スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.02.18 朝練(16) 岩洞湖

本日もテントを張って遊ぶために岩洞湖へ行ってきました。

お仕事の都合がなんとかなったもので、今朝はちょっとゆっくりめに出発。
週末とあって大行列の外山街道を走り、レストハウスに到着したのは夜が明け始めた6時15分頃。


さて本日の目的地は岩洞ダムの堤体である堰堤前。
今年はまだここに来ていなかったし、なんとなく深そうだからもしかしてウハウハかも・・・といういつもの適当理論で決定。

まずはレストハウスの駐車場へ自動車を停めて、黙々と歩くこと15分ほど。
(堰堤の脇からすぐにこれるみたいだけど、アプローチがすっごい斜面という噂なのでパス。)
堰堤の前にはすでにテントが数張りあって、みなさんすでに釣りを開始している模様。

それではと、堤体からほど近い、みなさんと同じくらいのライン上にまずは一発ドリルで穴をあけてみる。
そしてそこの水深を測ってみると意外なことに9mほどと、あまり深いともいえない感じ。

えええ。ここってそんなに浅いの?

ここで冷静になって考えてみると、このダムってロックヒル構造なので、堤体に近づくにつれて湖底の堆積物が増えて浅くなるのはあたりまえ。
ということは、堤体から離れていけばなんぼか深くなるんじゃね?

今の穴から15歩刻みで堤体から遠ざかりながら穴を開けてみると、果たして予測は当たっていたようでずんずん水深は深くなり、どうやらこのあたりはけっこうな勾配のカケアガリになっていることが判明。
そして遠ざかってみたり近づいてみたり、横にずれてみたり・・・と何個か穴をあけて様子を見てみたところ、水深14m地点の底のあたりになんとなく生物の反応らしきものを発見。
その周辺にさらに数発穴を掘って、一番良さそうな場所を選びテントを設営する。

水深が14mもあれば手巻きはやってられないので今朝もリールは電動リール。
それにちょっと重めのオモリをセットして、穂先も固めのをチョイス。
仕掛けは昨日、仕事の用事でホーマックに行った折、ついでに買ってきたガマカツの岩洞子F1とかってやつ。

さてそれでは早速・・・
と、その前に魚探でタナを確認しないと。

するとやはり底付近に反応があるようなので、急遽底鉤を追加して7時ジャストに最初の仕掛けを降ろす。

・・・オモリが着底してすぐにプルプルと穂先が揺れる。
これを冷静にアワせてリールを巻き上げてくると、開始早々にボーズ逃れとなる一匹目のワカ様とご対面。

おおお。これはいいかも!

と、5匹までは快速。

しかし、なんだかアタリが遠くなってきた感じ。
ちょっと待ってよ。まだ10分しか経ってないのに・・・(涙
魚探を見ると、開始直後と同じように反応はビンビン。
なのにこのシブさとは一体・・・??

もしかして・・・
と、魚探の振動子をためしに魚探用の穴から釣り穴のほうに移してみると、肝心の釣り穴のほうは湖底になんの反応もない。
だだだだ。これだばダメだ。

急遽釣り穴と魚探穴を交換して仕掛けを落とし込むと・・・。

まさに入れポン!
しかも落とせば当たる!

仕掛けを湖底まで落とし込む時間を少なくするために、オモリを重くしたりそれ用の穂先に変えたりと、ドタバタしながらも8時までには25匹をゲット。
よーしこのまま50匹を目指しちゃうもんね!

・・・なんて思ってたらだんだんと失速。

8時から9時の一時間では15匹追加するのがやっと。
シブいとはいえ、入れポン状態で何匹か連続して釣れるときがあったと思えば、誘って誘ってやっとくるような小さいアタリを拾わされたりと、状況は一定ではないけどもそれなりに飽きずにアタリはある感じ。
これが撤収時刻の9時30分まで続き、ちょうど45匹目を釣り上げたところでタイムアップ。

強風の中、テントを飛ばしそうになりつつもなんとかパッキングを終わらせて、週末とあってにぎやかな湖面をテクテク歩いて帰ってまいりました。
いつもながら、こんな時間に帰る人なんてまずいないよね。

それはそうと、久しぶりにワカサギ釣りって感じの釣れ具合で、2時間半の釣りとはいえ今朝はなかなか満足しました。
いつもこれぐらい釣れれば楽しいんだけどなぁ。


ということで本日はここまで。
気がつくと渓流解禁まであと10日ほど。
そろそろ本気で年券やら仕掛けやらを用意しておかないと。



<データ> 

 天候:晴/雪(中~強風)
 気温:-17.4℃(観測点:藪川 日最低気温 ) 
 場所:岩洞湖 堰堤前(水深14m)
 タナ:ベタ底
 釣果:45匹(モロコ:6匹)
 エサ:紅サシ+白サシ
 仕掛:5本エダス(狐1号 フロロ)
 オモリ:1.25g+ガン玉B号(追加ウェイト)
スポンサーサイト

tag : 朝練 氷上 ワカサギ 岩洞湖

コメント

非公開コメント

No title

レスト直下32匹でした。

渋かった…。

というか2M仕掛け、トラブル頻発で使い物にならず。
結局いつもの1M仕掛けにいたしました。

いいですなあ、その釣果。

Re: No title

>すっとこさん

お疲れ様です。

レストの下というとかなり深いところですか??

しかし2mですか・・・。
僕はいつも仕掛け長が50cmくらいで、5本エダスのヤツですが、たまたま気まぐれで7本エダスを使っただけでトラブりまくりで釣りになりませんでした。
なので、さらっと1M仕掛けを「いつもの・・・」とか言っちゃうあたりがスゴいと思います(笑


4日と開けずに行ってるんですもん。
たまには釣れないほうがおかしいってもんですよ^^;

No title

なかなか良い感じだったみたいで羨ましいです~


さて先日の釣行のお話ですが
当方の同行者(3人)の釣果は70~100といったところ
特によく釣れた時間帯というのは無かったようですが、釣れていたのは~10:30までで、そこで止まってしまったとの事でした


ん~~、ワタシだけ24匹てのはどういうわけやねん・・・・
ちょっと離れてただけなんですけどねぇ

Re: No title

>MK@YUKIさん

毎度様です^^

なるほどー。
なんとなくですが、7時30分~10時前後というのがここ最近の釣れ筋なような気がします。
とはいえ、釣れる穴は一日ずっと釣れるみたいですが・・・

ほんと、僕も先日は30cmしか離れていない2つの穴でさえ、釣れる・釣れないの差がはっきりしてましたから。
一体何の違いがあってのことなのか、当のオサカナに理由を聞いてみたいところであります。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。