11.08.04 朝練 米内川

お久しぶりです。

仕事柄、このさんさ踊りの時期が一年でもっとも忙しいもので、すっかりお仕事に忙殺されておりました。
くわえてお祭りの期間中は連日の付き合い酒で朝練もできませんでした。

が。
さすがにこれだけ竿を振っていないと、カラダの具合がよろしくないもので、今朝は頑張って早起きをしまして久しぶりに朝練してきました。

さて朝の4時の起床時間。疲れからか思わず二度寝をコイてしまいまして、不意に着信したスパムメールの着信音で目が覚めたのはそれから45分後の4時45分。
ぐは。出遅れた!
急いで飛び起きて外に出てみると、市内は霧雨が降っていて道路は完全にウェット。
ああ。せっかく起きたのに。
でも山に行けば天気は違うかもしれないし、もしダメでもポイント探しくらいはできるだろう。
・・・ということで米内川を目指して出撃。

米内川沿いの道路に入り上流を目指して走っていくと、なんだか道路がだんだんとドライに。
それどころか市内は厚い雲に覆われていたのだけどもこちらではちらりと晴れ間も覗く。
おお。これは神様のゴホウビか。

さて、天気はOKなのであとは入渓ポイントの選択。
やはりここは先日大イワナを取り逃がしたあそこしかなかんべえ。
ということで米内川の上流にある、曰くつきのポイントへ入渓。

今朝は前回よりもだいぶ下流からスタート。

チャラチャラの瀬の中にあるポツリと顔をのぞかせた岩や、小さな落ち込みを狙って毛鉤を振り込む。

すると落ち込みからの開き。
毛鉤を軽く沈ませながら流していると、手元にビビン!とアタリ。
すかさずアワせてみるが、これはフッキングせず。

しかし開始早々のこのアタリ。今朝初めて投入した新毛鉤の手応えは十分。
この新毛鉤とは、イワイイワナのパターンを真似して巻いたもの。
でもフックはカーブシャンクのものではなく普通のテンカラフックだし、ハックルはサドルとかではなく安物のソフトハックル(パートリッジ)だし、ポストは渓流目印の二色より合わせのものを使っていたりと、あくまでも「イワイイワナ『風』」の毛鉤
EHCは安定して釣果があがるんだけども、夏はテレストリアル!とどこを見ても書いてあるので、ためしに巻いてみた次第。

さてその毛鉤を振り込むこと数回。
今度は岩の際にある小さなよどみ。
その上流にある落ち込みに毛鉤を打ち込み、少し沈んだ加減でそのよどみに到達するように流していく。
すると予想通りの場所でぴるぴると手元にサカナの感触が。
それをズバリとアワせて引っこ抜く。

P1010012.jpg


あぶねー。
取り込みした直後に毛鉤が外れてヒヤリとしたけどもタモに入れていたので無問題。

あんまり大きくはないけども狙いどおりの筋で出たので満足できる一匹。


お次は同じく深みに沈めた毛鉤に食いついたヤマメ

P1010014.jpg


これもジャスト20cmほどと、あまり大きくはないんだけどもパワフルな引きでなかなかでした。

いやはやイワイイワナ(もどき)はスゴい。
開始10分でパタパタっと2匹。
アタリだけでいけばすでに5回超。

このスレまくりの米内川でこれは驚異的。
しかも浮かべてよし、沈めてよし。

ちょっとフッキング率が良くないのは腕のせいだと思うけどそれでもニボシサイズも含めて7匹ゲット。


↓コッパもいるよ。

P1010017.jpg


↓コレは浮かべた毛鉤を水面を割って派手に食いついてきました。

P1010018.jpg


↓小場所に打ち込み、3秒でカラアワせしたらくっついてました。

P1010021.jpg


ここまでは渓相的にチャラ瀬が多かったのでヤマメ主体。
しかし少し遡上すると始まる木陰の暗い区間にある岩陰には、いかにもイワナが潜んでいそう。
そしてこの区間で以前に大物をバラしている。。。

慎重にポイントを選び、毛鉤を打ち込む。
狙いは向こう岸の岩壁沿いにある小さなよどみ。
頭上にも向こう岸にも木の枝が張り出し、その間を縫って竿を振れる幅は30cmほど。
少し竿をブレさせてしまえば即木の枝を釣ってしまうので、竿の軌跡を十分に確認してキャスト。

狙い通りのポイントに打ち込まれた毛鉤は、流れに巻かれて水面から10cmくらいの深さのところを流れていく。
そしてここで出る!と読んだよどみ。

・・・。
スルー(涙

もう一度!
と毛鉤をピックアップしようとカラアワせをすると、ズドン!と手元に重みが。
ありゃ。掛かってら。

しかもけっこう大きいなこれ。

水中を走るエモノをいなしながら岸に寄せて、最後はゴボウ抜きすると・・・


P1010022.jpg


やっぱりイワナ。大きさは24cmとさほどでもないけど、いやはや元気。
毛鉤もがっちりくわえられていて、秘蔵のイワイイワナもどきはバラバラ。
このくらいのサイズが連続で掛かれば面白いんだけどなぁ。


なんて贅沢なことは言っていられない。
その後、毛鉤を壊れたイワイイワナからEHCに変更したところ、アタリは激減。
数回パシャっとはきたけれど釣果にはならず。

と、ここで本日はタイムアップなのでとっとと退渓。
結局1時間ちょっとで釣果はヤマメ7匹のイワナ1匹と、ここ最近では十分すぎの結果。
そして釣果もそうなんだけども、アタリの回数がいままでにないくらい多くてビックリ。
これってやっぱり毛鉤に拠るところが大きいのかな。
ちゃんとした本物のイワイイワナを作ってみれば、もしかしてもっと釣れるのかな。

うーん。毛鉤はやはり奥が深い。


ということで本日はここまで。
明日は久しぶりにお仕事がおやすみなので、朝からどこかの川にいると思います。



<データ>

 天候:曇
 気温:21.1℃(観測点:盛岡 日最低気温) 
 場所:米内川
 水位:-0.13m(中津川 山岸)
 釣果:ヤマメ 7匹(ニボシ~20cm) 全リリース
     イワナ 1匹(24cm) リリース
 仕掛:レベルライン(3.0m)
     +ハリス0.6m(フロロ1.5)
 毛鉤:自作イワイイワナもどき(桑原テンカラ3号)
     自作EHCもどき(天野テンカラ3号)
     
スポンサーサイト

tag : 朝練 イワナ ヤマメ テンカラ 毛鉤 米内川

コメント

非公開コメント

No title

お疲れです。
シーズン中に一度使うかどうかってパターンが当たり!!だったりすると困っちゃう...
色とかサイズが...
そこまで考えると一財産分の毛針を持って川に行くことになっちゃう。
て、書いてて現地で巻けば良いのか!!なんて思ってみたり...

まっ、悩ましい日々は続くのでした...。

Re: No title

>原渓さん

毎度様です^^

そうか・・・。今朝の毛鉤での結果は、一年の中で一度きりの大当たりだったのかも・・・。

サイズや色はあまり考えずに、「こんな感じ。」「ダメならこういう感じの。」という、超アバウト且つファジーな毛鉤選択ですから、僕はあまり悩みません(笑

この数ヶ月で、釣れないときは仕方ない。と諦める術も身につけましたし(大笑

現地で毛鉤を巻くのはちょっとキビしいんじゃないですかねぇ~。
当方、目が悪いからちょっとでも暗いと巻き巻きできなくなっちゃうんですよ。。。

No title

久々に良い釣果ですね。
当方も昨日行ってまいりまして、久々に2時間で15~24cmのイワナ10匹でした。

テレストリアルは確かにイイと思います。最近はアントやテレストリアル系が見切られイマイチなのでアダムスとかモスキートが流行ですねぇ。
イワイイワナは釣れた試がないのですがやはり釣れるのか・・・。

アブがものすごいのでアブフライなんかいいのかも??

Re: No title

>双雪さん

毎度サマでした^^

今朝はさんさ期間中ということもあって、みんな釣りどころじゃなかったのかな?と思うほどの釣れごこちでした。

でも2時間で10匹釣ってるお話を聞くとちょっとうらやましかったりして(笑

テレストリアル系ですが、ときどきアントを使ってはみたもののあまり釣果に結びつかず、イワイイワナだとバッチリ。
でもここらへんは川にもよるのでしょうけど・・・。

雫石はアブがスゴいです??
明日はアブ対策して行かないと。。。

No title

アブですが、川の中だとそうでもないのですが川沿い林道上はヤバイですね。この間はちょっと車のドア開けたら10匹くらい入り込んでましたし、昨日は釣り終えて林道を歩いていると手を振るたびに2~3匹ビシバシ当たってました。ハッカスプレーのおかげで刺されはしませんでしたが。

フライはアントはアントでも玉の位置があまり離れないタイプだと反応は悪くなかったですよ。離れてるタイプは見切られました。
この辺は夜にでもブログに書いておこうと思います。

No title

お疲れ様です。

米内でこの釣果は凄いと存じます。

私の蜘蛛の子一号と材料もタイプもほとんど同じかと存じますが、フッキングはやはり丸っこい針のほうがいいような気がしています。
あと、合わせも遅めの方が確かにいいような。

明日は雫石系ですかあ。
しかもお休みとならば無茶を期待している次第です。
半端じゃない摩訶不思議アドベンチャーが予想されますが、
小柳orあずまい超上流とかどうでしょうか。

Re: No title

>双雪さん

ああああ。そのアブの具合、いつもの雫石方面ですなぁああ。
いつも体中が黒くなるほどたかりますからねぇ。。。
明日はハッカ油を増量した雫石スペックのスプレー液を持って出かけます。

アントでも、ボディの作りでまた変わるんですか。
ううーん。そこまでシビアとなると、僕のインチキ毛鉤は自信がなくなってきました。。。

記事、楽しみにしております^^

Re: No title

>すっとこさん

毎度サマでした。

あの米内川でこの結果だと、なんだか気持ち悪いほどでして。
なにか理由があってみんな避けている区間なのかな。

> 私の蜘蛛の子一号と材料もタイプもほとんど同じ

当然です。
だってその蜘蛛の子一号にインスパイアされたんですもの(笑
実はカーブシャンクのフックを買いに出かけたのですが現金を忘れるという事件があり、たかだか300円程度のものにカードを使うのも気が引けて・・・。

アワせですが、今朝はほとんど向こうアワせでした。
手元にブルっときてからブン!と竿を煽ると、ぴゅーっと抜けてくる、みたいな。

いやいやいや。ハードルを上げないでくださいよ。
久々なのでまったりと安栖沢の中流あたりで遊んでこようと思ってました。
でもここのブログの検索ワードの上位に「安栖沢」がランキングされているあたり、あるいはすでに抜かれたい放題抜かれちゃってるのかも。

あ。そういえば矢櫃川もいいなぁ。
沢沿いの道路がなくなってからの超上流も魅力的だなぁ。。。

No title

今頃はバリバリに攻めまくっている頃でしょうか?(笑)

矢櫃川の上流部では山椒魚しか捕まえた事がありませんがwお魚はいましたよ

とはいえ、ワタシが最後に行ったのは3年位前だから渓相もずいぶん変わってるんだろうな~

Re: No title

>MK@YUKIさん

毎度様です。

えーとこの時間はちょうどアブを埋めて遊んでいた時間帯ですね(涙

矢櫃ですが、予定していたものの、ココロに致命傷を負ったのでこちらはまた次回ということで・・・。
それよりなにより矢櫃の林道ってまともな状態なのだろうか・・・(汗

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR