12.09.14 朝練 米内川

いやあ、ほんっとに雨が降らないです@盛岡。
近所の中津川を見てもやはりというかド渇水。
こんなんじゃ、上流域は水はチョロチョロで釣りにならんべなぁ・・・。

なんて思ってここ最近は朝練にも行かない毎日でしたが、待てど暮らせど川の水を増やすような雨は降らず。
いつまで待ってもダメなので、水が少なかろうが構いやしねえ!
ということで今朝は米内川朝練をしに行きました。

薄暗さの残る朝5時に自宅を出発し市内を抜けて米内川へと向かうが、さすがに9月の半ばだけあってバイクだと少し肌寒いくらいの気温(まあ例年だったらもうジャンバーが必要なんだろうけども)。
途中、ウインドブレーカーを羽織ったりしながら現地を目指す。

さて米内川沿い。

あばばばばば。こりゃあんまりにも水が少なすぎやしないかい。
というほどのド渇水。
これじゃ、ちょっと釣り場所を選ぶのにも難儀しそうだ・・・。

なんて考えながら川を横目に米内川林道を奥へと進むが、あまり上流まで行っても水が少なくなるだけだしなあ・・・と思い、外山川の合流点近くを本日の朝練場所とすることに。

とっとと身支度を済ませ川へと降りるが、ちょうどこの場所の渓相が渇水時向きのようで水が少ない割にはポイントが豊富。
まずは目の前の小さい落ち込みからの流れ出しを狙って毛鉤を打ち込む。

ツーっと流れた毛鉤に、次の落ち込みへの肩のあたりでパチョンと小さく飛沫を上げてコッパヤマメちゃんが飛びつく。
しかしあまりに小さいせいか、フックには掛からず。

という感じで、ニボシのようなサイズのコッパヤマメちゃんがあちらこちらで食いついてくるがまともなサイズは一向に出てくる気配がない。

やっぱり水深がある程度ないと大物は身を隠せないしねぇ。。。

ということで、ポイントを大物がいそうなところだけに絞って、ガツガツ釣り上ることしばらく。

岩陰のたるみのあたりに落とした毛鉤を流芯脇の流れに乗せて流そうとした瞬間に、やっとバシャ!とまともなアタリがある。
グイっと竿を引く感触にニヤリとしながらブッコ抜いてみると・・・


img 005

ありゃ。あんまり大きくないや。
だけどもう秋色に色づいたキレイなヤマメ
やっぱりヤマメはいいねぇ。


さて、そのヤマメを丁重にリリースして次のポイントへと進む。


が。

やはり出てくるのはコッパちゃんのみ。

むう。
今日はもうやめて帰ろうかな。。。

とココロも折れかけたそのとき。
岩壁沿いの水深も深く緩やかな流れのポイントを発見。
しかもお誂え向きに頭上も開けていてキャストも容易。
これだったら思いっきり竿を振れるので、ライン長をめいいっぱい使ってエモノに気づかれない距離から毛鉤を打ち込むことができる。

川岸にしゃがみこみ、竿をしならせ毛鉤をポイントへ打ち込む。
複雑な流れに巻かれて毛鉤は緩やかに流されていく・・・

その毛鉤を目で追っていると、なにやら黒い影が近づいてきて、ゴッポン!と水しぶきを上げて毛鉤に食いついた。
!!
反射的に竿を立ててアワせてみると、その瞬間にズシリという重みを手元に感じる。
コイツはデケえええ!
そして必死に抵抗するエモノの身をくねらせる動きが竿を通じて伝わってくる。
すでに竿はUの字に弧を描き、逃げ惑うそのエモノをなかなか寄せてくることができない。
ハリスはナイロンの0.8号なので、無理をしたらプッツンしそうだし・・・。

そんな感じで格闘することしばらく。
ふと、後方にスペースがあることに気がつき、これ幸いと竿を立てたまま後ずさりをしてみる。
そしてズルズルと浅瀬をひきずりながら、やっとのことで岸へズリ上げに成功!



img 013  img 022

ぐはっ!
想像以上にデケぇ!!

ビッタンビッタンと跳ねる魚体を押さえ込み、隙を見てメジャーをあててみると、なんとサイズは35cm。
今年最大ッスよ。
しかもこのド渇水の米内川で。
興奮を押し殺して写真を撮りまくり、その大物をやさしくリリース。

ああ。もう今日はおなかいっぱい。

ということで、少しポイントは残っていたけどもここで納竿して撤収。
先ほどの大物との格闘の余韻に浸りながらバイクへと戻る。



さて余談。
実は先日デビューさせた渓流快速3号ことCT110は、やっと調子が出てきたところだったんだけども父親に強奪されてしまったので、今日は代わりの機体をデビューさせました。

これが渓流快速4号こと、CB125(B6)でございます。

img 026

ボッロボロだったものを譲り受けてしこしこと直してましたが、やっと走る・曲がる・止まるくらいはできるようになりましたので実戦投入。
見たまんまボロなバイクですが、2気筒のデュアルキャブなのでCT110よりもパワフルでスピードも出ます。

とはいえ、コイツは普通の舗装路しか走れませんので、砂利道の林道を走るとき用の機体をどうにかしないと。
現在バラバラの渓流快速2号を急いで組もうにも、部品代がなぁ(涙



それでは本日はこの辺で。
なんだか渇水でも釣れるには釣れたので、また朝練を再開しようかなと思います。


<データ>

 天候:晴
 気温:20.1度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:米内川
 水位:-0.25m(中津川 山岸)
 水温:15.5度(未計測)
 入渓:5時50分
 退渓:6時50分
 [テンカラ
 釣果:ヤマメ (ニボシ~19cm) 4匹
    イワナ (35cm) 1匹
 竿 :シマノ 渓峰テンカラSX RT33 
 仕掛:レベルライン(フロロ4号) 3.3m
     +ハリス(ナイロン0.8号) 0.9m
 毛鉤:ピーコックP
スポンサーサイト

tag : 朝練 ヤマメ イワナ 米内川 テンカラ 毛鉤

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様です。

この状況でそのサイズはうらやましすぎますな!

僕も今朝行こうと早起きしたのはいいのですが、腰がw

毎年このぐらいの時期にぎっくりをやっているような気がするのは気のせいじゃないはずだ!
もう。

Re: No title

>すっとこさん

いやあ、間違って20cm超が釣れてくれたら上出来と思って出かけたら、思わぬラッキーが(笑
みんな水がないからと川に入ってないんでしょうなあ。

それはともかく、腰は大丈夫ですのん?
禁漁前にあと二回は行かないと、年券がもったいないですぜ(笑

でかっ[e:734]

渇水を逆手にとって ザルで掬ったんですかい(ノ゜O゜)ノ いやぁ 冗談はさておき お見事です。この渇水の時期 型をみるだけでも驚異なのに 35㌢ 来季は 弟子にして戴こうかしら…

師匠と 呼ばせて下さい。

No title

でか!

さぞかし 引いたでしょうね  その時は川の中に入っていかないと 

釣りキチ三平なんかは 背中に乗って捕まえるんですよ
あんなでかいの 居ないか

No title

良いサイズあげましたね~
渇水で、深場に退避していたんでしょうね

天晴れです!!

しかし、川の状況はどんどん厳しくなっていっているようですが・・・・・・
月末までに回復してくれる事を祈ります

Re: でかっ

>マサさん

いやあ、このコンディションだったので全然期待しないで行ったんですが、開けてびっくり玉手箱でした(笑

まだまだ駆け出しのヘタッピーですので弟子とか師匠とかそんなレベルではありませんです^^;

Re: No title

>はんちゃんさん

最初はこんなんどうやって取り込めばいいんだろ??
と、軽くパニックで引きを楽しむ余裕がありませんでした(笑

さすがに背中に乗るほどではなかったですが、口に手を入れて取り込めばカッコ良かったかな~と(笑

Re: No title

>MK@YUKIさん

やはり釣って嬉しい尺モノです^^
深場といえば深場だったんですが、それでも水深は太ももまであるかないかくらいでしたから、たまたまそこに潜んでたのでしょうねぇ。

川の状況ですが、事実相当厳しいです。
いまから台風なんかで増水したら、水が平水に戻るのにまた時間が掛かりそうですし・・・。
密かにこのままシーズンオフの覚悟もしております(汗

月末の件、近日中にご連絡いたします^^

No title

しかし本当に降らないですよね。
水が無くても結果を出すとはさすがです!
宝くじも買わなければあたりませんが、
釣りも行かなければ釣れないってことですね(笑)

Re: No title

>けんさん

やっと降りましたねー^^
前回のはほんと、たまたまなんでしょうね。
みんな釣れないと思って行かないので、その裏をかくという(笑

ご教授ください。

最近、B6のレストアベースを手にいれました。
タンクの状態を確認したく、メインキーを挿したのですが、
キーの半分位しか入らず、キャップを開けることができません。
タンクのキーは、共通ではなく、別にあるのですか?
開けるのには、何かコツがあるのでしょうか?

お手数ですが、ご教授ください。
お願いいします。

Re: ご教授ください。

>KE703さん

はじめまして。
B6のレストアベースをご入手なさったとのことで、これからコツコツとレストアなさるのでしょうか^^

さて早速ですが、タンクキャップの件です。
キーの差込ですが、キーの半分くらい刺さっていれば開くと思いますよ。
それと、これはワタシのCBだけかもしれませんが、このキャップは立派なキーシリンダーがあるものの、どんなキーでも開きます。(たぶん、同年式の同様のキャップはみんなこんな感じだったと記憶しています)

キーの回転方向は差込口に刻印してありますが、この方向は合っていますか?
また、ちょっとキャップを押し加減にしてキーを回すと楽に開きます。
それでも開かないとなると、内部が錆びているのではないかと思いますが・・・。
すでにお試しのこととは思いますが、ラスペネあたりをたっぷりと染み込ませてから開けてみてはいかがでしょうか。

あまりお力になれずにすみません。
もしよろしければ、その後の経過も教えていただければ嬉しいです^^
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR