12.03.20 氷上釣り(9) 岩洞湖

あははははは。

もうおしまいと何度宣言したことでしょう。

まあそんなこと、笑ってごまかします。

ということで、昨日は会社が定休だったものでほんとのほんとに最後のワカサギ釣りをしに岩洞湖へと行ってきました。
いや、本当は渓流釣りに行くつもりだったんですが、前日の午後からの雪や、天気予報での気温などを勘案するに、どう考えても山の中で渓流釣りをするような状況ではないかな・・・と。

ということで、春休み中の長男も引き連れて(次男はお友達の家で遊ぶ約束があったそうで本日は同行せず)出撃。

しかし当日の朝、すでに倉庫にしまっていたワカサギの道具を引っ張り出して準備をするのにかなり手間取ってしまい、出発したのはすでに明るくなりかけていた早朝5時。
現地まではテロンテロンの凍結路面でスピードを出すことも叶わず安全運転。

この時間だともう小石川はいっぱいかなぁ・・・などと思いながらも現地に着いてみると、意外や意外。
小石川の駐車場は湖面側もまだまだスペースが残っていたので余裕で駐車可能。
手早く身支度を済ませて、すっかり夜が明けた湖上をソリをひいて進む。

さて湖面に立ち、今朝は左、右、まっすぐ・・・どこに行こうか。と、長男としばし相談するが、あまり根拠もなくなんとなく左方面に行きたいという長男の意見を採用、対岸左へと向かう。

そしてたどり着いた対岸左。
すでに数張りのテントが列を作っている。
しかしその列は当方が想定していたラインより意外と湖央寄り。
川筋の最深部はおそらく向こう岸ギリギリのあたりだと思うので、緩やかなカケアガリの真ん中あたりを狙っているのだろうか。
とりあえずそのテント列に倣って一発穴を掘り、魚探を使い水深を測ってみると、どうやら3.8mほどとかなり浅い。

うーん、ちょっとあんまりにも浅すぎやしないかい。

ということで最深部をまずは割り出すために岸寄りまで進み、ヒィヒィ言いながら穴を掘り堀り魚探で探る。
そして掘ること15個。どうにか水深は6mほどとイイカンジの場所は見つけたが、肝心の魚影が・・・。

仕方がない、ここら辺で妥協して・・・

と思ったら、

「すみませーん」

と、後からこの場所にたどり着いた釣り人から声を掛けられる。
何事かと思い近づいて行くと、「水深はどのくらいでした?」とのこと。

一番深いところで6m前後ですかねぇ。

なんて受け答えをしていたらなんと、その後から来た釣り人は当方のリアル知り合い。

「あれー!なにやってんの?」

などとお互いにビックリしながら情報を交換する。
しかしそのリアル知り合い、カラーの魚探に電動のドリルと、なんともハイテクなすばらしい装備。
せっかくなのでその最新のテクノロジーに相乗りさせてもらって一緒にポイントを選定する。

その後、彼らはやはり先客のテント群近くに、当方は深めの岸寄りにお互いのテントを設置して釣り座を構えてレッツスタート。

6時ちょうど、先にまずは長男が仕掛けを降ろすと、もうしょっぱなから入れ掛り。
曇るメガネに手を焼いてエサつけさえままならない当方を横目にバンバンと釣り上げている。
そしてやっとのことで当方が仕掛けを降ろしたときにはすでに9匹を釣って得意満面。

よーし、お父さん本気を出しちゃうぞー。

もうここからはバンバン。
子供相手に大人気ないけども開始10分で長男の釣果を超し、そこからも順調に釣果を伸ばし一時間で40匹ほどとまずまず。

しかし・・・
あれ。なんだかシブいな。

と思い始めたときには時既に遅し。
いつの間にかモロコ祭りに強制参加させられていて、しばらくの沈黙の後にやっとアタればモロコ。
モロコ。

モロコ。

・・・。

長男はといえば15匹くらいまでは順調だったがそこからは穂先がピクリともしないらしい。
これは自分が使っている穂先(カーボン扁平穂先)が硬くてアタリが見えないせいだ!とキレだしてうるさいし面倒なのでここで当方の愛用のラミネート穂先と交換してやる。

当方はそんな穂先の違いは別にハンデにもならんですよ。
・・・と思ったら。

見えねぇ。アタリが見えねぇ・・・。
どうにも硬くてチビワカの微弱なアタリがまるで見えない。
それでもなんとかかんとかカラアワせを駆使してポツポツと拾っていく。

ラミ穂先の長男は、変えた直後こそ数匹の釣果に恵まれたが、そこからはまるっきり。

うーん。
止まった。完全に止まった。
エサを替えるとその直後に2回くらいはアタリがくるが、なかなかそれを乗せることができない。
で、それを逃すとまた沈黙。
⇒エサ替え ⇒数回アタリ ⇒沈黙・・・

このパターンが延々と11時まで続く。
このシブさに、当然長男などはとっくの昔に音をあげてリタイヤ。オヤツを食うんだかどこかへ散歩に行くんだか釣りなどそっちのけ。たまに戻ってきてちょっと竿を持ったかと思えば「釣れねぇ」だと。
そんなんで釣れるほどワカサギは甘くないのだよ!

まあそうは言えども、実は当方もすっかり飽きてしまって、お茶を飲んだりカップラーメンを食べたりとかなりまったりモード。
そうこうしていたらお隣の知り合いは60匹近くを釣ったのでそろそろ撤収するそうで。

ここで時刻は11時ちょうど。

うーん、まるっきり釣れないしこっちも引き上げるとしますか。
と思って、ここまでの釣果をカウントしてみると、なんだかんだで76匹のスコア。
長男は・・・22匹。・・・足すと98匹かぁ。

よし。二人あわせて100匹になった帰ろう!

と、二人で気合も新たに竿を持つ。

すると。
あっさり当方が二匹。


あれ。
もしかしてプチラッシュが来てるような感じがするんですけど?

すでに、二人合計で100匹をカウントしたのだけども、せっかくなのでもう一回仕掛けを降ろしてみる。

・・・ピクン!
おおお。入れポン!!

よーし、ここまできたらお父さん80匹目を釣るまで帰らないぞー!


・・・と思ったら。
いつものパターンだけども最後の一匹がどうしても釣れない。
やっと、ピピピ!ときたアタリをすかさずアワせて巻き上げるとモロコ。しかも無駄にデカい。

その後、やはり最後の一匹がどうやっても釣れない。
長男はすっかり帰る準備を終えて、早くしろ早くしろと当方を急かす。

ああ、もう諦めちゃおうかな。
・・・でも今シーズンの最後に釣ったのがモロコ(大)というのも不名誉だしなぁ・・・。
と、半ばココロも折れかけた11時30分。

念願のアタリをようやくモノにして無事に80匹目をゲット。
やっと釣れたー!

ということで5時間半ほど釣って80匹と、別にスコアは見るべきところがあるわけではないけど、なんだかすごい充実感を得て今日の釣りはおしまい。
強い風の合間を盗んで手早くテントを畳み、今シーズンも無事に終えることができたことに感謝を込めて釣り場に一礼し、撤収。

いやあ、今シーズンもやっと終わりましたって感じです。
・・・と言ってるけどまたワカサギに行くんでしょ?とお思いの諸氏。
大丈夫、もう行きません。

・・・たぶん(汗


ということで本日はここまで。

ちなみに実はこの日、帰り道に米内川に寄り道して、風雪の中、寒さをこらえて竿を出しましたがコッパヤマメちゃんが数匹釣れておしまいでした。。。
気温はなかなか上がらないし、渓には残雪ものっこりとあるしで渓流はまだもう少し先なのかなぁ。
加えてガソリンも暴騰しているため、燃費のいいバイクで移動できるようになるまではちょっと朝練の頻度も下がる見込みです。




<データ> 

 天候:晴(強風)
 気温:-7.4~-1.4℃(観測点:藪川 日最低~最高気温 ) 
 場所:岩洞湖 小石川対岸左(水深5.3m)
 タナ:ベタ底
 釣果:80匹(モロコ他:かぞえきれねぇ) 長男:22匹
 エサ:紅サシ
 仕掛:5本エダス(狐1号 フロロ)
 オモリ:2.0g
スポンサーサイト

tag : ワカサギ 氷上 岩洞湖

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様です。ワカサギも終わりと思いきやまた行ってましたかw
記事にはしてませんが雫石は1回行くと1匹やる気のあるのがかかるかどうかって感じです。(ニンフが下手&この時期の着き場がまだ分かってないとも言う)
温泉が流れ込む某河川で昨日遊んでみましたがいやはや風雪が厳しいのなんの。1バラシで終わりでした。
釣れなくてもスノートレッキングになろうとも懲りずに行くのであります。

Re: No title

>双雪さん

こここここんどこそほんとにおしまいだもん!

渓流ですが、エサでもあれほど厳しいのに毛鉤となればいったいどうなっちゃうんだろう・・・(ガクガクブルブル
なので、いまだ今年は一度も毛鉤を振っていません。
というか、なぜ休みの日は決まって天気が悪いのだろう。。。

しかし25日で岩洞湖も終了となるようですので、これからは僕も、もしスノートレッキングになろうとも渓流で頑張らなくては。

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR