スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13.03.01 渓流釣り(1) 閉伊川支流・根田茂川

昨日は待ちに待った渓流の解禁日。
解禁日マニアの異名を持つ僕としては、ここはやはり出撃しなくてはいけないでしょう。
なんとかかんとかお仕事の休みの都合がつきましたので、行ってきました解禁日の川へ。

さて行き先はといえば、やはりこの残雪の量を考えると沿岸方面が無難だろということで閉伊川の沿岸方面の支流をまずひとつ。
そこで思わしくないようであれば移動して田老河川あたりへ行ってみて、午後は帰り道すがら根田茂川を冷やかして帰ってこようという作戦。

盛岡市内を5時に出発して国道106号線をひたすら進む。
全然関係ないけど、なんで朝の106号線はみんなあんなにスピードを出すのだろう。
ガソリンがもったいなくないのかなあ。

そんなこんなで沿岸方面が近くなると読みどおり雪の量はぐっと減り、これならば入渓も楽々だろう。

国道から支流筋の道路に進路を変え、その支流の上流部を目指し、走ることしばらく。
さてこの辺りから釣ろうかな・・・と思い始めたところ、道路端には自動車が数台。
ありゃー、もう先行されてるじゃん!
仕方ナシに、さらにもう少し進んでみるが、ここにも、あそこにも、こんなところまで自動車が・・・(汗

ああ。終わった。

と思ったんだけども、どうやらその自動車の持ち主たちは、川を遡行しながら釣るのではなくって道路から竿を出してその場所だけで釣っているみたい。
ちょっと釣り人の間隔があいているところを見つけたので、下流側で釣っているおじいさんにここから釣り上っていいか尋ねてみる。
すると、そのおじいさんのクーラーボックスには尺はおろか、40cmも越しているだろう大岩魚が何本も入っているではないか。

えええええ、こんなの釣れるの?

釣る!僕、釣る!!

と、おじいさんにお礼を言っていざ入渓。
まずはやはりエサ釣りでボウズを逃れてから・・・
などという甘えは捨てて、ここはやっぱりテンカラ勝負。そのためにいくらでも暖かい沿岸に来たのではないか。

毛鉤はまずはモジャモジャ毛鉤
なんていうかEHCのウィング無しみたいな、下巻きしたフックにハックルをぐるぐる巻きにしただけのヤツ。
沈めて釣るときには、これが意外といいんだよね。

さて、川に入って毛鉤を打ち込むことしばらく。
うーん・・・予想はしていたけど・・・厳しいなあ(涙

そうしたところ、日当たりのいい護岸壁沿いの淀みを発見。
水通しも良さそうで、流れの脇にはいかにも冬を越したサカナが身を休めるのにはぴったりな止水域がある。

そこの流れと止水の境目のあたりを狙って毛鉤を発射。
ゆっくりと沈めながら毛鉤を流していると、フイっとハリスが怪しい動きを見せる。
探るように小さくアワせてみると、ズドン!という重みが手元に伝わってきた。
すかさず竿を立てて応戦すると、動きは鈍いながらも魚体をくねらせて抵抗するエモノ。
だけどもやはり激しく抵抗する体力もないようで、あっけなく水中から引き抜けてきた。

おお。けっこうデカいんじゃない?

img 007  img 008

メジャーを忘れたのでサイズは計ってないのだけども8~9寸ってところか。
口も青いしヒレの赤も冴えてカッコイイ!

そんなカレ(カノジョ?)の姿を写真に収め、お礼を言って丁重にリリースする。

うーむ、このポイントに一匹ってことはないよな。
と、もう少し上流にある、張り出したブッシュの枝下をちょうど毛鉤が流れるようにキャスト。
すると、これもまたいい感じにヒット!

だけど、あんまりデカくないようで、一気にブっこ抜き完了。
 
img 014

デカくないとはいえ、塩焼きにしたらウマそうなサイズ。
でも、リリース(笑
渓流魚は太りはじめた5月ころに食べる分は釣るつもりなので、それまではオールリリースでございます。

さて、なんだあ釣れるじゃないか。
と気をよくした当方。

しかしここからは、まるっっっっっきり釣れない(涙

途中、養魚場の下で40cmクラスの岩魚を掛けるも、ジャンプ一発でバレ。
それ以外はピクリともしやがらねえ(泣

結局、10時30分ころまで釣り上ってみたけども釣果は序盤の二匹だけ。
もういい、場所変える。

ということでひとまず退渓。
自動車に戻ってこの川からは離脱することに。
で、帰りに例の大岩魚を釣ってたおじいさんに聞くと、どうもこの岩魚はこの川の上流にある養魚場が卵を絞ったあとの個体を川に放流したやつらしい。

さて次はどうしようか・・・とこの川を下りながら走っていたところ、ちょうどよさそうな支流を発見。
水量はさほど多くないけど、ぱっと見にはなんだかとっても魅力的。
それじゃちょっくら・・・
とその川へ寄り道してみると・・・

入ってすぐに。

img 016

コッパちゃん^^

いや、でもサカナはいるし、毛鉤を食ってくることは確か。
よーし、おじさん頑張っちゃうぞー!
と思ったんだけども、この後、もう一匹コッパちゃんが釣れておしまい。
(写真を撮る前に逃げられました。。。)

川が日陰に入ったあたりで残雪が多くて遡行がむづかしくなったのでここで退渓。
まあ30分やそこらで2匹釣れれば上等だし。

時刻は11時30分。
ちょっと早めにランチを済ませて、ここからは根田茂川へと向かう。


・・
・・・

さてこちら根田茂川

雪、もっのすごいです。
こりゃ、釣りどころじゃねーべよ。
と思いつつも、せっかく来たし・・・と、道路から毛鉤を打ち込んでみる。

だけどやっぱり、完全に沈黙。
そこで物は試し、エサ竿を出して止水域にブドウ虫を落としてみる。

と、コチチン!とかすかな手応えがあり、すかさずアワせてみると可愛らしいコッパちゃんが釣れてきた。
そしてこの場所ではもう一匹コッパを追加したけど、バンバン釣れるという雰囲気でもないので上流方面に向かって移動を開始。

川に沿って道路を走りながら横目で川を見、途中の何箇所かで竿を出そうかなと思ったけども、どうもこの雪を漕いでまで釣りをする気分になれずに川見だけでおしまい。

その後、砂子沢の部落でいつもの深いプールに岩魚が群れているのを見つけたので、なんとかして一匹でも・・・とエサを打ち込んでみるが、ガン無視されたのでとっとと撤収~。

(その岩魚を掛けようとしている最中に、道路の上からある釣り人に声をかけられたんですが、どうやらあれは釣り吉さんだったようで(笑)上流部をガッツで釣り上ったらしいんですが、芳しい結果ではなかったそうで・・・)

さて、雨も降ってきたし今日はここまでにして帰りましょ。


ということで、爆釣という感じではなかった解禁日釣行ですが、毛鉤で4匹(も!)釣れたのでこれはこれでいい一日だったかなぁと。
でもまだちょっと渓流は厳しい感じなので、またしばらくは岩洞湖に出没するかもしれません。


それでは本日はこの辺で。

ああ、そろそろ朝練用に渓流快速(RA125)を修理しないと(鬱



 <データ>
閉伊川支流
 天候:曇
 気温:-0.6~9.8度(観測点:宮古 日最低~最高気温)
 場所:閉伊川支流(上流部)
 水位:0.16m(閉伊川 川井)
 水温:0~1.0度
 入渓:7時30分
 退渓:11時30分
 釣果:ヤマメ (コッパ~2?cm) 4匹
 竿 :シマノ 渓峰テンカラSX RT33
 仕掛:レベルライン(フロロ4号) 3.3m
     +ハリス(フロロ1.5号) 0.9m
 毛鉤:テンカラ毛鉤(モジャモジャ、逆毛鉤)

根田茂川
 天候:曇/小雨
 気温:0.0~6.0度(観測点:盛岡 日最低~最高気温)
 場所:根田茂川(下流~中流部)
    0.34m(簗川 宇曽沢) 
 水温:0度
 入渓:13時00分
 退渓:15時30分
 釣果:ヤマメ(コッパ) 2匹
 竿 :シマノ 銀渓ZE 硬調55 
 仕掛:天井糸(フロロ0.8号)1.8m
     +水中糸(ナイロン0.4号)2.4m
  鉤:カツイチ やまめ一番ヒネリ(6号)
 エサ:ブドウ虫
スポンサーサイト

tag : ヤマメ 根田茂川 閉伊川 テンカラ 毛鉤

コメント

非公開コメント

えぇえ、あの川そんな良いのがいるんかぁ。40超え・・・ゴクリ。
それはさておき吹雪の中出撃してきました。雪多すぎでいい運動になりました。

Re: タイトルなし

>双雪さん

雪中行軍、お疲れ様でした。
釣果はいかに?!

大岩魚ですが、採卵後の絞りカスらしいですが大きさだけはスゴいので単純に釣って遊ぶのにはいいのかも。
ただ、解禁後数日でそれらは釣りきられてしまい、その後は無生物らしいです。あの川。
イクラだとバカスカ釣れるようなので(クーラーボックスに満杯でした)、エッグを使えばあるいは・・・

お疲れ様です

良さそうなスタートですね。
今日も昼過ぎまで仕事でした。
ものすごい風が吹いていたから釣りにはならないでしょうね

早く年券の申し込みをしないとなぁ~

今晩は孫2号の誕生日会だなぁ

午後からご近所リバーに出撃してきました。
結果,28センチのヤマメと33センチのイワナの2匹で終了でしまた。
エサ釣りです。
爆風しんどかったぁ~

No title

なんと40upですか~
養殖モノでも天然河川で数ヶ月生きれば、ネイティブ同様のパワフルなファイトが楽しめるかと思います

残ってるツワモノがいる事を期待して・・・・無理か(笑)

No title

財産を搾り取られた後の40才オーバーの亭主が、家から放り出されて、キャバクラでバカスカ釣られると。
世知辛い世の中ですなぁ。

解禁おめでとうございます。
根田茂はちょっと見たけど、人が近づける景色じゃなかったですよ(笑)
あれはフィンランド人じゃないと無理だ。

Re: タイトルなし

>原渓さん

毎度様です^^
お孫2号さん、お誕生日おめでとうございます☆

土曜日はすごい風でしたね。
その中、頑張って釣りに出た方もいらっしゃるみたいですが(笑

早く年券の手配をして釣り道具の用意をしないと、いいオサカナはみんなどっかに行っちゃうかもしれませんよ(笑

Re: タイトルなし

>イワメさん

さすが!
尺イワナと泣き尺ヤマメなんて、盛期でもなかなか・・・。

しかしあの風の中、すごいガッツですね(笑

Re: No title

>MK@YUKIさん

いや、まじですごいデカさでしてびっくりしました。
せめてもうちょっとフックが深く掛かっていれば・・・でもバーブレスだったしなあ(涙

居つく場所はわかったので、もうちょいあったかくなったらもう一回見に行ってみようかな・・・

Re: No title

>あひるさん

採卵・採精用の個体は食用とは別らしく、ただそれだけのために生きてきたのに用が済めばポイというのはあんまりですなあ。しかもイイトコ育ちだから目の前にエサがあれば容易に食いついてしまって(涙

それはそうと、禁漁あけましておめでとうございます。

根田茂はほんとスゴいですっけ。
スノーシューがないと普通に腰まで埋まりますもん。
あれはロシア人でも無理ですわね。

わたくし ロシア人でもフィンランドでもなく 由緒正しい南部人でございます。従って泣く泣く ドライブのみで根田茂川を後にしてまいりました(T_T) 今日の晩御飯はイクラ丼だいo(T□T)o まだまだ根田茂の春は遠いみたいですね

No title

お疲れ様でした!

デカイ岩魚釣りたいなぁぁ~

私も沿岸に、行こうかな…。。。

今年まだ、出会えてないし…。。泣

根田茂上流部は、また気合&根性で上がりますよ!!

根田茂を岩洞湖と思えば…笑

可愛いスノーハイクです。

Re: タイトルなし

>マサさん

あらら・・・
でも、普通はあの雪でしたら撤退するのが普通だと思いますよ^^
雪さえなくなれば思う存分釣りができますから、いましばらくの辛抱ですねー。

なんだか急にあったかくなっていますので、この分だと半ばくらいには雪代が始まりそう・・・。

Re: No title

>釣り吉さん

デカい岩魚、釣りたいですよねぇ。。。

沿岸は雪こそないものの、あんまりサカナッ気がない感じです。
根田茂上流部ですが、林道歩きとはいえ油断大敵。あたたかくなってきていますので雪崩なんかにはご注意を・・・。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。