11.08.31 朝練 米内川

会社の引越しのためにレンタカーまで手配してるのに、肝心の引越し日は台風の予報。
いやはや雨男の当方ですがこれはあんまりだ。

ということで、台風の前になんとしても一回は朝練に・・・と思っておりましたので、今朝は久しぶりに米内川へGO。
しかし目覚ましをセットした4時15分。
外はまだ真っ暗。
しばらく朝練をサボっていたら、いつのまにかこんなに夜明けが遅くなってたのね。。。
今朝は久しぶりに渓快2号での出撃なのでちょっと外が明るくなるまでウェーダーに履き替えたりしながら自宅で待機。
6V電装で豆電球のようなヘッドライトのTLM50は、危なくて暗いとまともに走れないのですよ。
さてそんな感じで4時50分に自宅を出発して米内川を目指す。

今朝のポイントは、最近ハマってる堰堤より少し下流の区間ではなく、そこからもっと下流の浅瀬が続く区間。
ここでは昨年、エサ釣りのときになかなかいい釣果をあげたところ。
5時30分に現地に到着するとなんだか水の量はいつもよりも若干多め。
濁りはさほどでもないので今日はテンカラで勝負。
この前の日曜日には、ミミズのエサ釣りで久しぶりに楽しい釣りをしたのだけれども、やっぱり毛鉤のほうが面白いんだよね。

早速ヘルメットを脱いで川に降り、今朝の毛鉤をチョイス。
なんて言ってるけど、ここ最近はイワイイワナ風の毛鉤の調子がいいからずっとこればっかりなんだけどね。
ここらへんのポイントは川幅もあるし、なるべくなら遠くから狙いたいという思惑もあり、ハリスはこころもち長めにセット。

その仕掛けをまずは向こう岸手前にある落ち込みからの開きを狙って打ち込む。

すると即パチャン!と反応。
すかさずアワせるが、これは小さそう・・・。

アワせのモーションだけでピューっと抜けてきたのはやはりニボシサイズのチビヤマメ
しかもスレ掛かり・・・。

やさしくフックを外して、この周辺のポイントに毛鉤を打ち込みまくると、またもやパチャ!っと反応。

これはフッキングに至らずだったけれども、季節的にもう毛鉤はダメかも・・・なんて思っていたのがウソのように毛鉤に反応がありまくり。

だけど・・・なんでフッキングしないんだろう(涙

そんなこんなでやっとの思いで二匹目を追加。

P1010030.jpg

ちいせええええ。
だけども文句は言えないよね。

その後、またスレでニボシサイズを掛けるもそこからは沈黙。
なんとなくだけども、反応が良かった最初の区間は単純に竿抜けだったのかな・・・。

ちょっと反応がなくなってきたので、ここから少し竿を出さずに上流へと移動。
そしていつぞやけっこうな型のヤマメを抜いたプールへと到着。

ここのインレットの脇あたりで確か前回は・・・と、記憶を頼りに毛鉤を振り込む。

すると、バチャン!とかなりの大きい水しぶきが。
おっしゃ!とアワせてみるもこれがまたフッキングせず(涙

一回出たということはこの毛鉤にはもう出ないだろうなぁ。
なんて気を抜いたまま毛鉤を振り込むと、また同じ筋でバシャ!!っと魚体が踊る。
あわてて竿を煽ってみるとゴツン!という手応えはあったものの、どうも掛かりが浅かったのか毛鉤だけが飛んできた。

あああああもったいねえええええ。
尺とはいわないけども、あの重さだとそこそこのサイズだったべなぁ。。。
なんて後悔先に立たず。

そして未練たらしくそのポイントに、EHCやら小型黒やらを打ち込むも、反応は皆無。
時間も時間だし、今日はもうおしまいにしようかなぁ・・・と、最後に物は試し、プールの向こう岸スレスレに打ち込んで流芯に乗せてみたら、ここでまたけっこうなサイズを思わせるアタリ!
おっしゃ!と思ったらこれもスッポ抜け。

あぁあ。
今日はこればっかり。


だけどもいいんだ。
まだまだ毛鉤に反応があるということがわかっただけでも大収穫さ。



ということで本日はここまで。
台風だけど、河川への影響が少なければいいなぁ。


<データ>

 天候:曇
 気温:18.9℃(観測点:盛岡 日最低気温) 
 場所:米内川
 水位:0.06m(中津川 山岸)
 釣果:ヤマメ 3匹(ニボシ~17cm) 全リリース
 仕掛:レベルライン(3.0m)
     +ハリス1.0m(フロロ0.8)
 毛鉤:自作イワイイワナもどき(桑原テンカラ3号)
     自作EHCもどき(天野テンカラ3号)
     伝承風ブチル黒(天野テンカラ2号)
スポンサーサイト

tag : 朝練 ヤマメ 米内川 テンカラ 毛鉤

コメント

非公開コメント

No title

おしい!
ドライフライは陸生昆虫やカゲロウ、蚊などが居ればなんとかなるのです。
解禁当初なんかはニンフを使ったりしますが。
やはりお魚さんのやる気の問題ですよ。きっと。

にしてもイワイイワナに反応してくれるお魚いないのですが・・・なぜ?w

Re: No title

>双雪さん

毎度様です。

いやほんとに惜しいというか悔しいというか・・・(笑

根田茂川では、まさにすぐそこに泳いでいるおサカナに無視されっぱなしで、かなりヤサグレテいた当方ですが、米内川のヤマメちゃんたちはいつもどおり毛鉤に対して反応してくれてうれしかったです。

ほんと、単純にサカナがいる・いない とか、スレているかそうではないか・・・とかそんな問題のような気がしてきました。
なので今年はもうシーズンオフまで毛鉤で通すつもりです。

イワイイワナですが、根田茂川でもガン無視されました。
これってつまるところ、川の環境の違いなのでしょうかねぇ。

No title

浮かしてだめならブチルでGO!です。

といいつつ、最近は貧果ばかりの私ですが。

渓流ラストスパートに向けて、二段逆さを量産しております。
一応、提灯仕掛けとキジも用意しちゃいましたけど。

あと、熊さんとの遭遇はやはり全体的に多いらしいですよ。
地震やら大水やらでクマーも落ち着かなくてうろうろ歩いているってのが理由みたいです。

No title

いつもと同じ釣りをしているはずなのに、何故かバレてばかりの日ってありますね
反応はするけれど本気ではない・・・という事なのかな??


台風のヤロー、この時期に来るなよな~

あと1ヵ月しか出来ないんだからさ(怒)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>すっとこさん

毎度サマでした。
ところが、ブチルで沈めてみても、ぴるぴると竿先を震わせて誘ってみても、まるで反応が・・・(涙

なんとなくですが季節が進むにつれ、毛鉤の選り好みが激しくなってきているような気がします。
単純に賢くなってるのかもしれませんけども。。。

二段逆さ、あれはほんとにいいですからねぇ。
コックサドルが手に入った今、僕もまねっこして作ってみようと思います。

キジとチョウチンは一応保険で僕もリュックに(笑

クマもそうですし台風やら鉄砲水やらが恐ろしい昨今、シーズン終了までご安全にいきましょう。
渓流が終わればワカ様の季節までもう少しですしね^^

Re: No title

>MK@YUKIさん

毎度様です。

ほんとです。全然いつもどおりなのにバレ連続。
毛鉤を変えてもアワせのタイミングを変えてもダメ。

こういうときは開き直って逆に何回連続バレるかを数えるのも一興(笑

台風ですが高気圧ともみあっているようでなかなか進んでこないですね。
このまま小雨程度で終わってくれればうれしいですが・・・。


残りちょうど一ヶ月。
がんばっていきまっしょい。

No title

お疲れです。

私は26日に米内川を覗きました。
チビッコがとっても元気でお姉さんお兄さんの邪魔をします。

でも反応が有るだけでも楽しめました。

気合いを入れないとこのままシーズンが終わりそう....
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR