スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.06.05 【番外編】ニジマス釣大会 五戸川

合掌。

img 001

img 002



衝撃的な始まりですが、昨日の日曜日に青森県は新郷村にて、新郷遊漁会の河川清掃および釣り大会(放流ニジマス釣り)がありましたので、子供らと一緒に参加してまいりました。

ちなみに当方は今年から新郷遊漁会の会員になっておりまして(年会費3500円)、今回はその会員が集まって朝から川の清掃を行い、その後に河川清掃参加者だけを対象に川止めした区間へ放流した養殖のニジマスを釣って遊ぶ(?)というイベントで参加費は1000円、同行の家族は無料でした。

さて河川掃除もつつがなく終わり、お待ち兼ねのニジマス釣りなんですが、上下を川止めした区間に腹を減らしたニジマスを大量に放流していますので、一応は天然河川での釣りですが、釣堀となんら変わりません。

なのでサカナの写真もなし。

人と人の間隔は3m程度と密集してますし、釣り開始の合図とともに一斉に竿を伸ばすもんでオマツリ続出。
そんなことは小学生の頃の中津川ニジマス釣り大会で経験済みですから当方はしばらく静観。
まずは長男と次男は変わりばんこで釣らせてあげるためにお世話係を買ってでる。

エサは当初キジのみを持っていったのですが(ニジマスごときキジで十分・・・とナメてかかっていたのは事実)、釣り開始の前にベテランの方が親切に特製イクラ(ハリ持ちがいいように細工してある)をたくさん分けてくださいまして、それを使ってみました。
というかここのニジマス釣りのエサはイクラ一択だそうです。

さてそのイクラ。
さすがに効果絶大でして開始直後から入れポン出しポン。
他の釣り人の仕掛けが流れてこない隙に仕掛けを落として待つこと5秒。
玉ウキ(子供ら用の仕掛けはオーソドックスなウキ釣りにしてみました)がピコンと沈んだらビシリとアワせて引っこ抜く。
途中、オマツリに強制参加させられたりしながらもあっという間にフラシにはニジマスが増えていく。

そんな感じで1時間ほど経過しますと、サカナもだいぶスレてきましてなかなか釣れなくなるんですね。
そうなると周囲からは一人消えまた一人消え・・・また子供らも同じ場所での釣りに飽きてきたのか、だいぶ空いてきた釣り場のあちこちへと散って行きましてやっと当方もヒマに。

さて、それでは・・・と当方も釣り開始。
仕掛けは長さ3.5mの通し仕掛け。それに毛糸目印を二個といたって普通のミャク釣り仕掛け。
ただ、放流魚の中には50cm級のマスも混じっているという話でしたのでラインはフロロ0.8号でハリはイワナ7.5号かなりゴツイ仕掛けでスタート。

とはいえ、まああれです。
ビッシバシ釣れます。当然。

8寸~尺くらいのニジマスが次から次へと。

放流魚なんぞちょろいもんよ。
なんて、そんな感じで調子に乗っておりましたらいきなりズガン!という強烈なアタリ。
アワせがどうのとかまったく無縁の超向こうアワせ。
そんなもんで何の気なしに竿を立ててみると、どうやら例の50cm級とみられるマスが掛かった模様。

うぉおおお。スゲェ引きだぁあああ!
と引きを堪能する間もなく

バキィイイイ!!!

と竿、ご臨終。

それが冒頭の竿です。
あわてて折れた竿の竿先側を掴んで取り込みを試みましたが、すでにそこにエモノの手応えはなく、竿が折れてラインのテンションがなくなった隙にハリが外れて逃げちゃったみたい。

それはそうと竿。
まあいつ折れてもおかしくない状況だったんですが、まさかこれほどあっけなく折れるとは。
思い起こせば2010年の5月。
ヤフオクで購入した中古の銀渓ZV55。
嫁いできた段階ですでに満身創痍ではありましたが、あれからおよそ一年。本当にお疲れ様でした。
安らかに眠ってください・・。


なんちゃって。

折れたとはいえ、それは手元から3番だけですから。
新品の部品はもうシマノから出ませんが、ヤフオクにかじりついてもまた銀渓を入手して復活させます。
それまでしばらく休んでてもらうだけです。
とりたててスペックが優れた竿ではないんですが、やっぱり思いいれがありますので。


しかしニジマス16匹と引き換えにしたこの代償。
決して小さくはなかったなぁ(涙



と、センチメンタルな気分に浸って本日はここまで。

銀渓はいずれ復活させるつもりですが、その間のつなぎとして竿を買ってこないと。
やっぱり天平しかないかなぁ。

スポンサーサイト

tag : ニジマス 五戸川

コメント

非公開コメント

No title

あいや、折られてしまいましたか。
50cmだと普段25くらいで楽しんでる自分には想像できないですねぇ。
当方は餌用の竿を新調しまして、探索してきた次第ですが、やはり長くなると腕が疲れる・・・。

No title

お疲れ様です。

気候もよくなってきた今こそ、テンカラ縛りにするのです!

とは言っても竿が折れると凹みますよね。
ご子息の竿を借りてのプレイとかいかかでしょうか?

ちなみに私、自慢じゃないですがテンカラでの坊主率や未ヒット率が実はかなり下がってきております。
某サイトで見つけた
「テンカラの最大のポイントは肩!流れ出しだろうが落ち込みだろうができるだけ肩のギリギリまで流せ!」
という文言を実践したところあからさまに改善いたしました。おすすめです。

あと、先日はとばのお父さんと雑談していたところ小柳の話に。
あそこは川虫がとても小さいのであまり利かないそうですよ。
ミミズがベター、陸生昆虫がベストらしいです。
持ち込んだ川虫でぜんぜん駄目だった人がちょうど足元を歩いていた蜘蛛を浮かべたら今まで無反応だったポイントから瞬殺であがってきたそうです。

Re: No title

>双雪さん

毎度様です。

けっこうすごい音を出しながら折れるんですね。カーボン竿って。
バキイイイイ!という音でみんなこっちを見ていました(恥

50cmとはいえ養殖ニジマスですからね。
見てると割りと棒引きであっけなく取り込まれてますっけよ。

長竿は腕にきますよねー。
当方も6mでいっぱいいっぱいです(笑

Re: No title

>すっとこさん

毎度さまです^^

や、それも考えました。
でも・・・当方はヘタレなのでやはりエサ竿が手元にないと不安で不安で(笑

長男の竿ですが、借りるのはいいんですが、自分の竿を触られるのをヤツが露骨にイヤがるんですよね。

テンカラですがここのところ「バシャリ」すらないことが多く、だいぶココロがボッキンコです。
毛鉤のせいなのかポイントのとり方なのかサカナがいないだけなのか・・・。

小柳ですが、その話は猛烈に同意します。
というのも、先日訪れた際に川底に虫の気配がまるっきりなかったんですよね。
陸生昆虫が一番なのもわかるんですが、そもそも数をそろえるのが大変そう・・・

となると当然の帰結として毛鉤になるんですよね。
やっぱり毛鉤道を進むのが一番なのかなぁ。

安らかにお眠りください銀渓ZV55・・・

では無いんですね(笑)

ニジマスなんてトラウトガーデンでしか釣った事ないですが、養殖とはいえ流石は50cmクラス、半端じゃないトルクだったという事でしょうか

でも、本当なら先にラインが切れてしまうのでは・・・
満身創痍だったというのも頷けます

巨大ヤマメとかが釣れた時じゃなくてよかったですね~、などと言ってみたり

Re: 安らかにお眠りください銀渓ZV55・・・

>MK@YUKIさん

まだだ!まだ終わらんよ!!
です(笑

新しい竿を買ってきましたが銀渓さんは部品取り用が手に入り次第、再度実戦投入いたします(笑

ニジマスですがナメていたのは確かです。
尺あたりまでは普通に引っこ抜けていたので、まあそろそろイキそうな竿とはいえそうそう簡単には・・・
なんて思っていたのにまさかの瞬殺。
その瞬殺までの間、数回水面で跳ねていましたが、それでも意外とラインは大丈夫っぽかったですよ。

これで巨大ヤマメのときのトラブルだったら発狂してます。マジで。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。