13.01.10 氷上釣り(1) 岩洞湖

とうとうやってきました解禁日。
しかも、当初は部分解禁であるというアナウンスが、急遽全面解禁へと変更されました。
ということで、例のごとく解禁日ですので行ってきました岩洞湖。

さて、当初は部分解禁ということもあってワラビ平のどこかにでも行こうかと思っていたんですが、前述のとおり全面OKになりましたので、こりゃ本湖のほうに行かないとソンだべさ。
なんてわけのわからない理由から行き先は僕の行きつけである第5ワンドに決定。

朝の3時45分に盛岡を出発。
途中、外山峠の途中あたりまではアスファルトが顔を出しており、快適なドライブで進む。
しかし峠も下りに差し掛かるとさすがに路面はスノー&アイスへ。
慎重な運転でワラビ平第二駐車場を目指す。

小石川のパーキングも近づいてくると、見えてきました湖上のランタン群。

・・・まだ4時20分だけどね(汗
<13.01.11:湖上の立ち入りは4時からOKだそうです。(釣りが5時から。)>

こちらはといえば、目的の駐車場に4時35分に到着。
のんびり車内で時間をつぶしながら身支度を整え、午前5時、湖上へと降りる。


イエーイ!ひさしぶり!

というテンションの高さもつかの間。
湖上は雪は少ないものの、氷の上には水がだいぶ上がっていて、歩きづらいことこのうえない。
ときおり、ズホ!っとハマりながらも第5ワンドへ向けて黙々と歩く。

そして歩くこと10分ほど。
すでにテントの姿も見える目的の第五ワンドに到着。
まずはヤマカンで穴を開けて、魚探で水深を測る。

数箇所の穴を開けて、ひとつの目安としていた12mラインを発見。
あとはこのあたりで魚影のある穴を選ぶだけなんだけども・・・

まるっきり魚影がない(汗

むう。どうしよう。
いつまでもこんなことをしていられないし、なによりさすがの岩洞湖。すっげ寒いッス(涙

ということで、なんとなく魚探の画面にそれっぽい影が映る穴を選んでテントを設営開始。
しかし・・・
テントを張る予定地の雪をスコップで片付けたところ、穴からズゴオオオオオっと水が噴出してきてあっというまに氷の上は水深10cmほどに。
あいや、これじゃ銀マットに直座りの僕にはちょっとキビしい。というか無理。
いまさら場所を変えるのもイヤなので、周りから雪を集めてきて池のようになったテント設営予定地を埋め立ててなんとかテントを張り終える。

ふう。と一息つくまもなく今度は釣り道具のセッティング。
まあ、このあたりは朝練でやってますので手馴れたもの。
チャチャチャっと準備を済ませて、6時ちょうどに仕掛けを落とし込む。

まずは底を・・・ということでオモリを底につけたままフカしてみたりちょっと底を切ってミャク釣りにしてみたりといろいろと試してみることしばらく。

フカしながら誘いを掛けていたら、穂先がビクンという大きな動きを見せる。
絶妙にアワせてこれを乗せ、リールを巻いてくると・・・


ガーン。


DSC00306.jpg


モロコがあらわれた。

コマンド?
 ⇒ 捨てる


今年の岩洞湖の初物はモロコでした。

まいいさ。
勝負はここからだもん。


と思ったんですが、これがこの後はまるっきりの無音。
ピクリともしやがらねぇ。

おいおい。解禁日ってのはもっとこう、盛り上がるもんじゃないの?
と文句のヒトツも言いながら魚探を眺めてみると、


DSC00307.jpg


もしかしてワカサギは浮いてる?
物はためしということで、底から仕掛けを引き上げて、タナを水深10mあたりにセット。
すると直後にツククン!という小さいアタリが!

おっしゃ!!と、鋭くアワせてリールを巻き上げる。

またモロコだったらどうしよう・・・恐怖感に襲われながらもこわごわ仕掛けを上げると・・・

やったー。
ワカサギ一号ゲットだぜ!(写真ナシ)
このときすでに時刻は7時。
いやあ長かった。この1時間。

そしてここからはこのタナでボチボチ釣れて、7時30分には20匹を突破。
よっしゃ、なかなかいいペースだ!

と思ったら。
いきなり穂先をズガンと引き込むようなデカいアタリ。
そしてラインがグングン斜めに引っ張られていく。

これはもしや・・・ウグイ!?


DSC00310.jpg

NO!ヒメマス!!(嬉

しかしこれを取り込む際に仕掛けがグチャグチャになってしまいまして、これを交換するためにちょっと時間をロス。

これが災いしたのかさきほどの釣れ心地はどこへやら。
パタリとアタリが止まりまして、魚探を見るとさきほどの浮いた影は皆無になっておりました。
が、代わりに底のほうにゴチャゴチャとした影が出始めていましたので、今度はコイツを狙ってみることに。

底を狙うのでオモリを重いものにチェンジ、ついでにエサを取り替えて、底狙いでレッツゴー。

すると、フカしながら誘っているとわずかに穂先がプルンと震えるような小さなアタリがきた。
うん??
半信半疑でアワせてみると穂先はブルブルと踊っている。

急いでリールを巻き上げてみると、デカいワカサギをダブルでゲット。

よし!掴んだぜ!!

と鼻息荒く、底でのフカし釣りでプチラッシュ到来。
底にオモリが着くやいなやのアタリも何度もあっていやはや釣れる釣れる。
このペースだったら束釣りも夢じゃないぜ!


そして迎えた午前9時。

・・・やっぱり夢でした(涙

さきほどまでのラッシュはどこへやら。
エサを変えようが、タナを変えようが、誘いを変えてみようがまるっきり反応ナシ。
思い切って場所変えしようかと思いたって、露天で釣り穴を探してみるも、たった一度のアタリが見事にモロコでハートブロークン。

もういい。
ここで頑張る。

と、テントに戻り釣り再開。
だけどもやっぱりアタリが戻ってくることはなく、思い出したように数匹は掛かったもののそれでおしまい。

風も強くなってきたし、テント内は大浸水だし(埋立た雪が溶けちゃった)、なにより午後からは仕事があるので午前11時、撤収開始~。

DSC00308.jpg


ちなみに釣果は73匹とけっこう微妙(汗


DSC00309.jpg


でも、久しぶりの岩洞湖の氷上釣りを堪能したし、なにより氷上のシーズンは始まったばかり。
これからまた、寝不足の毎日が続きそうです。


ということで本日はこの辺で。

・・・明日?
そりゃあ、もう(笑



 <データ> 

 天候:晴(無風⇒強風)
 気温:-19.8℃(観測点:藪川 日最低気温) 
 場所:岩洞湖 第5ワンド(水深13m)
 時間:6時00分~11時00分
 タナ:水深10m⇒ベタ底
 釣果:73匹+ヒメマス1匹(モロコ:8匹)
 道具:手巻きリール&自作ラミ穂先
 エサ:紅サシ+白サシ
 仕掛:クリスティア快適ワカサギ(5本エダス 袖1号)
 オモリ:2.5g
スポンサーサイト

tag : ワカサギ 氷上 岩洞湖

コメント

非公開コメント

No title

解禁突撃お疲れ様です。
いーーなーー!
早く釣りたい。もうムラムラが止まらない!
・・・なのでついイーハトーブへ(笑
で、カウンターのとこに日券の前売りは前日の午後5時以降からと書いてましたので買ってから行こうかな?

Re: No title

>双雪さん

やはり解禁日というのはいいもんです^^

13日は思う存分釣りましょう!
でもうまく釣れる場所にあたればいいけど(汗

日釣り券って前日購入できるんですね。
ウソついてごめんなさい。。。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR