スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.04.01 青森河川解禁日 五戸川支流

3月1日に岩手県の渓流は解禁となっておりましたが遅れること1ヶ月の4月1日、青森県の渓流釣りが解禁となりましたので、解禁日マニアの当方はお約束のようにお隣の青森県へ行ってまいりました。
都合のいいことに、当方のカミさんの実家が五戸川のすぐ近くにあるものですから前日からそちらにご厄介になって、当日は早朝から解禁日を満喫・・・

・・・のつもりで前日の3月31日に盛岡を出発したのですが、国道4号線と並んで流れている北上川や馬淵川を横目で眺めると、河川は前日までの高気温や雨によって軒並み大増水。
だだだだ、これはちょっと五戸川も厳しいかもしれない・・・。

さて現地に着いてみると予想はビンゴ。
五戸川も例に漏れず大増水&真っ茶色(涙

これでは釣りができないと、怒り狂う長男。
まあ支流に期待しようやとなだめすかしてこの日は馬肉鍋で一杯やって早めに就寝。

明けて4月1日の日曜日。
びしっと5時に起床して窓から外を見る。


・・・一面銀世界。

あいやー。

雪かあ、外も寒そうだなぁ・・・などとこの期に及んで行こうかどうしようか悩みながらコタツでうだうだしていたけれども、気合を入れなおして身支度開始。
ちょっと支流の様子を見てくると書置きをして単身川へと向かう。

そして妙返川。
ちょうど自動車を置くことができる広場へと自動車を入れると、なんだかすでに自動車が2台停まっている。
しかも真新しい積もったばかりの雪には、いかにもフェルト底のウェーダーのものと思わしき足型が二名分。

あいや。先行された。
まさかこんな雪の深い山の中の支流に、しかもこんな早い時間から入る人間が当方以外にいるとは・・・。

まあ、それはそれで仕方がない。
早速ウェーダーを履いて、こちらも川と並んで走る林道へと歩いて向かう。

いやしかし、4月だというのになんなのこの残雪。
スノーシューがないと身動きすらとれないんですけど。

そんな劣悪な雪道を、先行者の足跡をたどりながら歩き進むことしばらく。
やっと視界に先行していた釣り人2名の姿が入ってきた。

とりあえずご挨拶を・・・と思って近づくと、このお二方、なんだか見たことが・・・。
それもそのはず。昨年の新郷遊漁会のニジマス釣り大会の際に、不慣れな当方らに必殺エサのイクラを分けてくださったベテラン釣り師のお二方でした。
その節のお礼を述べながら情報を交換、そして当方はここからしばらく上った地点から竿を出す旨了承を得て分かれる。

その後。

崩落した斜面、崩れた橋、豪快に倒れた樹木そして深い雪・・・
カモシカも躊躇するようなこれらの難所を必死に乗り越えて歩くこと1時間半。
これだけ上ればそろそろ良かろう。と、ここから竿を出してみることに。

DSC00281.jpg


川はかなり増水しているものの、山の中の支流だけあって本流よりはマシ。
当然、増水のために川に立ちこむことができないので残雪の上から竿を出す都合上、物理的にテンカラはほぼ無理。
なにより濁りも相当あるから毛鉤はちょっと厳しそうなので、本日はエサのチョウチン釣りで勝負。

ミミズをハリにセットしてまずは大岩の陰の反転流を狙って仕掛けを振り込む。

するとすぐにズガガン!と手元に鋭い感覚が走る。
反射的に竿を煽ってアワせを入れると、穂先をグイグイと引き込む力強い手応えが。
おおおおお。こいつはデケェ!

超硬調の竿のパワーに頼って力任せに引っこ抜いみると、かなりの大きさのヤマメ。
(写真を撮ろうと思ったら充電切れ。。。)
サイズは27cmとなかなか。

よーし、サカナがいることはわかったし、増水してても釣れることもわかった。
それではいっちょ気合を入れて・・・

いやはや釣れる釣れる。
さすがに瀬に出てるヤツはいないけれども流れの脇なんかの深めの止水域へエサを落とせばまずアタリがある。
2時間近くかけて上ってきて、釣り始めて30分で8匹。
はじめは川の様子をみるために来たのだから、とりあえず5匹釣ったらおしまいにしようと思っていたのだけども、あまりの釣り心地のよさについ予定をオーバー。
しかしそもそも数を抜くことが目的ではないので、今朝はここまでにして山を下りることにする。
なにより水も食料も持ってきていないので腹も減ったしのども乾いた。

ということでムサムサと雪を踏みしめて林道を歩いて下る。

途中、釣り上ってきた先行の釣り師お二方に行き会ったので情報を交換。
どうやらお二方もそれなりには釣れているみたい。
上流を釣らせていただいたお礼とご挨拶を済ませ、また雪の林道を1時間ほど歩きへとへとになりながら山から出る。

あー。疲れた。
もう今日は釣りはいいや。帰ってメシ食って寝よ。


・・・なんて、そうは問屋が卸しません。
そうです。その釣果を見て、長男さんが黙ってるわけがありません。。。

ということで、ランチを済ませて午後はまた違う川へと出撃。
目的地は浅水川。
ここはたぶん釣れると思うのだけども、いまだにまだ一度も入ったことはなかった川。
その浅水川でも、温泉(新郷温泉館&野沢温泉)の流れ込む支流が合流する地点よりもさらに上流を目指して自動車を走らせる。
しかしどうやら行き過ぎたようで、あまりにも上流すぎて水がない・・・

そんな感じで入渓地点を探して右往左往。
ようやくここら辺ならいいかな・・・と入渓するも、悲しいかな午前中と思われる釣り人の足跡が・・・。

しかし、先行者がいるということは裏を返せばつまりこの川は釣れるということ。
竿抜けをしているポイントがあることを祈りながら釣りのぼり始めたのだけれども、これまたこの先行者は雪の上を歩くことを相当嫌っているようで、沢の中を歩いて釣り上った様子。
当然そんな沢を後追いしたってサカナが出るわけがない・・・。

深い淵の底を探ってようやく二匹を釣り上げるも、長男に至ってはアタリすら得ることができず。そんな感じでどうにも労力と釣果が釣り合わないし、なによりこの浅水川上流域は傾斜の少ない湿地帯を流れていて、川底も土っぽい沢なのであまり釣趣がよろしくない。
そこで長男と相談して、やはりここはひとつ、再度、妙返川へと入ってみることに。
あそこならば午前中に様子を見てきたので入渓地点を探してうろうろすることもないし。

ということで山地をまたいで大移動し、午前中に引き続きまた妙返川へ入渓。
とはいえ時間もかなりおしているし、当方はスノーシューを履いているけども長男はツボ足。
なので山に入ってすぐの、午前中は先行者がいてパスした下流域を攻めてみることにする。

当方はすでに、今日はもういいやモードに入っているので、とりあえず一匹でも長男に釣らせるべくポイントだけを探してあとは傍観のつもり。

・・・だけどダメね。
見ているとつい口も出るし、しまいにはお手本を見せてやる。なんて言いながらそのポイントのサカナを抜いちゃったりして結局長男はヤマメを一匹釣ったきり。
当方はといえば、その「お手本」で3匹も釣っちゃった・・・。

その後、いつの間にかおだやかだった天候が一転、雪がちらつき風も出てきた。
そろそろ時間もなくなってきたし・・・ということで本日はここまでにして切り上げて退渓。
エイプリルフールの大嘘つき大会をしながら(例:道路わきの側溝を覗いて「おおっ!でっけえイワナがいる」・・・など)歩いて山をおりて撤収。

いやはや疲れた・・・。
いかにスノーシューが雪道歩きに有効とはいえ、さすがに重くて負荷がかかるために(当方、デブのために体重があるのでスノーシューも必然的に大きいものを選ばざるを得ないために、それ自体の重量もかなり重くなってしまう)股関節が痛い痛い。。。
でも、それだけの労力に見合う楽しい釣りができたので大満足でございました。



ちなみに。

本日は久しぶりにキープしたサカナを焼いて食べましたが、ヤマメもイワナもやっぱりうまいね。
オサカナさんの命に感謝。

↓ノリノリで内臓の処理をする長男(+座敷ワラシ)。

DSC00284.jpg


↓かっこいいイワナ(まだ生きてる)の持ち方をする長男(+座敷ワラシ)。

DSC00285.jpg


↓長男が全部処理してくれたので楽チン楽チン。

DSC00286.jpg


ということで本日はここまで。
なんだか川の雪代も本格化してきましたが、山の雪はいつになったら消えるのか・・・。
はやく山の中の渓でテンカラしたいなぁ。。。





<データ>

 天候:晴
 気温:-3.6~6.6度
   (観測点:三戸 日最低~最高気温)
 場所:妙返川・浅水川 
 水位:0.45(五戸川 又重)
 釣果:妙返川 ヤマメ 3匹(コッパ~27cm)
          イワナ 8匹(21~27cm)
     浅水川 イワナ 2匹(18~22cm)
  竿:シマノ早雪ZJ53 超硬調
 仕掛:チョウチン(2m通し、ナイロン0.6号)
  鉤:オーナー イワナ7号
 エサ:キジ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おぉ~っ!!
すんごく良い感じだったのですねぇ~

小袖針のストックは有ったかなぁ~

Re: No title

>原渓さん

いやあ久しぶりにいがったですぅ~。
毛鉤もいいですけど、濁りがあるときはやっぱりエサ釣りの独壇場ですね^^

原渓さんはエサ釣りの際には小袖を使うんですか??

No title

いいなぁ~、大漁ですねぇ☆
今年はまだワカサギしか釣っていない当方でゴザイマスよ

こちらでの初釣行は何時になることやら・・・・・

No title

なんともまぁ羨ましいw
濁りでもフライを沈めれば全然いけますよ!
某大御所はカフェオレ色くらいなら釣れると仰ってましたので。
日曜はこちらも大増水でして、久々に入った川でコッパ~20cmくらいのを8匹ほどでした。サイズはともかくなかなかの高反応で楽しめましたよ。

No title

何気に超硬調をしようされておりますね。

いや、しかし、岩手は県南河川がセシウムの野郎のせいで自粛という名の禁漁に追い込まれそうな感じですこししょんぼりです。

混むんだろうなあ、閉伊川。

ぼちぼちと餌釣り仕掛けを作っておりましたが、この大雨で週末も無理そうで更にしょんぼり。

ドーム船にでもいってこようかしらん。

小袖でなく袖

私の餌釣りは川虫かサシドリなので針は小さめです。
袖針の3号が標準かな。

釣り道具のクリアーボックスを開けたら銀輪の0.6号の50メートル巻きが3巻も出て来た...

毎年買っているからなぁ~

No title

青森遠征ご苦労様でした!
奥様の実家は素晴しいところにあるんですね~。
沢の中を歩くって、後続者には釣らせん!ってことでしょうかね(笑)
まぁ気持ちはわからなくも無いですが・・・。
長男君が内臓処理してくれるなんて、なんて親思いの息子なんでしょうか!うらやましい(笑)ほんと面倒ですよね・・・。

Re: No title

>MK@YUKIさん

大漁はよかったのですが、翌日&翌々日は筋肉痛で死んでました。。。

渓流の本格シーズン前にお引越しでドタバタでしたもんねぇ。
三重での釣りのレポ、楽しみにお待ちしてます☆

Re: No title

>双雪さん

ええええ。濁りでもフライでイケちゃうんですか?
濁り=匂いで食わせる
というイメージしか当方にはなかったです。

コッパ~20cmサイズとはいえ8匹も掛ければ、それはそれは楽しめたのではないでしょうか。
いいなぁ。毛鉤でむっさむさとヤマメを抜きたいなぁ。。。

Re: No title

>すっとこさん

昨年買ったまま放置していた早雪SJなんですが、小継なのでリュックにすっぽり収まるもんで藪漕ぎなんかが多い釣行にはぴったりなんですよ。
普段は硬調ばかりなので、超硬調だとアワせ切れしたりとなかなか苦戦していますが(笑

セシウムのファッキン野郎ですが、ほんとうに大迷惑ですよね。
とはいえ『無主物』だそうなので、誰を責めることもできませんけども(嫌味)。

県南河川が軒並みアウトだそうですから、閉伊川は今年は激戦区になりそうですよね。
ああ行ってみたかったあの川やこの川・・・。
おそらく当方が生きているうちには元に戻ることはないんだろうなぁ。。。


この嵐ですから週末は厳しいかもですねぇ。
ドーム船はどうなのかしら。釣れているのかしら。

Re: 小袖でなく袖

>原渓さん

袖の3号というとかなりの小型ですよね。
結ぶのが大変そう(最近老眼が始まってきたようなので)・・・。

> 釣り道具のクリアーボックスを開けたら銀輪の0.6号の50メートル巻きが3巻も出て来た...

わかります!
しかも決まって0.6号。
0.4が欲しくて探しても、出てくるのは銀鱗の0.6号なんですよねぇ。
釣具屋で買うものがないとつい買ってしまう自分が悪いのですが(笑


そういえば例のデジカメ。コナンに行ったらもうなかったです(涙目

Re: No title

>けんさん

遠征とはいえ片道2時間程度の青森県南地方なんですけどね(笑
でも実家の裏(歩いて3分)でイワナが釣れるので環境は素晴らしいです。

いやあ、残雪の上を歩くとハマってハマって大変ですから、浅い沢だったらそっちを歩いたほうが楽なのは理解できます。
でもなぁ・・・(笑

長男ですが、生粋のサカナバカなので内臓処理も自ら進んでやります。
最近はスピードも上がってきて、10匹始末するのに30分もかからないみたいです。
・・・これがいつまで続くか・・・ですが(笑

デジカメ

あらら...
売り切れでしたか。

本当はもっと小型で軽い物が有れば良いのですが..
携帯は川では怖くて使えません。

Re: デジカメ

>原渓さん

残念ながら(涙

ですが、ちょうど見つけたジャンクノートPCが、今使っているバックライト死にかけのノートPC(液晶がチラチラしはじめている)とほぼ同じ型なのでニコイチで修理できるかも^^
バックライトだけネット通販で買って、交換すれば一番安くあがるんだけども・・・。

今は機種変更であまった古い携帯をカメラ代わりに使っていますが、起動は遅いし保存も遅いし画質は暗いし・・・。
ジャンクのデジカメをヤフオクで買っても、送料分もったいないしでなかなか悩みどころです(笑
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。