スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.01.30 朝練(10) 岩洞湖

いやはや寒気が居座って寒い毎日ですね。

今朝は岩洞湖の年券の期限が昨日までだったので、新しい年券を作りに行って参りました。
本当は昨日、朝練がてらレストハウスに寄って・・・とも思ったのですが、休日のレストハウスの忙しさは一応わかっているつもりですのでヤメ。
朝練後に手続きのお願いだけして後で取りに行くということも考えましたが、なんだか億劫だったので昨日は黙って寝てました。

そんなこんなで今朝。
とりあえず年券の手続きのお願いだけをしてそのまま帰ってくるつもりだったのですが、さすが平日。
レストハウスもあまり忙しくない様子でしたので、年券はその場で作成していただけました。

ということで券が手に入ったこの時点で時刻は朝の4時50分。
それでは帰りましょうかね・・・と思ったら、なぜかトランクに釣り道具が一式積み込まれていましたので、仕方なく湖面に寄り道することに。
ランタンも修理したから、それの実践テストもしたかったしね。


さて、せっかくレストハウスまで来たので、今朝はロープ脇で朝練
前回(1月22日)は水深15m近辺でけっこういい感じだったので、おおよそ同じ位置を探して穴選び。
水深17~15mの近辺をうろうろしながらたどり着いた15.5m地点で、湖底になにやらうごめく反応があったので、今朝はここでレッツプレイ。

テントを設営して5時30分にスタート。

しかしいつものパターンで申し訳ないんだけども、まるっきり無音。
穂先がピクリともしやがらねぇ。
魚探は相変わらずベタ底になにかがあることを示しているけども、湖底に落とした仕掛けにはなんのリアクションもないまま時間だけが過ぎる。

DSC00215.jpg


そして30分後。
誘いにも飽きて置き竿にして紅サシと遊んでいたら、やっと本日初のアタリ。
ラッキーなことに、向こうアワセでかかったようで、難なく一匹目のワカ様をゲット。

よし。ここからゴールデンタイムの開始か!
と思ったら、ただのはぐれワカだったようで、ここからはまた無音。

でも少なくともこの場所にもサカナがいることはわかったので、ここからは置き竿にすることなく頑張って誘いを続ける。

すると、突如ビククン!と大きなアタリ。
とっさにアワせると、穂先のカーブはかなり大物を予感させ、巻上げるリールのハンドル越しにもずっしりとエモノの重さが感じられる。
これはウグイ・・・はたまたヒメマス・・・。

と思ったら。

でっかいモロコ。
いや、マジでデカイ。ぱっと見には小さめのフナかコイって感じ。
昨年は第5ワンドでモロコの王様みたいなのを釣り上げたけど、今回のもそれに負けずとも劣らぬデカさ。
さしずめモロコの女王といったそやつの姿を、記念に写真に収めようかとも思ったけど、モロコの写真なんて撮っても楽しくないのでヤメ。

まあモロコなんてどうでもいいので即仕掛けを再投入。
すると着底後すぐにヒット!
しかし穴から現れたのはまたもモロコ。サイズはノーマルだけど。

あぁ、ここはモロコ穴だったのか。
女王を釣り上げた呪いで今朝はもうモロコしか釣れなくなったに違いない・・・。

と、投げやりになりながら仕掛けを落として誘いを掛けていたら、またもヒット。
おやおや。またモロコですかぁ?
なんて思っているとやっと出ました本日2匹目のワカサギ

よしよし。
モロコ穴なんて迷信さ。そんなものあるわけがない。

と思ったらまたモロコ。

だぁあああああっ!!

やめようかどうしようか本気で悩み始めた6時30分。
なんだかいきなりアタリの数が増えてきて、パタパタと3匹追加。
来た!やっと来ましたワカサギタイム!

しかし、モロコよりも厄介な「Ben・E」というヤツも来てしまいまして、このまま作戦行動を続行することはかなり危険な状態に陥り、テントと荷物はそのままにしてとりあえずレストハウスに駆け込みサブミッションをこなしてからここに戻って撤収作業を・・・とも思ったけども、時間がもったいないしなにより面倒だったので、もったいないけど本日はここで撤退することに。

腹の中の悪魔をなだめすかして荷物をまとめてテントを畳み、早足で湖上を後にする。




結局、釣果は5匹と振るわなかったけども、もうちょっとやってれば違ったかもなぁ。
まあ、あの状況で続けることは不可能だったけども。

そういえば今朝は-25.8度で今季最低気温だったようです。
なんだかすっかり感覚がマヒしちゃってて、あんまり寒く感じませんでしたが。


ということで本日はここまで。

年券も新しくなったし修理したランタンも絶好調なので、寒気に負けず朝練に励もうと思います。


<データ> 

 天候:晴/雪(弱風)
 気温:-25.8℃(観測点:藪川 日最低気温 今季最低) 
 場所:岩洞湖 ロープ脇(水深15.5m)
 タナ:ベタ底
 釣果:5匹(モロコ:3匹)
 エサ:紅サシ+白サシ
 仕掛:6本エダス(袖1号 エステル)
 オモリ:2.5g
スポンサーサイト

tag : 朝練 氷上 ワカサギ 岩洞湖

コメント

非公開コメント

えー

ものすごい寒さ
たぶん体験したこと無い寒さだとおもいます
ワカサギで釘が打てますよね テントであんまり暖房すると酸欠が怖いし 氷が解けて びしょびしょになるし

なんかうまく当たりませんね 時間かな 場所かな 一日やらないと結果だけではわかりませんね
今度蛍光塗料が針の根元に塗ってあるやつ使ってみたら?
秋田狐 の2,5号 3号あたりで  ほんとなら しゃくっているうちにスレで掛かってもいいんだけどね
期待します

No title

極寒の中、朝練ご苦労様でした・・・。
ロープ際は、昨年釣っても釣ってもモロコだったの行きたくないです(笑)
日曜日に会社の人達と行く予定なのですが、マイナス20度越えは確実なので迷ってます。
平日に行きたい!

No title

「Ben・E」に勝てるヤツはいません
-30度よりも強敵です

幸いにして未だ襲われた事はないですが、いつ襲撃をうけるのかと戦々恐々しております


暗いうちならそこらへんでやっても他人のふりが出来ますけどね~(笑)

Re: えー

>はんちゃんさん

寒いですよ。ほんとに。
釘が打てるほどとはいきませんが、釣ったエモノをそこらに転がしておけば数分でカチンコチンです。
テントの暖房ですが、このレベルの気温になると氷が解けるということはないです。
吐いた息が霜になってテントの内側が凍りつくほどなので、暖房がないとちょっと厳しい感じです。

釣れている人は釣れているようなので、場所も時間も・・・だと思います。
蓄光玉つきのハリは今も使っていますが、効果は・・・(笑

まだシーズンは長いので、気長にがんばることにしますです^^

Re: No title

>けんさん

いやあ連日極寒ですね。。。
この気温が続くと、さすがの当方も出不精になっちゃいます。

日曜日あたりまでは寒い予報みたいですから、お出かけのときはお気をつけて。

岩洞湖はやっぱり平日がいいですよね。
土日はあまりに人が多くて。。。

Re: No title

>MK@YUKIさん

-30度はじっと耐えればどうにかなりますが、ヤツはじっと耐えても去ることはありませんからねぇ。。。(むしろ凶悪化)

真っ暗な時間帯や、渓流みたいに藪が多いところだったらちゃっちゃと済ませることもできますが(笑
それでもなぜかワカサギ釣りのときも、釣り道具を入れているリュックにはトイレットペーパが必ず入っているという(笑
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。