スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.02.21 氷上釣り(6) 岩洞湖

本日火曜日はお仕事が定休だったので、お約束のように岩洞湖へテント遊びをしに行ってきました。
ただ、昨晩が飲み会だったもので、朝は5時半に起きるのがやっと。
そこから二日酔いで痛い頭を抱えながら、ノロノロと支度をして夜が明けてから出発。

さて本日の目的地はといえば、行きの道中でエサを調達しに寄った工藤酒店の釣果ボードを見た結果、第4ワンド周辺に決定。
特に通称:3.5と呼ばれる第3ワンドと第4ワンドの中間の岬周辺の調子がよさそうだったのでそこを目指すことに。

すっかり明るくなった7時ちょっと過ぎにキャンプ場の駐車場へと到着。
モサモサと降っていた雪は少し小降りになってきているものの、少し風が強い感じ。

さて、さっそく湖上に降りて穴選び。
まずは先にテントを張っている方たちのラインを参考にここら辺かな・・・と穴あけ。
すると水深は10m前後と狙い通り。
肝心の魚影は・・・ちょっと心もとない。

しかし水深は狙い通りということで、この地点の周囲に穴を開けまくって良さそうな場所を探す。
そして10個ほど穴を開けたところ、湖底にかなりの反応を示す穴を発見。
しばらく様子を伺ってみたけども、濃い群れから小さい群れまでひっきりなし。
これは爆釣だぜ!

よし、これで場所は決まった。
さてテントでも・・・


・・・あれ。

テント

無い・・・。


がーん。
リュックにくくりつけていたはずのテントをどこかに落としてきたみたい・・・
せめてすぐそこに落ちていればいいなぁ・・・
と一抹の期待を胸に、来た道を戻る。


が。
駐車場まで戻るもテントは無い。

とぼとぼと、湖面に置き去りにした荷物の元へと戻りながら、もしかして・・・と、当方のすぐ後に湖面へと降りた釣り人さんがテントの設営準備をしているところへお邪魔して、どこかにテントが落ちていなかったかをたずねてみることに。

それがビンゴ!
どうやら途中で拾ってきてくれたようで、声をかけようかと思っていたらすでに当方の姿がなかったから声をかけそびれたとのこと。
お礼を言ってテントをいただき、早速テントを設営。
しかし、恐れていた風が吹き始めてなかなか大変。
ペグとアンカーで強固にテントを固定して、やっと一息。

さて、ストーブでも点けて・・・

・・・あれ。

ライター

無い・・・。


がーん。
いつも上着の内ポケットに入れているはずのライターがない。
まあ、こんなこともあろうかと・・・と、リュックのポケットに予備で入れていたはずのライターもない。
つまり、重たい思いをして持ってきたストーブやらコッヘルやらラーメンやら水やらは、完全なデッドウェイトだったということですか。ああそうですか。

幸い、風は強いものの気温自体はあまり低くなかったし、雪もやんで時折日がさすのでほどほどに暖かい。
なのでストーブのことはなかったことにして釣りだ。釣り。

前回の堰堤では電動リールの使い心地がよかったので、今朝も電動リールを投入。
仕掛けをつけてエサをつけて・・・


・・・あれ?

電動リールの電池

切れてる・・・。


ああ、釣りを始めるまえにすでにココロが折れそうだよ・・・。
しかし、仕掛けを落とし込む前に電池ぎれに気づいてよかったよ。
これが落とし込んだ後だったら大変なことになるところだった。

ということで急遽手巻きリールをセットアップ。

そしてやっとのことで最初の仕掛けを落とし込んだのは朝8時ちょうど。


魚探の反応は湖底付近。
ベタ底でフカセ気味に誘いを掛けていると即ヒット!

釣れる釣れる。
8時~9時はバカスカと釣れて一気に25匹。
9時からはちょっと釣れない時間もあったものの、ときどき群れが回ってくるようで、魚探のアラームが鳴ると立て続けに3、4匹釣れる・・・という感じ。

10時30分を過ぎたあたりからはひんぱんにエサ替えしないとアタリさえこなくなるも、それでも待っていれば時々小ラッシュがくる。
なんとかこの時間帯の誘いパターンもわかってきたし、これは午後まで頑張れば、今年初の束釣りも夢じゃないかも!


・・・なんて思ったところ、11時頃に自宅から電話がきて本日はこの辺で強制終了。
結局11時30分まで釣って、数えてみたら賞味3時間半で61匹の釣果。

なんだ。束釣りとか言ってたけど、全然届きそうにもなかったよ(笑
でも、後半の時間帯に巨大ワカサギが連発で釣れたもので、ジップロックに詰めてみたらかなりのボリュームでした。


ああ、なんだか散々な一日だったけど、楽しかったからまあいいや。

それに。


なんと、今日は一匹も釣れなかったんだよね。モロコ。
それだけでなんだか幸せな気分になれました。
ちなみになんとなくですが、ワカサギの釣果も上向いている気がします。
前回、今回と行ってみて、2月はじめのような壊滅的にアタリがないという状況ではなくなった感じでした。



ということで本日はここまで。

あと一週間で渓流も解禁。
今年は県内共通券を申し込みしちゃったので、いろんな川に行きたいと思っています。
それまでにあと何回ワカサギに行けるかなぁ。





<データ> 

 天候:雪/晴雪(強風)
 気温:-4.5℃(観測点:藪川 日最低気温 ) 
 場所:岩洞湖 第3.5ワンド(水深10.3m)
 タナ:ベタ底
 釣果:61匹(ノーモロコ!!)
 エサ:紅サシ+白サシ
 仕掛:5本エダス(狐1号 フロロ)
 オモリ:2.0g
スポンサーサイト

tag : 氷上 ワカサギ 岩洞湖

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様です。

ついに戻ってきましたか。
本当にどうなることかと。

電動の電池切れは萎えますよね。
僕も先日やらかしたので最近はコートのポケットに予備電池を常備しております。

いい感じになってきているのでしたら次の土曜あたりに第五あたりでまったり手繰りでもしてまいりましょうかしら。

Re: No title

>すっとこさん

毎度様です^^

あくまでも「そんな気がする」というレベルですが、このヘボでもそこそこ釣れているのも事実なので・・・。
爆釣はないにしろ、爆死だけはしなくて済みそうな感はありました。

電池切れですが、予備があるもんねーと思ったら単三ではなく単四でした(涙
しかも帰り支度をしていたら、しっかり単三も4本出てきたり・・・。

いいですねー。第五。
今度の土曜日か日曜日は当方も第五あたりにと思ってました。
いつもは湾の奥なので、今度は湾の出口あたりにでも・・・なんて。

No title

ノーモロコおめでとうございます!
っていうか、テントを落とすって!!
ライターも電池も(笑)ツイテナイ日ってとことんついてないんですよね~。
気温が高めでも、氷点下でよくストーブ無しでがんばりましたね・・・。
今の岩洞湖で午前中に61匹は良いと思います!

Re: No title

>けんさん

まいどさまです。
ノーモロコは近年稀に見る快挙だと自画自賛しております。

当方の単独犯用テントは、幕体と骨に分かれるのですが、そのうち骨はドリルバッグに、幕体をリュックにくくりつけているんです。しかもこれがかなりコンパクトなうえに雪の上に落ちたのでまるっきり気がつきませんでした(汗

電池もライターも実は携行していることが後日発覚したのですが、二日酔いで回らない頭のせいでまるっきり見つけられなかったんですよね。。。

ここ最近、だいぶ釣果があがってるみたいな噂なので、明日は是非束釣りを達成して今年のワカサギを締めくくろうと思っております。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。