11.04.30 朝練 東ノ股沢(矢櫃川支流)

 天候:晴
 気温:7.9℃(観測点:雫石 日最低気温) 
 場所:東ノ股沢(矢櫃川合流点~東ノ股沢橋近辺)
 水位:0.65m(矢櫃川 西安庭)
 釣果:イワナ 8匹(16~23cm)
 仕掛:チョウチン1.8m(ナイロン0.6)
 ハリ:オーナー イワナ7.5号
 エサ:キジ


ワタシ決めました。
お仕事はお休みじゃないですが、ゴールデンウィークなので意地でも釣りに行きます。

と、カミさんに宣言しまして今朝も朝練に行ってきました。
本当は子供らと一緒に行く予定でしたが、昨夜は割と激しく雨が降り増水が心配だったので今朝は単独で。

ということで今朝は新規開拓をするために矢櫃川の支流である東ノ股沢へと向かう。
この沢自体は以前に一度行ったことがあるんだけども(前回)そのときは南昌山方面と分岐して沢沿いに通る林道まで自動車で入り、そこからさらに歩いてかなり上流の部分に入った。
が、そこまで向かう道路がまだ冬季閉鎖なので今朝は矢櫃川の合流点あたりに自動車を置き、そこから林道に入って下流部を道路沿いから釣り歩く作戦。

さて5時半に目的地着。
身支度をしてゲートを徒歩でくぐる。
その後しばらくは道路から渓まではかなりの高低差があり、容易にアプローチはできなそう。なのでそのまま道路をテクテク歩くこと20分。
やっと渓と道路の高さが同じくらいになってきたところを見計らい入渓。

以前にこの沢に入ったときは100%イワナのみだったので仕掛けはイワナ用のチョウチン仕掛け。
また今朝はちょっと思うところがあって、いつもの竿(シマノ銀渓ZV60硬中硬)ではなく、釣りを始めたときに買ったPROXの剣峰FE540硬調を引っ張り出してきた。
思うところ・・・なんてもったいつけているけども、単にチョウチン釣りのときに硬中硬はどうもよろしくないような感じがしたので、比較のためにバリンバリンに硬いこの竿で試しに釣ってみようというワケ。

さてその剣峰FEに仕掛けを取り付け、キジをセット。
慎重にポイントに近づきまずは一投。

img 016

・・・秒殺!

エサを落として2mほど流しただけでヒット。
ちなみにこんなポイント。

img 015

このポイントの感じから、もっとデカいのが潜んでいるかと思ったのに見事にチビッコ(涙
まあそれでもこれでボウズは逃れた。

だけど剣峰FE、オメーはダメだ。

硬くて取り込みはしやすいけどもやっぱり重すぎ。
540で200g超はさすがにムリ。

ということでサカナもちゃんといることがわかったしここからはいつもの銀渓にもどしてガンガン釣り登る。

その後は素直に各ポイントからはサカナが出続け、テンポよく進む。

img 001

img 002



上のイワナは↓のポイントから。

img 003

img 004



デカい!!というほどの大きさではないけども、極端に小さい個体も少なく、安定して20cmオーバーが釣れる。

img 007

↓すごく良さそうに見えるけど、ナメ床のプールではアタリは皆無。やはり底に岩などがないとサカナは定位しないようだ。

img 008


ここの渓は底が白い砂地が多く、それのせいかここのイワナたちは体色が明るい色合い。

img 009

img 010

↑のコを↓のポイントで釣り上げたところで時刻は7時。

img 013

img 014

まだまだポイントは続くけども時間切れなので撤収。

春の陽気に汗ばみながら道路を歩いて下り、自動車へ戻る。
いやはや、片道20分とはいえ朝っぱらからいい運動でした。


しかしこの沢のこの区間だけど、林道からのアクセスがよくて楽ちん。
初心者さんや家族連れでも気軽に楽しめるのではないでしょうか。
(遊漁券は必ず買いましょう。)



ということで本日はここまで。

明日はたぶんお子様連れでどこかの沢にいると思います。
スポンサーサイト

tag : 朝練 イワナ 雫石川 矢櫃川

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様です。

私も本日下ノ黒沢でやって参りました。

久しぶりに山岳渓流的な場所でエンジョイしてきましたが、釣果はアレでしたです。

しかし東ノ股沢は恐ろしいですね。
アクセスが楽で魚影が濃いってのはまさにパラダイス。
開拓能力に脱帽です。

Re: No title

>すっとこさん

お疲れ様です。

下ノ黒沢のご様子、拝見してきました。
最近、山岳渓相という言葉にめっぽう弱くなってきてまして、そういう場所があると聞くだけでムラムラと。
なので近々特攻してみようと思います。

東ノ股沢のアクセス容易な場所での釣果は、おそらく期間限定だと思います。
いまはまだゲート封鎖されてますのでわざわざ片道30分も歩いてまで釣りに行こうという奇特な人間がいなかっただけなのでは・・・と。

また、気合でずううううううっと奥まで(片道1時間半コース)歩いていけばパラダイス独り占めだと思いますが、クマちゃんに食べられたときには発見される手立てがないという諸刃の剣。

最近は釣り自体よりも開拓が楽しくなってきてます。
困ったもんだ^^;

No title

お疲れ様です。
下ノ黒沢はあれですよ、
多分見たことありますですよ。

レン滝方面に向かうのに大きい道路から
県道に入るじゃないですか。
その県道入り口の橋の下にかっこいい川があるとですよ。それですよ。

降りてみると思ったよりは遡上は楽です。
ただ水が多いときにはどうにもならなかったりしますので無理は禁物ですが。
平瀬が嫌ならダイレクトに県道沿いから入ることもできます。
木が多いのでホールドは多いですが少し急勾配です。

しかし名前を間違えて覚えていたとは不覚です。
一応、まだ間違えている可能性もありますので、
入渓点の目安を書きますと沢内方面に爆走しつつ、
川から少し離れているチェーン脱着場を発見したら
そこがPです。
道を挟んで仮面サイダーとかが売っている自動販売機があれば正解です。
というかナビ買ったほうがいいのかなあ。
うろ覚えなんですよねえ。

No title

こちらの川もなかなか良かったみたいですね
(矢櫃川は管轄外なんだよなー)

ワタシは渓流ルアーで、初の二桁いきました
今年分の釣り運を全て使い果たしたかもしれません

次からまたボーズが続くのだろうか・・・

Re: No title

>すっとこさん

お疲れ様です。

あぁ~。前回レン滝に行くときにちらりと眺めました。
> 下ノ黒沢

しかし橋の上からだと悪魔のように険しそうだったのであっさり諦めましたが(笑

入渓点まで教えていただきましてありがとうございます。
早速、近いうちに特攻カマしてきます。

・・・が。
竿が・・・(詳細は11.05.01朝練日誌にて)

Re: No title

>MK@YUKIさん

お疲れ様です。

割と矢櫃川方面は得意だったりもしますが、あっさりとボウズを食らったこともあるのでなかなか手ごわいのです。

二桁釣果なんてスゴいじゃないですかっ!
ルアーでそれだけ釣れだしたということは、やっぱり渓魚は本格始動したようですねー。

ボウズを恐れてはいけません。

『竿を折っても心は折らず。』
なのです。
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR