スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.03.06 氷上 岩洞湖

 天候:雪/晴(強風)
 気温:-3.8℃ (観測点:藪川 日最高気温@気象庁HP)
 場所:岩洞湖(第4ワンド)
 タナ:ベタ底(水深10.5m)
 釣果 ワ:40匹(涙
     モ:1匹
 エサ:紅サシ
 仕掛:6本エダス(ダイワ 快適ワカサギ ポリエステルライン+袖1号)
 オモリ:1.5g(ダイワ ワカサギシンカーS)


前日は渓流で散々な思いをしてきたので、仕事がお休みの今日はゆっくりと3月の岩洞湖を楽しむべく、長男&次男を引き連れてワカサギ釣りに行ってまいりました。

本日の目的地は当初、ここ最近好調という噂の堰堤前かレスト前(ドン深)と考えていたんだけども、家族旅行村近辺へと急遽変更。
まあ変更した理由に根拠はなくて単純に行ってみたかった、ただそれだけ。

さて雪が降る中、湖上に降りたのは5時30分。
気温はさほど低くないのだけどもなにせ風が強く体感気温はダダ下がり。
頑張って穴を掘っては魚探を入れるという動作を繰り返すこと30分、まったくいい穴に当たらない。
この荒天下、オラだけだったらともかく子供らがあまりにかわいそうなので、底に微妙な反応がある穴を見つけたのでそこで妥協する。
とはいえすでに二桁の穴をあけていた当方は腕がパンパン。
それでもあまりの風の強さに、テントなどペグの固定ではひとたまりもなさそうだったので気合でアンカー用の穴をさらに掘り、さらに釣り穴&魚探穴を掘りヘトヘトになりながらテントを設営し終える。

あぁやっと落ち着ける。
テントの中で腰を下ろして今度は釣り支度。
だけどもハードワークで体温が上がりまくりだったもので、メガネが曇って曇って仕掛けを取り付けるにも一苦労。
結局釣りを始めたのは7時近く。

まずアタリがあったのは次男。
丸ホスボンに安リールの組み合わせにも関わらず、細かいアタリを拾って2匹立て続け。
すると、当方にもアタリが来た!

今日は近代化改修済みの電動リールを投入した当方。
ミーっと快調に巻き上げてくると・・・

モ。

モロコかよ!

まあいい。
モロコあるところにワカサギ有り。
次こそはと気合を入れて再度仕掛けを投入。

しかし・・・。

アタリがものすっごくシブいんですけど。
次男が比較的好調とはいえ、それでも一時間で5匹とかそういうレベル。
オラはまあラミネート穂先の感度に任せてそこそこ釣れているとはいえ、それでも一時間でやっと10匹。
だけど、きっといつかラッシュが来るさ!
そうみんなで励ましあって頑張るが、ラッシュどころかアタリはますます遠ざかる。


DCSA0002_20110307094503.jpg

10時の時点でこのザマ。

DCSA0005_20110307094502.jpg


アタリのシブさと反比例するかのようなこいつらのテンションの高さがやたらウザすぎ。

DCSA0004_20110307094502.jpg


誘ってもダメ。
エサを替えても効果ナシ。
ここまでくれば諦めの境地。

すると長男がこの風の中、露天で勝負をしてくると言い出した。
やめとけという助言もむなしくテントを飛び出す彼。

その後、ワカサギ1匹を手に持ち、20分くらいで戻ってきたが、露天で釣ると同時に周囲の釣果を聞いてまわってきたらしい。
それによると、どうもまわりも思わしくないということで一安心。
あとはこの風が収まるのを待って撤収しようという意見で一致し、ここからはまったりと釣るんだか釣らないんだかというような状態。

こやつ(次男)などはリラックスしすぎにもほどがある。

DCSA0006_20110307094501.jpg

ちなみに彼の持っている竿、穂先を丸ホスボンからラミネート製に変更してます。
電動リール用のφ5パイプジョイントがついた穂先を手持ちリール用の竿にも取り付けられるように、木の丸棒を削ってアダプターを作ってみたんだけど、それの実戦試験ということで。

当方も使ってみたけどアタリもとりやすく結果は上々。
来期はラミネート穂先の仕様をいろいろ変えたものをたくさん作って、ワカスペGTに組み合わせてみようっと。

あんなフザけた姿勢で釣ってた次男だけども、本日一番の大物を釣り上げてご満悦。
まるでチカかシシャモかという大きさ。

DCSA0007_20110307094501.jpg


確かに今日は大物が多かった感じ。
しかも腹にタマゴを抱えた個体が多くて、釣り上げられると思わずタマゴをお漏らししちゃうコも中には。
そこらへんからも、氷上ワカサギ釣りも、だんだんおしまいに近づいてきてるんだなぁということを実感。

さて、そういえば長男。
カレ、露天にハマったみたいでかなり遠くまで後家穴巡りをしてたらしいですが、結局1匹だけしか釣れずほうほうの体で戻ってきました。
ということで本日の釣果ですが、朝の7時から13時まで頑張って、長男は14匹。次男は21匹。
そして当方が40匹と、散々な結果(笑

でも楽しかったからまあいいや。
それにモロコは全員合計で1匹(ちなみに当方の本日初釣果)だけというのは快挙!



ではこんな感じで本日はここまで。

そういえば氷上禁漁、昨年は3月19日だったけど今年はいつごろになるんだろ。
それまでにあと一回はワカサギ釣りをしたいなぁ。


明日はお仕事がお休みなので渓流(雫石近辺)をうろうろしてると思います。
スポンサーサイト

tag : 氷上 ワカサギ 岩洞湖

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様です。

昨日は私も撃沈でした。

第五11Mで23匹です。
あれだけ風が強いと移動する気にもならず、駄目穴でぬくぬくとだらだら釣りです。

Re: No title

>すっとこさん

お疲れ様です^^

ほんと、昨日はスゴイ風でしたよね。。。
アンカーしてるにも関わらず、テントが吹っ飛ぶかと思いました。

当然当方にも移動などという選択肢はなく(笑

でも長男の聞き込み調査によると、これでも第4はまだマシでお隣の家族旅行村は軒並みダメダメという話でした。
やはり黙ってレスト前ドン深に入るべきだったか・・・(笑

お疲れ様でした

長男くん、露天にハマったんですか(笑)
当方も前回露天でやって寒くて死にそうになりましたが、良く考えれば昔はテントなんか持って無かったんですよね
テント使ってる人を見ると「スゲーッ」て羨望の眼差しで見てましたし
今じゃ必需品的な扱いですから、時代は変わるものです


そろそろシーズンも終わりが近くなってきましたね
ワタシも次で最後かな?

Re: お疲れ様でした

>MK@YUKIさん

なにが彼の琴線に触れたのか、「修行に行ってくる!」と言い残して頻繁に露天へGOしておりました。
昨日は風はともかく気温が高かったですしね。

テントと電動リールと魚探・・・近代化ってスゴい!(笑
そのぶん、初期投資も大きくなりますが(涙

当方はせっかくの年券なのであと2~3回は・・・とも思いますが、多分禁漁間際に一回がいいところかなぁと思っています。

No title

家族旅行村お疲れ様でした。
モロコ1匹はスゴイ!
やっぱり子ども達がいると、なかなかじっくりと場所を決められないですよね。
氷上釣りは日曜まではもちそうなので、できれば一人で(笑)行きたいと思います。
露天は無風で暖かいと気持ちが良いのですがねぇ。

Re: No title

>けんさん

モロコは1匹でしたが、ワカ様もちょっと寂しい成績で(涙

子供らは急かすくせに飽きやすいので非常に困ります(笑
今度の日曜日も子供連れになりそうですが今度は渓流かなぁ。

露天の敵は、寒いさよりもむしろ風ですよね。
気を抜くと荷物が飛んでいくし(涙
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。