スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.01.12 朝練 某所

 天候:曇のち雪(最大風速2.3)
 気温:-10.4度 (観測点:盛岡 日最低気温@気象庁HP)
 場所:某所
 タナ:ベタ底~40cm間
 釣果 ワ:20匹
 エサ:紅サシ
 仕掛:5本エダス(岩洞湖777 1.5号)
 オモリ:1.5g

総合演習2日目の今朝は、単独釣行での場合を想定しての演習。
雪上を長距離歩く場合を考慮して、荷物は最小限にとどめる。
ただし、岩洞湖などでの一日釣りの場合が前提なのでもちろんテントは持参。

さて、今朝の盛岡はまた一段と寒い。
6時に現地に到着したが、まずは車内で仕掛けにエサをつけ、ランタンのポンピングなど最低限のことを済ませておく。

準備も整った6時15分。荷物を持って移動開始。
の前にランタンに火を点けないと。

・・・が、点かない。
あれ?あれ?といろいろ試すが一向に点火しない。
一度、ボッ!と小爆発するもそっからは沈黙。
自動点火(電子式)が悪いのかと思い、グローブを外してチャッカマンで点火を試みるがそれでもダメ。
ちゃんとシューーーーーという音はしているので圧は掛かってるし、何が悪いのか皆目見当がつかない。

もしやとタンクを開けて中を覗くと、ズバリガス欠。
そういや昨日、ポンプの点検をした後にガスを燃やし尽くしたんだった。。。

そうなれば話は早くて、速攻で給油を済ませて再度点火。

全然問題なく燃焼開始。
この事件で約10分ロス。
6時25分に自動車を後にする。

そこから約10分。
6時35分に氷上に到着。
まずはドリルで穴を開け、テントを広げる。
今回のテントは昨年ホーマックで買ったキャプテンスタッグの格安テント。

底辺が160cm×160cmの1~2人用だけど、大人が一人でいっぱいいっぱい。
(昨年はこれに大人1名と小学生2名が入って釣ったけど、めちゃくちゃ狭い)

しかもグラスファイバー製ポールに引っ掛けて吊るすタイプなので寒い屋外での設営・撤収はちょいと手間がかかる。
だけどもたたんだサイズが非常に軽量コンパクトなので、単独釣行の際にはその点が非常にいい感じ。
(しかし、添付のテント袋はサイズがぴったりすぎて、撤収時に袋へ納めるのにイライラすることも。当方は手持ちの一回り大きい袋を使ってます)

さて、そのテントを設営して中にランタンや釣り道具を納め穴と釣り座の位置を確認した後に、とりあえず2箇所だけペギング。(風がないので2箇所で妥協)
その後テント内に入って釣り支度を完了したのが6時48分。
釣り場所に到着してからの所要時間は13分となかなかの好タイム。
やはり仕掛けにエサをあらかじめつけてきているのが効いている。

ということでここからは釣り。

昨日の場所から、少し深場へ進んだあたりに今朝の釣り座を構えたのだが、底までの深さは約5mほど。
まずはその底にオモリを着底させて、穂先が微妙にしなりはじめるところまで巻いてそこを基準点にする。
その基準点より竿を上げたり下げたりしゃくったり・・・といろいろな動きを組み合わせてアタリを誘う。

すると、エサを落として2分。
初のアタリがきた。これを絶妙にアワせて6時50分に1匹目。
そしてここからいい感じのペースでパタパタと釣れて、7時15分の時点で17匹。
うーん、キリのいい20匹まではなんとか釣りたい・・・との願いもむなしくアタリは遠のいていく・・・。

しかし朝練のタイムリミットの7時半までぽつぽつと小さいアタリをモノにしてようやく20匹目に到達。
今回はVARIVASの四面オモリ、Sサイズを使用してみたんだけども、いままで見逃していた細かいアタリまで取ることができる感じ。ただやっぱり仕掛けを落としこんで底につくまではちょっと時間がかかるみたい。
(しかし、沈下スピードが遅いためなのか、着底する前にワカサギがエサをくわえ、アタリがくることもしばしば。)


さて、ここで釣りは切り上げて撤収に移る。

まずは仕掛けを仕掛け巻きに巻き取り、リールと竿をプラコンテナにしまう。
そしてテント内の荷物を外に出し、昨日の反省を生かして釣り座を避けた場所でテントをたたむ。
テントを袋に突っ込みポールをたたみ、ドリルと一緒にドリルケースにしまい、その他手回り品をプラコンテナに納めて7時45分パッキング終了。
ここから駐車場所まで歩いて移動し、7時55分。予定より5分前倒しで自動車に到着。
荷物を積載して帰路についた。

しかし、テントに入ったときには雪が降ってなかったんだけど、帰ろうと思って外に出たらけっこうな雪が降っててビックリ。
おかげで帰り道はちょっと渋滞気味でした。


さて、単独釣行演習も完了。
今回の演習で気づいたけども、ドリルケースとテントバッグをなんらかの形で一緒にできないかなあ。
ソリを使えば問題ないのだろうけども、ソリへ荷物を積んでネットを掛けて・・・というのも意外と手間。
それよりはドリルからテントから釣り道具から全部を背負ってしまえるのが理想なんだけどもなぁ。
やっぱりソリよりは背負子を買うべきなのか・・・。


ということで本日はここまで。

スポンサーサイト

tag : 朝練 ワカサギ 氷上

コメント

非公開コメント

No title

 今回は、外○ですか?手前と奥のくびれてるとこと、どちらでやりました?外○は外道が多いですね、イワナや桜○を狙って竿を出してる人もいますからね。
 道具は、やはりソリに一式にまとめるのが楽ですね。我が家では、前日にそりに荷物をまとめアミアミで固定します。んで、そのまま車に突っ込みます。背負うのは、重いし何より長距離移動が出来ません。そりに変えてから快適ですよ。

Re: No title

>匿名さん

毎度さまです^^

今回も外○ではなく、いつもの○取でした。

いろいろ話を聞いていると、外○は外道が多いらしく大変みたいですね。

昨年は子供用のソリを使用していたのですが、意外と斜面の登り降りで難儀したり、ソリへの荷物の乗せ降ろしが面倒だなぁということでここしばらく背負いでやっていました。
が、やはりなんだかんだでソリのほうが楽なような気がしています(笑
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。