スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.07.27 朝練 根田茂川上流(砂子沢)

久しぶりに雨となった昨日。
これで渇水の続いた渓も少しは様子が変わるかな・・・と思い今朝も朝練へ。

しかし、朝の4時半に市内を出るときは曇りだった空は、根田茂川沿いの道路に入る頃にはポツポツ雨へと変わった。
まあ、山に入ればまた天気は変わるだろうから・・・と、楽観的な観測でどんどんと山道を登る。
しかし根田茂川が砂子沢となるあたりの林道ではザーザー降りの雨と変わり、ちょっと今朝は朝練にならないかな・・・という感じ。

今朝は自動車での移動だったので雨は苦にならないので、釣りはできなくてもせっかくだからポイントでも探しに・・・と、自動車をどんどんと上流へと向かわせる。
するといままではずっと見落としていたが、テンカラには最適な開けた渓相の区間を発見。
昨日の朝練ではボサボサの藪の中でコンパクトな釣りの練習をしたので、今朝はこういう開けたところでブンブンと毛鉤を飛ばしたいなぁ・・・。ということで、この区間へ入ることを前提にして雨が止むことを祈りながら小休止。
ついでに身支度を済ませて、新しい毛鉤にハリスを結んで・・・とヒマをつぶすこと30分程度。
どうやら祈りが天に通じたか、雲は薄くなって明るさも増し、雨は霧雨程度となった。
よし!突撃!

と意気揚々と渓に降りると・・・

入渓地点のすぐそこにあるプール。まずはここに・・・と不用意にそのプールへと近づくと、プールの開きやら岸際のたるみやらいたるところからイワナがブワーーっと上流にある落ち込みの白泡を目指して散っていった。

あいや、やっちまった。
というか、なんじゃこの魚影。2匹や3匹じゃないよ、散ったサカナの数。
これはもしかしたらこのポイントは大当たりか・・・。

今度は慎重にポイントへと近づき、毛鉤をキャスト。
しかし小場所をしらみつぶしにひととおり探ってみてもサカナの反応はない。
そして訪れた二個目のプール。
今度は慎重に近づいて岩陰から流れの筋を読んでキャスト。
あまりにゆっくりな流れなので竿を操作して毛鉤を引きたくなる気持ちをぐっと抑えて、自然に流していくとプールの開きの直前。
ガバっと水面を割って毛鉤を食うイワナ
それをすかさずビッシとアワせ、引っこ抜いてくると・・・

DSC00173.jpg
(今朝はデジカメ忘れによりケータイ写真です。)

あいさ、一匹目。
大きさもまずまずの25.5cm。
バッチリ読みどおりで満足満足。


さてお次。

今度はチョロチョロ流れの小場所から・・・

DSC00175.jpg

あまり大きくはなかったのだけども、アワせた瞬間に横に走られてちょっと難儀しました。


三匹目も一匹目と同じ、プールの開きから。

DSC00176.jpg

底のほうから出てきて、スッとくわえて底に戻る瞬間にブチ抜き。

釣り開始から約30分。これはいいペース。
しかし・・・小康を保っていた天気が再びくずれ、雨粒が落ちてくると同時に雷鳴がとどろく。
とはいえそんなに土砂降りというわけでもなく、そのまま釣り続けることも可能ではあったのだけども、欲張っても仕方がないし、なによりちょうど林道に上がりやすいような斜面が目の前にあるので今朝はここで切り上げて退渓することに。

が。
林道に上がって自動車に到着すると、先ほどの雨と雷はどこへやら。
うっすらと陽までさしちゃったり。

時刻も微妙なので再度入渓するのも面倒だし、どうしようかなぁ・・・と、何気にのぞいた一番初めにサカナを散らしたプール。

見ると、ヒョロヒョロと一匹だけプールの開き直前に定位し泳いでいるイワナの姿が。
よし。キミが今日のラストだ。

と、早速プールへ近づいて毛鉤を打ち込む。
今度はどうやらサカナに気取られることなかったようで例のイワナはまだ同じ場所でヒョロロ~と泳いでいる。
そのイワナの1mほど上流に毛鉤を着水させて、ゆっくりと流していく・・・。

毛鉤がそのイワナの目の前へと到達。
よし今だ!食え!

と、念じたその瞬間・・・

・・・コイツ、毛鉤をヒョイっと避けやがった。


ぐぬぬ(悔

ふん。まあいい。
EHCは見切ったようだが、お次のこれはどうかな?
と、今度は小型の伝承逆毛鉤をハリスに結び、イワナの目の前でチョンチョンと水面で踊らせる。
そしてそのチョンチョンの合間に、毛鉤を少し沈ませながら流れに乗せると・・・

辛抱たまらん!

という感じにガバチョと食いついたイワナ。

DSC00179.jpg


はい。
僕の勝ちー(笑

ということで無事にラストも決めて本日は撤収。
釣ってる時間よりも雨をやり過ごしている時間のほうが長かったような気もしないでもないけど、小一時間ほどで4匹も釣れたので上出来かな。

しかしこの区間。
やたらと渓相がいいので、近日中にまた潜入してその前後も探ってみようと思います。


ということで本日はここまで。
ラストの一匹でわかるように、やっぱりEHCのみじゃよろしくないようなので、いろいろと毛鉤も研究してみようと思います。



<データ>

 天候:曇/雨(雷)
 気温:21.1℃(観測点:盛岡 日最低気温) 
 場所:根田茂川上流(砂子沢)
 水位:0.46m(簗川 宇曽沢)
 釣果:イワナ 4匹(20~25.5cm) リリース
 仕掛:レベルライン(3.0m)
     +ハリス0.6m(フロロ0.8)
 毛鉤:EHCもどき(桑原テンカラ3号)
     伝承風逆黒(天野テンカラ3号)
スポンサーサイト

tag : 朝練 イワナ 根田茂川 テンカラ 毛鉤

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様です。

やっぱり開けていた方が気持ちがいいものですよね。

私も本日南畑超下流部にて朝練してまいりました。
あそこは何気に穴場かも!釣りしている人や車を見た事ないし!
と思っていったものの、中サイズ山女様4匹というどう判断していいかわからない釣果でございました。

でも、滅茶苦茶開けていて気持ちがよかったです。

毛ばりですと私はEHCが苦手な事もあり、
ドライならヘンフェザントを使ったパラシュートの蜘蛛の子一号、
オーソドックスだと大体ブチル赤頭です。
二段逆さは誘いもナチュラルもできる非常に頼りになる子なのですが、巻くのが面倒くさい上に少しやる気のある魚様にかかると一発で破壊されてしまうので最近は少し躊躇しております。
フォルムも独特なので好きなんですけどね。

Re: No title

>すっとこさん

毎度様です。

超藪の中で華麗に木々をかわしてキャストする自分の姿に酔うのもオツですが、開けた渓で気兼ねなくバンバン毛鉤を飛ばすのもまたいいものでございます。

南畑の超下流部というと、御所湖のインレット付近でしょうか。
大物の予感がするシチュエーションで中ヤマメ×4・・・。でもここのところの状況を考えると、4匹釣れれば上等じゃないですか?
なにより気分よく釣れるというのは重要ですよ。

EHCですが、とりあえず当方はなにも考えず普通に使えています。なにより白くて見やすいのがイイカンジです。
パラシュート系もポストに蛍光目印を使っているので見やすいはずなんですが、どうしても見失うんですよ。
もっとポストをデカくすればいいのかな。
そのほかはやはり伝承系が成績がいいですね。特に小型でまっ黒のヤツ。

先日いただいた大事な二段逆さですが、この前の米内川朝練で大ブレイク。が、イワナのヤロウに食いちぎられて見るも無残に・・・。
修復を試みましたが当方の手には負えませんでした(涙

あれ、実際にアピール力もあるし、うまく使えば相当の破壊力があると思いますよ。

No title

お疲れ様です。
今朝出撃したの?
昨日の夕方の雨でダメかと思っていました。

お盆前にもう一度朝から釣りがしたいなぁ...

No title

好ポイント発見おめでとうございます。
同じ川でもそういう人の入ってない区間はあるので、そこを見つけれるかどうか ですね。

たくさんのイワナが散っていくのをみると悔しいですが期待に胸が膨らむってもので、こちらも前回コッパやマイクロサイズがそこらじゅうにいて1つの瀬で4~5匹中サイズが散っていった川に出会いましたので探索してみたいと思います。

やはり緩い流れだと毛鉤が見切られやすいですよねぇ。
見切られるといつも「あの」必殺フライを投入しほぼヒットorバラシ(ヘタクソ)までもっていけます。
最近はもっとリアルに巻けるマテリアルがたくさんあるのでそっちの探索も楽しいですよね。

Re: No title

>原渓さん

毎度様です。

むしろ、今朝だからこそ出撃でした。
この雨を待っていたのですよ。

・・・とはいえ、川の状況ははあんまり変わっていませんでした。
雨はずいぶんと局所的なようです。

僕も朝練じゃなくって、せめて午前中いっぱいゆっくりと釣りしたいです。
朝練はやっぱりせわしなくて。

Re: No title

>双雪さん

毎度様です。

なんというか人は入っていないはずはない(基本的に根田茂川は支流も全部、林道沿いなので)のですが、たまたま竿抜けしていたのでしょう。またエサ&ルアーにはあまり向かない渓相だということもあるかもしれません。

散り散りになるサカナを見送るのも切ないですが、どんなにラフに川を歩いても、一匹もサカナと出会わないときはもっと切ないです。。。

見切られたときに毛鉤を変更してヒットに持ち込むのも楽しいのですが、最近はヤル気のある何でも食うぞ的なヤツのみを相手にする感じで、ダメなら次!!が定番になっています。
ただ、この作戦はポイントが連続してたくさんある渓ならばいいんですが、ポイントが少ない川だとあっという間に探り終わってしまう(しかも釣果ナシで)んですよね。。。

フライの巻き巻きもだんだん慣れてきましたのでそろそろちゃんとしたマテリアルを揃えようかな・・・といった按配です。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。