14.07.31 朝練 根田茂川

さて今朝は久しぶりにヘラブナでも・・・と思い、4時に目覚ましを仕掛けていたのですが、はっと気がついたらすでに5時。
なにしろヘラブナ釣りの道具の準備はしていないし、昨日使ったまんまの渓流道具は軽自動車に積みっぱなしだし・・・ということで、それじゃ今朝はヘラは諦めて・・・

ということで、今朝も朝練で川へとお出かけしてきました。
行き先は昨日と同じ根田茂川。
ただし今朝はちょっと上流へと足を伸ばしてみるつもり。


・・
・・・

ガタゴト林道を進むことしばらく。
今朝の釣り場はエサ釣りのときによく通った区間。
テンカラでも何度かはここで釣ってみたものの、藪の張り出しが見た目よりもキツくて、毛鉤に転向してからは足が遠ざかっていたのだけど、フライだったらどうなんだろう?という部分を検証してみたかったので。
渓相もいいし、単純に最近はここに入っていないから久しぶりにここで釣ってみたかった・・・という部分もあるけど。

さて、早朝だけあって気温も低く、アブの野郎どももまだ目を覚ましていない模様。
気兼ねなく半裸になり着替えを済ませていざ川へ。

今朝のフライはいつものアント。
・・・だけど、ここ最近使っていたアントは、ニンフに使うようなカーブシャンクのフックに巻いたものだったのだけども、ちょっと思うところがあって今回は普通のドライフライ用のフックに巻いてみました。なのでせっかくだからそれを使ってみることにしてティペットへと結ぶ。


水量が少なく狙えるポイントも限られているし、これだけ水深も浅いとイワナたちの警戒心もマキシマム。
ヤツラに気取られないように、なるべく遠距離からフライをポイントへと打ち込む。

すると。
浅瀬の脇。
落ち込みの寸前でフライを追う魚影を発見。
一回目は捕食に失敗したそいつを、もう一度同じ筋にフライを乗せて狙い撃つ。


イエス!ストライク!!

P7310018.jpg

昨日と違い、サイズもそこそこ。

とりあえずボンズは抜けたところで、ムサムサと釣り上る。
瀬脇、落ち込みの肩、巻き、プールの流れ込み&開き・・・と、あらゆるところにフライを浮かべてみるけども、やっぱりサカナの出は厳しいねえ。。。
それでもなんとかポツポツと・・・

P7310020.jpg  P7310024.jpg


P7310026.jpg  P7310027.jpg


P7310031.jpg  P7310033.jpg

ニボシのようにチッコイヤツも一匹混じったけども、全体的にサイズは良くて、数こそ出なかったもののけっこうな満足感。

そして時間切れ間際に最後の一匹。


P7310038.jpg


結局、プールなんかの大場所からは一匹も出せず小場所叩きに終始。
それでもまあ、今の状況を考えればサカナの顔が見れただけまだマシってもんですかねえ。


そういえば。
気がついてみるとワタシ、フライに転向してから7月で丸一年が経ったんですね。
まだまだフライの『フ』の字もわからないようなド素人だけど、これからもガンガン練習をしてうまくなれるように頑張らないと。


そんな感じで本日はこの辺で。

スポンサーサイト
プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR