12.08.03 朝練 根田茂川

毎日毎日暑いですねぇ。。。
やっと川下り2連戦(北上川と和賀川)が終わり、その合間に扁桃腺が腫れて41度の高熱を出してみたり、さんさ踊りの関係で、地味にお仕事が忙しかったりと、ここ最近は朝練にも行けない日々が続いておりました。
まあ、クモの巣とかアブがヒドくて今ひとつテンションが上がらないってのも理由としてあるけども。

それはさておき、今朝は久しぶりに早朝5時に目が覚めまして、布団でうだうだしてても暑いだけなので一抹の涼を求めて渓へと出かけてきました。

行き先は近場の根田茂川
当初は上流部の砂子沢でイワナでも・・・と思って出かけたんだけども、出発時間が遅かったもので往復にかかる時間を考慮するとちょっと無理がありそう。
なので作戦を変更して、落合橋からすぐの下流部へと入ってみることに。
このあたりは今時期のように、渇水の時にしか入ることができないしね。

さて身支度を終えて6時ちょうどに入渓。
まずは水温を・・・
・・・え?18度ぉ??

こんな高水温で大丈夫かな・・・。

と、不安になりながらも毛鉤を打ち込む。
・・・つもりが、早速クモの巣に毛鉤が捕らえられる。
軽くキレながらもムキになって竿を振り、やっとクモの巣を振り切って水面へと着水した毛鉤

その瞬間にバシャ!!っと銀色の魚体が踊る。

おおおおお!?
焦りながら竿を煽るが、これは思いっきりアワせ遅れ。
そしてこの場所ではもう反応がなくなる。

そして以下、これの繰り返し。

クモの巣地獄に加えて顔の周りにはメマトイがつきまとい、イライラしながら竿を振れば毛鉤は頭上の枝に食われて、ラインを引いて毛鉤を回収しようとすれば、ハリスが切れて毛鉤をロスト・・・。
なんとかハリス&毛鉤を交換してポイントに打ち込むと、垂直に飛び出すほどの高反応を示すヤマメがいるにも関わらず、まるっきりフッキングせず・・・(涙

やはりアレか。
朝練をサボってたせいか。
まるっきりアワせが合わないのねん・・・。

それでも頑張って毛鉤を打ち込み続け、そしてやっとのことでフッキングしたエモノは、足元まで寄せてきたところでバレ・・・と、今朝はてんでいいことなし。

あーもー。今朝は帰ろう。

なんて思って退渓できる場所を探すが、この区間はそう簡単に入退渓できる場所がないんだよね。
なので、退渓ポイントを探しながら適当に毛鉤を振って川を上ることしばらく。

すっかり意識は退渓地点探しに向いていたんだけども、ふと見るとここで出なければウソでしょう・・・というようなポイントが目の前に広がる。
よーし、最後の一勝負!
慎重に毛鉤の射程距離内に近づき、岩の陰に身を潜めて周囲を確認。
よし、頭上クリヤ、前方クモの巣ナシ。

ヒュンヒュンと竿を振ってフォルスキャスト。
そして流芯の脇へと毛鉤を落とし、流れに乗せるか乗せないか。その瞬間に水面を割って銀色の魚体が跳ねる。
ビシリと竿を立てると、手元にはズドンとなかなかの重さが伝わる。
走るエモノをいなしつつ、流れに乗せて手元まで寄せると・・・

img 005

やっとのことでボンズ抜け(涙
サイズは23cmと、そんなにデカくはないけど無問題。
やっぱりヤマメはいいねぇ。


この一匹に気を良くして、さらにもう少し先のポイントまで進み毛鉤を打ち込む。

すると、流し終わりのピックアップ直前に、・・・トプン。
とゆっくりしたアクションで毛鉤をくわえたエモノ。

それをズドンとアワせてブッコ抜くと・・・

img 009

おりょ。イワナ
サイズは20cmにも満たないけども、いやはや元気(笑

ここまで1時間半でやっと2匹と釣果は芳しくないけども、時間もなくなったしちょうど退渓できそうな場所を見つけたのでここで切り上げて撤収。

なにはともあれ、ボンズではなかっただけマシってもんか。


しかし、下流部は水温がちょっと高すぎるのかもなあ。
明日あたりは上流部まで足を伸ばしてみることにしようっと。


それでは本日はこの辺で。

明日は根田茂川の上流部か、閉伊川の支流あたりにいると思います。



<データ>

 天候:晴
 気温:24.7度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:根田茂川
 水位:0.33m(簗川 宇曽沢)
 水温:18.5度
 入渓:6時00分
 退渓:7時30分
 [テンカラ
 釣果:ヤマメ (23cm) 1匹
    イワナ (19cm) 1匹
 竿 :シマノ 渓峰テンカラSX RT33 
 仕掛:レベルライン(フロロ4号) 3.3m
     +ハリス(ナイロン0.8号) 0.9m
 毛鉤:ピーコックP、アントP
スポンサーサイト

tag : 朝練 イワナ ヤマメ 根田茂川 テンカラ 毛鉤

コメント

非公開コメント

暑中お見舞い

暑中お見舞い申しあげます。アサタカさんのブログ 楽しみにしてました。確かにアブと蜘蛛の巣は 厄介ですね。真似っこして始めてみましたテンカラ釣りで やっと 先週一匹イワナを釣り…いや 釣れてきて くれました。キャストもヘロヘロ 毛鉤も買ってきた奴で 網張の 溜池みたいな淵で 餌釣りの合間にキャスト練習のつもりでヘロヘロやってたら 急に毛鉤が消え びっくりして 毛鉤を浮かそうと思ったらビリビリと… 15センチ位の小ぶりな奴が いやぁ めごい ハマる くわえ込んだイワナのくちびるまで可愛く見えました。ブログを通して 今後とも ご指導下さいね。

Re: 暑中お見舞い

>マサさん

おおっ!
記念すべき一匹目をゲットしたんですね!!
こぶりでも一匹は一匹。
あとは自分で巻いた毛鉤でもう一匹釣れれば、毛鉤釣りから抜けられなくなりますよ(笑

イワナもいいですけど、ヤマメを毛鉤で釣るのも楽しいですよ。
是非お試しください(笑


No title

久々の朝練お疲れ様です。
クモにアブ、メマトイと毛鉤を振るには精神的に良くない季節になりましたねぇ。
渇水+高水温とヤマメが釣りたいのに厳しいので岩魚に会いに行ったりしてます。
最近は鮎にもちょっと興味が・・・でも竿高い。

No title

お元気になられたようで安心しました
しかし41度とはこれまた上がったものですね~(汗)

次回の帰省時(多分9月)には是非ご一緒しましょう☆

Re: No title

>双雪さん

ほんと。この虫地獄さえなければ渓流釣りももっと快適なんですけどね。。。

ちょっと渇水&高水温の傾向が強すぎますよね。
ヤマメもイワナもちょっとお疲れのようで。。。

実は僕も鮎をやってみたいんですよ。
でも、道具がやっぱり高価でねぇ。。。
しかし先日中津川でお会いした方は、渓流竿(6.0m)+鮎ルアー(仕掛けは普通の友釣り仕掛け)で、しかも陸っぱりで釣っていました。
それでしっかりと釣れていましたので、試しにやってみるのにはいいかなぁ・・・なんて。

Re: No title

>MK@YUKIさん

先日は、本当に申し訳ございませんでした。
しかし、やっぱり中止でよかったです。
あの後(当日)は熱がMAXで、まともに立っていられませんでしたので(笑
当方、ちょっと疲れるとすぐに扁桃腺が腫れて熱が上がるんですよね。
こう見えて、意外とデリケートなんです(うふ

こちらこそ次回帰省時はよろしくお願いしますー^^
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR