間も取れるし天候もなんとかなりそう・・・ということで、今朝は根田茂川朝練をしてきました。

今朝の盛岡市内は4月も半ばというのに厚手のジャンパーを着ないと寒くて仕方がないほどの冷え込み。
ああ、これだけ寒いということは今朝もきっとオサカナの反応は悪いんだろうなぁ・・・と、少し弱気になりながらも国道106号線を進む。
簗川道路に乗り新しい根田茂接続道路へと曲がり、そこからさらに川沿いに進むことしばらく。
養魚場の先の林道はだいぶ雪が溶けているという情報を得ていたので、とりあえずは行けるところまで行くつもり。
だいぶ水も落ち着いてきた砂子沢を眺めながらガタガタの林道を進みたどり着いた標高600m地点付近。
ここで積雪のためにストップを余儀なくされる。
まあ、吹き溜まりには果敢にもアタックした轍があるので行こうと思えば行けるのかもしれないけども、もしスタックすると厄介なことになるので大事をとってここからは歩くことにする。

適当な場所に自動車を停め、外にでて身支度を開始するがさすがに山だけあってものすごく寒い・・・(区界で氷点下2度なのでおそらくこの地点でもそのくらいだと思う)。
防寒対策をしっかりと講じていざ林道を歩いて進軍開始。

だけど。

行けども行けども足跡があるのよね。
雪の上に。
たぶん、おとといの低気圧で降った雪の上に、足跡が。
ということは、昨日だよね。人が入ったの(涙)

一日後とはいえ後追いで釣るのもなんなので、ここは意地で足跡がなくなるまで頑張って林道を登ることに決めてひたすら歩く。歩く。

で、45分後。

やっと足跡がなくなった!
・・・けど。

ここまで登ると、冬、ですね。

img 016  img 017
img 019  img 020

あいやー。
これはちょっと自信がないなぁ・・・。
でもせっかくここまで来たんだし、頑張って釣りますか。
と、川に降りてまずは水温測定。

・・・0.2度。

この水温を目の当たりにしてますます自信喪失。

しかし落ち込み下のプールの、流れがほぼないような脇の反転流の中を覗くと、だいたいは泳いでいるイワナ(けっこうデカい)を見つけることができるので、まあ毛鉤を沈めればなんとかなるか・・・

なんて思ってたんですが、ヤツラの目の前に毛鉤を流しても、誘いをかけても、毛鉤の種類を変えても・・・ガン無視。
興味を持って寄ってくることすらしないという完全無視(涙

でも、中には食ってくるヤツがいるかもしれない!
と、一縷の望みにすがりながら沢を登るも、まるっきり反応ナシで30分。

さすがにワタクシのココロはボッキンコでございます。

ヤメた。降りる。
川から林道に戻り、汗をかきながら山をまた45分かけて降りて自動車に到着。

こうなったら奥の手を使うしかないな!
(たぶん)誰もまだ入っていないとっておきの沢で、良型を爆釣じゃあああああ!!


・・・と意気込んで入った沢だったけど。

誰か入ってやんの。
たぶん昨日(涙

昨日のものらしき足跡をたどり、その足跡がパスしたポイントからやっとのことで・・・

img 023

やっとのことで一匹目。
20cmジャストのイワナさんは、落ち込みの下の白泡の脇に打ち込んだ毛鉤を、流れに乗せて流していたところを追いかけて食いついてきました。
となると、活性自体は低くないと思うんだけど・・・。

この一匹に気をよくして、先行者が釣ったと思しきポイントも含めて毛鉤を打ち込みまくってみたけどもやっぱりそこからはまた無音。
その沢の最後の大場所でもやっぱり無音。

サカナ自体はいるにはいるんだけども、毛鉤に興味を持つヤツが絶対的に少ないし、なによりこの規模の沢で後追いというのはなんとも荷が重く・・・。


ああ、今朝は一匹だけかあ。
と足跡をたどりながら諦めかけたそのとき、なんとその足跡はここから山を下っていることに気づく。

つまりここから上は手付かずのまま・・・。

そうと決まれば話は早い。
足取りも軽く大場所を越え、そして見つけたナイスポイント。
もちろん周囲には足跡など皆無。
注意深くポイントに近づき、狙いすまして毛鉤を打ち込む。
落ち込みの真下の白い泡に毛鉤を巻き込ませて沈め、そして深みを流れに乗せ・・・

瞬間、ラインはスゥっと消しこむように引っ張られる。
竿を煽り、アワせをいれるとズドン!という心地いい重みが手に伝わる。
ブルンブルンと暴れるエモノをいなしつつ、流芯から浅瀬へと引っ張り出す。
コイツはけっこういい型か!


img 031

タモに納めるのに四苦八苦しながらもやっとのことで取り込み成功。
サイズは割りと普通の26cmだったけども、久しぶりにこのくらいの型を釣ったもんで心臓バクバク。
ああ、キモチイイ。

やはり手付かずというのが大きいようで、その一つ先のポイントからも・・・


img 034

これはどうやら深場から浅いところに出て捕食していたらしく、プールの開きの浅瀬まで流しきったところでヒットでした。


さてこの先ももっと・・・
と思ったんだけども、ここから歩いて山を降りる時間を考えるとここらが潮時。
釣果は3匹とはいえ十分に釣り欲は満たされたので、今朝はここで撤収することに。

歩きが2時間に対して釣りは1時間ほどと、何をしに来たのかよくわからない朝練でしたが、厳しい状況のなかでイワナの顔を見ることができたので、まあ結果オーライということで。


羽虫が飛び交う季節まであともう少し。
ドライにバッシャンバッシャンと飛びついてくるイワナを見ることができるその時期が待ち遠しいですなあ



そんな感じで今朝はこの辺で。


・・・あ。
そういえば。

img 021

ここ数日のものだと思いますがベアー(しかもけっこうデカい)の足跡もありましたので、山奥に入られる方はご注意なさったほうがいいと思います(割りとマジで)。



 <データ>

 天候:晴
 気温:0.1度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:根田茂川支流
 水位:0.62m(簗川 宇曽沢)
 水温:0.2度
 入渓:6時45分
 退渓:9時45分(途中移動1時間30分)
 釣果:イワナ(20~26cm)3匹
 竿 :シマノ 渓峰 テンカラSX RT33
 仕掛:レベルライン(フロロ4号) 3.3m
     +ハリス(フロロ1.5号) 0.9m
 毛鉤:テンカラ毛鉤(伝承風逆毛・順毛)
スポンサーサイト

tag : 朝練 イワナ 根田茂川 テンカラ 毛鉤

コメント

非公開コメント

No title

あいやぁ、人多すぎですな・・・。
水が落ち着いてきたら行こうかと思ってましたが残念釣行になりそうな予感(汗
クマーは沢沿いだと熊鈴の効果が水音で消されてダメ とかいう話を聞いたので今年は森林香や爆竹常備しよっかな?

No title

上流部はまだまだ雪が多いですね~
根性でゲットした良型の岩魚くん、天晴れで御座います☆

クーマさんはもう活動しておいでのようですね
帰り道で、来た時には無かったはずの真新しい足跡があったりすると心拍数上がります

熊スプレーを使うような状況にはならないで欲しいなぁ

Re: No title

>双雪さん

まあ、雪代も落ち着き加減のお天気の良さげな週末・・・と、条件が重なっておりますのでね。
みなさんが川にお出かけになるのもわかります。

でもほら、全てのサカナを釣りきることはできないわけですし、この釣り人の波状攻撃をかわしきった歴戦の大物をこの手で掴みとるのもご一興かと。

毛鉤の季節になったら是非ご一緒しましょう。
ダメだったら・・・閉伊川あたりに逃げればいいんですから(笑


>森林香や爆竹常備しよっかな?

ナタ。オススメ。
うまくいけば熊肉も(略

Re: No title

>MK@YUKIさん

さすがに根田茂川の上流部は早池峰山につながってますので、雪が多いみたいですね。
それに先日の爆弾低気圧で、またまたかなりの雪が降り積もったようで・・・。

やっぱり手付かずの場所じゃないと、この時期は厳しいみたいですからねぇ。
釣りには歩行能力も重要なスキルなんだなぁと再認識しております(笑


> 帰り道で、来た時には無かったはずの真新しい足跡があったりすると心拍数上がります

笹薮を漕いでいると、ふとどこからかケモノ臭が・・・と同レベルでイヤすぎます(涙
あんまりクマに遭わないように、お歌でも歌いながら歩くことにしましょうか(笑

お疲れです!!

根田茂も大分落ち着いて来たようですねぇ

先週にやっと年券の申し込みをして来ました。
フェルトの剥がれたウェーダはあきらめて新しい物を購入しました。
本当はベストを新調する予定だったのに....

私は連休からスタートです。

あっ、ロッドの修理がまだだった...
833でスタートだな..。

Re: お疲れです!!

>原渓さん

毎度様です^^

根田茂ですがだいぶ水は引いてきた感じですね。
濁りは皆無ですし、そろそろ羽虫も出てきてますからフライはいい釣りができそうです^^

新しいウェーダー、いいですねー。
ベストは来年のお楽しみにとっておくとか(笑

僕は連休中もお仕事の予定ですが、その次期は朝練通いしてると思いますのでもしかしたら遭遇するかもしれませんね。

まだ連休まで時間がありますから急げばロッド修理は間に合うかも?!
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR