11.06.16 朝練 砂子沢上流

昨日は古傷の頚椎がまた痛み出したもので朝練はお休み(というか仕事にも支障があるほどだった)。
今朝もまだ首は痛むけども昨日みたいに寝返りのたびに首が痛んで目が覚めるというようなことはなくぐっすり眠れたので目覚めは快調。
ということで朝の4時起床でテンカラの練習へと出かける。

渓快2号にまたがり国道106号線をひた走り釣り場を目指す。
今朝の朝練場所は砂子沢の上流も上流、八木巻林道との出会近辺と決めていた。
さすがにあそこまで登ればまだサカナは残っているかもしれないので、一気にそこまで登りテンカラを振ってみるつもり。

さて今朝の盛岡。
すっげ寒い(涙
気温は市内からぐんぐん下がり、根田茂の集落から砂子沢の集落にさしかかるあたりでは指の感覚もなくなるほど。
(ちなみに区界では最低気温2度)
これほど寒いと羽虫なんかも活動できないからもしかすると毛鉤は厳しいかもな・・・。
なんて考えつつも林道に入りガレた道をトコトコと登り5時ちょうどに入渓。

まずは自作テーパーラインを使ってハリスはいつものフロロ1.5号。
毛鉤は昨日巻いた小さい毛鉤(フック:オーナー 天野テンカラ2号)を結ぶ。
これは先日の根田茂川での朝練の際に見た、クモの巣にたくさん引っかかっていたウスバカゲロウを模した胴巻きに薄いグリーンの糸を使った小型毛鉤

さてその毛鉤を振り振り、渓を遡上し始めるが・・・


いつものように、まるで反応なし(涙

というか、この時間だとまだこの深い山間の渓には陽が差し込まず、真っ暗なことこの上ない。
ましてこの気温。
羽虫なんて一匹も飛んでいないもんだからそりゃサカナも水面なんて気にしてなんていないよね。

なのでここで一計。
暗くて見えないならより見やすいものに・・・
と、今度は小さい毛鉤からEHCの12番、しかも白系のものを選びハリスに結ぶ。

だけど。

見える、見えるんだよ。確かに。
だけど、それだけじゃダメなんだ。

ということで全然ダメ。

うーん、ちょっとこの区間は今の時間帯には全然陽が当たらないからいけないのかもしれない。
そう判断し、大きく場所を変えて、今の時間でも陽があたっていそうな区間を探すことにする。

渓快2号で林道をさらに登ることしばらく。
時刻は6時を過ぎ残り時間も微妙。
だけどやっと太陽も昇ってきたようで、渓全体が明るく陽で照らされた区間を見つける。

よし、ここで最後の勝負。

自分にハッパをかけてこっそり入渓。

毛鉤を上流方向に向けて振りながらポイントを一個一個探る。

すると。
3回ほど水面を叩き(あくまでも毛鉤で。ハリスは当たらないように)そして毛鉤を着水させ流す。
そのモーションの2回目。
打ち変えようと空アワせをすると、グググ!と手応え。

おおお?

ここでさらに力を込めてビシリと抜き上げると、水面からピューーーーっとイワナが飛んできた。

キターーーーー!

久しぶりのこの感触。
だけど、最初から釣れないと決め付けていた当方、今朝はカメラ&携帯は不携帯。
クソ!こういうときに限って!と後悔しても仕方がない。
せっかくのエモノは弱らせないうちにとっととリリースする。

さてここで時刻は6時半。
7時半までに自宅に戻るにはぴったりの時刻。
やっとのことでボウズも逃れたし時間もない。だけど・・・
ここで引いたらオトコじゃねぇ。

もう一匹、もう一匹釣ったら帰る!

そう決めてさらに上のポイントへ毛鉤を打ち込み反応を待つ。
・・・だがさきほどの興奮がすっかり冷めてしまうほど無反応。

と、ここで気づいた。
明るく陽で照らされた水面には小さな羽虫が無数に飛び交っている。

・・・ん?小さな羽虫??

今の毛鉤は・・・うーん、あの虫たちに比べたらかなりデカいな。

ここで満を持して今朝の初めに使った、小さい毛鉤を取り出す。
そして先日いただいたアドヴァイスを思い出し、ハリスも1.5号から0.8号へダウン。
さらにラインもテーパーではなくレベルへと変更(引きずりを防止するため)。

一気に仕掛けを全部取り替えて気分も新たに羽虫が飛び交う水面へと毛鉤を打ち込む。

二度、三度。

四回目に打ち込み、流れに乗せてドリフトさせていると、岸際の小岩の陰から素晴らしいスピードで飛び出した魚影が見える。
そして毛鉤をくわえるや反転して元の小岩の陰を目指そう・・・その瞬間。

ビシイイイイイっとアワせをくれて竿を立てる。
手元にはブルンとサカナの手応え。
さらに竿を煽って引き抜いてくると・・・

ピューっと飛んできたのは24cmのイワナ
このサイズがこんなにいとおしく思えたのは初めてです。
いやあ、アワせが決まった瞬間、背筋がゾクっとしましたよ。
この感触はちょっとクセになるかも(笑

しっかりとなんのためらいもなく食いついたと見えて、すっかり口の中へフッキングした毛鉤を外し、感謝を込めてリリース。

目的の「もう一匹」も達成できたし、なにより

「読みどおりの場所で、読みどおりの毛鉤、しかもこういう場面を想定して巻いた自作の毛鉤で」

釣れたことが嬉しくて嬉しくて。

ますます毛鉤の道に足をハメこんでしまった、今朝はそんな朝練でした。


ということで本日はこれまで。

<データ>

 天候:晴
 気温:8.2℃(観測点:盛岡 日最低気温) 
 場所:砂子沢上流
 水位:0.47m(簗川 宇曽沢) ←だいぶ渇水気味
 釣果:イワナ 2匹(22、24cm)
 仕掛:自作テーパーライン+レベルライン(計3.0m)
     +ハリス1.5m(フロロ1.5)
  or レベルライン(3.1m)
     +ハリス1.0m(フロロ0.8)  
 毛鉤:自作伝承風逆毛鉤・伝承風順毛鉤・EHC#12
スポンサーサイト

tag : 朝練 イワナ 根田茂川 テンカラ 毛鉤

コメント

非公開コメント

パチパチ

ビシッと決まった良い朝でしたね。
魚が見えるってのが興奮だよね(^^)
毛鉤を作って釣り場でチョイスしてそれがバッチリマッチして魚をゲット(^^)
やめられません。

遠野 道の駅から、おめでとうごさいます。

No title

おめでとうございます。
すっかり上達してようで次は毛鉤を増やして爆釣ですね。

見える魚ほど釣れない自分が恨めしい!

Re: パチパチ

>原渓さん

毎度様です^^

遠野へはお仕事でしょうか。
また直帰で寄り道・・・

それはさておき、いやあ久々にいい朝でした。
いつもならこの時間は睡魔と闘っていますが今日は全然眠くないです(笑

出て来い!と思いながら毛鉤を流していると予想外の場所からサカナが現れて、スっとくわえていくあの瞬間。
あぁ、夢よもう一度・・・です^^

Re: No title

>双雪さん

毎度様です^^

やはりテンカラ縛りが上達を促しているようです。
退路を断つというのはこれほどまでに効果があるとは(笑

まだまだ爆釣にはほど遠いですが、普通の人が毎週釣り場に通って二年かかるなら、僕は毎日通って一年でなんとかしてみせる!そんな意気込みでの朝練でした。

これからも精進精進でございます。

そうそう、見える魚は昔から釣れないと相場が決まっているのです(笑

No title

お疲れ様です。

今朝の気温でこの結果は素直に脱帽です。
私も実は本日かなり久しぶりに簗川水系を攻めてみようと思っていたのですが、朝起きて回避でした。

さて、当方のブログに書き込みいただきました件ですが、
ハックルはマッハや上州屋で売っているサドルハックルのパックです。5~7ミリぐらいの細長い羽が7~8本入っています。
2000円だったかと。
色はさまざまありますが、伝承系毛鉤の方はグリズリーを愛用されている方が多いとの事。

蛇足ですが逆さや先日私が御山で好反応を体験いたしました蜘蛛の子一号を巻くときはブラウンパートリッジやヘンフィザントのパックがたっぷり入って500円ぐらいでマッハで売っておりますのでお勧めです。

あと、ラジオペンチと端材で手作りバイスを作っていらっしゃる方も結構検索すると引っかかりますので興味があればぜひ自作をw

Re: No title

>すっとこさん

毎度様です^^

今朝ですが、まさに「当たり所がよかった」これに尽きるのではないかと。
最初に入った区間はほんとにどうにもなりませんでしたもん。

ハックルの件、ありがとうございます。
サドルハックルって高いんですね。。。
ヘンフェザントの詰め合わせは、偶然にも先日マッハで買ってきました。
安いしなんだかハックルに使えそうだし・・・と思って買ってはみたものの、開封したらなんだか使えるんだか使えないんだかよくわからないような羽根がいっぱいで不安だったんですが、これで正解だったんですね(笑

バイスの件ですがちょっとアイデアはあるので暇なときに組み合わせてみようかなと。
というか、変態自作マニアになりつつあります。僕。

No title

サドルはあの量だと2~3シーズンぐらいは巻けますよ。
50~100本ぐらいは。ですので一種類あるといいかと。

おみごと

ぞくぞくしたかと思います
狙ったところに届いて 思ったとこから出てきて 食う瞬間が見える  餌釣りとちょっと違う感覚堪能できましたか?
ハックルですが 最初からあまり高価な物を買わずに 少し練習してからでも遅くないですよ
お勧めは ブラウンとジンジャーの間ぐらいの色 なるべく 金色みたいな色 艶のあるもの これなら春先から初夏まで使えます
もうひとつは 黒っぽいダークグレー (明るいブラック)
夏場の定番ブラック  なかなか無い色ですが 通って探してみてください
それこそチャボの艶のある ブラウン なんかでもOKですよ なるべくお金をかけずに 探してみてください
もし毛鉤の巻き方に困ったら 沢田賢一郎のフライ ドレッシングって本参考にしてみてください

サイトフィッシングは楽しいです

見える魚を釣る
これ楽しいです
ルアーの場合、結構多いです

キャストしたミノーをロッドアクションで躍らせるじゃないですか
すると、そんなところから見えるんかい!てな場所からビューっとふっ飛んで来て、ミノーの後にピタリとロックオンするですよ

そして、右へ左へと踊るミノーの動きをトレースするようにグワッ、グワッとラインを変えながら追撃してくるですよ

ボルテージ最高潮になったところでヒュッとやると堪らずガシッと喰らいついてビシッでキャホーーーー!!となるですよ☆

もう血が滾るです
アドレナリンだかエンドルフィンだかが全身を駆け巡るです

こうなると、たとえさっぱり釣れなくても、もうミノーを手放せなくなるのです



さしずめ、今日のアサタカさんもこんな感じだったんじゃないかな~なんて思っちゃいました

Re: No title

>すっとこさん

OH!
2000円とはいえそんなにたくさん使えるのですか。
そういえばマテリアル詰め合わせみたいなのがネット通販でありますよね。
あれらにも同梱されているような代物なのでしょうか。
いろいろそろえるのが面倒なので、キットで買ってしまおうかと。。。

Re: おみごと

>はんちゃんさん

毎度さまです^^

あの瞬間はほんとにゾクっときましたよ。
ちょっとこれは病みつきになりますね(笑

ハックル他、マテリアルですがニワトリ(チャボではないですが)のは手に入りそうなのですが黒いのはなかなか・・・。
なので安価な詰め合わせキットを買ってしまおうか悩み中です。

ネットでの情報は頑張って収集しているのですがやはり実本にもいい情報が多いですよね。
行き詰ったらそれらの本も参考にしてみたいと思います。

Re: サイトフィッシングは楽しいです

>MK@YUKIさん

毎度様です^^

そうなんですよね。
しっかりと動きが丸見えなときのあの興奮。
アワせの瞬間のエクスタシーです(笑

脳内麻薬ってコレだな。っていうのがドバドバ出てるのを実感しますもん。

つまるとこ、MK@YUKIさんのミノーと同じ状態だったようです(大笑


> 見える魚を釣る
> これ楽しいです
> ルアーの場合、結構多いです
>
> キャストしたミノーをロッドアクションで躍らせるじゃないですか
> すると、そんなところから見えるんかい!てな場所からビューっとふっ飛んで来て、ミノーの後にピタリとロックオンするですよ
>
> そして、右へ左へと踊るミノーの動きをトレースするようにグワッ、グワッとラインを変えながら追撃してくるですよ
>
> ボルテージ最高潮になったところでヒュッとやると堪らずガシッと喰らいついてビシッでキャホーーーー!!となるですよ☆
>
> もう血が滾るです
> アドレナリンだかエンドルフィンだかが全身を駆け巡るです
>
> こうなると、たとえさっぱり釣れなくても、もうミノーを手放せなくなるのです
>
>
>
> さしずめ、今日のアサタカさんもこんな感じだったんじゃないかな~なんて思っちゃいました
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR