スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.06.26 朝練 東ノ股沢

梅雨入りしたかと思えばいきなりの豪雨で、県内在住の方の釣りブログを読んでみても軒並みその話題。
それでも天気予報によると週末は晴れるとは言わないまでも、少なくとも雨は降らない模様。

土曜日は早朝からお仕事だし、まだ水も引けていないので朝練はパス。
なのでお仕事がお休みの日曜日に長男の新しいテンカラ竿(シマノ 渓峰テンカラLLH33NX)の魂入れを兼ねて東ノ股沢へ朝練しに行ってきました。
このあたりの川って、水の引きが早いのでこういうときにはすっごく便利なのよね。

さて、水の引きは早い・・・とはわかっているも、道中の雫石川や御所湖の様子を目の当たりにしてちょっと不安な気持ちに。
ほんとに大丈夫かな・・・。

で、現地に着いてみるとザッツオーライ。
全然普通です。

早速身支度をして入渓するも、今朝のメインはご長男さん。
なので彼を先行させてまずは一匹でも多く釣っていただき、取りこぼしを当方がいただく作戦。
当方はテンカラ竿のほかに久しぶりにエサ釣りの装備も備えることに。

さて入渓地点からすぐにポイントは目白押し。
キャストの練習は中津川でやってきているので、一応サマにはなっているも、やはり周囲を樹木で囲まれた沢でのキャストは難しいようで、毛鉤を引っ掛けそうでおっかなびっくり竿を振っているもんだから、毛鉤はヘロヘロシュート。
そんな彼が放棄したポイントに、「いいか。よく父ちゃんを見てろよ!」
とかっこつけて毛鉤を振り込むもまるで沈黙。

まあ、散々ハリスで水面をビシバシ叩いた後だから仕方ないよね。

そんな感じで沢を登ることしばらく。
今度は大きいプールに到着。
ここなら周囲を気にしないで毛鉤を振れるだろうということで、長男に好きに攻めさせてみる。

するとキャストはだいぶマシになってきてはいるものの、肝心の毛鉤を振り込むポイントがイマイチ。
どうやらエサ釣りと同じ感覚でポイントを選んでいる感じ。

結局そのプールでは彼はサカナを出すことができず。
だけどね、このプールだったらここだと思うんだ。
という場所に当方が毛鉤を振り込むと、水面をバシャっと割って即イワナが出る。
アワせと同時にブチ抜いてくるもあまり型はよくない。

しかし長男さんは、本当に毛鉤でイワナが釣れるということにいたく感激した模様で、そこからも積極的にポイントを探して毛鉤を振り込む。

imgo 001_1

だけどもアタリは遠く、しかも百合根沢の合流点あたりからどうも人の足跡らしきものが砂地に。
ああ、同じことを考えている人がやっぱりいるんだなぁ・・・。

半ばへこたれそうな長男さん。
藪漕ぎで遅れた隙に当方が見つけたとある陽だまりの中の小さなプール。

ちょっとだけなら、いいよね。
ということで長男を待たずに毛鉤を打ちこむ。

・・・すると。

ガボン。
という音とともに、水面がモコっと盛り上がる。
おおお?
と、すかさずアワせを入れると、その瞬間に竿を力強くグイグイと引っ張り込む強力な手応え。

コイツはちょっとデカいぜ!

竿をUの字に曲げて砂地の地面に引きずり上げると・・・


imgo 003

やべええええ。

imgo 007

こんなん釣っちゃった・・・。
ちなみに尺越え。

これを見た長男は大激怒!
ま、そりゃそうだ。

平謝りに謝って、ヒットした毛鉤も譲り、彼の仕掛けに付け替えて機嫌を取る当方。
でもこれは自分が悪いよね。。。

さてそこから。
やはり先行者が効いてるようで長男さんの毛鉤には食いついてくる魚影はない。
また渓相も少し厳しくなってきて、初心者さんには少し荷が重いか・・・。

ここなら絶対!というポイントでもキャスト前のポジション取りで失敗したり、キャスト失敗で木に引っ掛け、ポイントをつぶして毛鉤を回収・・・。
そんな感じが続き、彼からとある提案が。

「キャストだけ頼む。アワせと取り込みは僕がやる。」

だと。
仕方がないので、とある淵の脇、ここなら絶対にサカナがいるだろうというポイントへキャストしてあげることに。

新しいシマノの竿の感触を確かめる間もなく、スリークォーター気味に頭上に張り出した枝をかわして斜めから毛鉤を振り込む当方。
流れの筋もバッチリ。
これは出るぞ!と思った瞬間。

竿を交代しようとしたところ、モコっと水面が盛り上がりヒットの予感。
これは交代なんてしてたら間に合わない!

とりあえずはビッシリと竿を煽ってフッキング。それからすぐに長男へと竿をパス。
水面ではバシャバシャと魚影が踊る。

そのエモノの引きを楽しみながら竿を立てて引き抜く長男・・・

imgo 009

imgo 011

imgo 013

ご満悦。

だけどそれ、オレが釣ったようなもんだからな。


さてそんな感じで時刻は8時過ぎ。
今朝は9時半から今度は下の子らも連れてプール(こっちも雫石)に行かないといけないのでここで撤収。

釣果としてはイワナ3匹とまあ微妙だけども、目的だった長男の竿への魂入れもなんとか完了したし、テンカラでは初の尺モノも出たのでよしとしよう。

目の前で毛鉤に食いつくイワナの姿を見て、すっかりテンカラに魅せられた長男。
今度は自分で巻いた毛鉤でイワナを仕留めるんですと。

imgo 017


そういえば当方の竿。
尻栓はまだない。
だけどこんな状態でも釣れるので問題ナシ。

imgo 015

そういえばせっかくなので、竿の感想でも書いておきましょうか。

当方の竿:PROX 剣峰てんからSE330 (実売4000円くらい)
長男の竿:SHIMANO 渓峰テンカラLLH33NX(実売19000円くらい。これは中古で10000円)

まずは当方の竿。
まず硬い。そして竿単体で振ってみるとあまりわからないけど、ラインをつけて振ってみるとブランクスごとに硬さが違うのがよくわかる、段がついた感じの振り心地。
重さもまあこんなもんかというレベル。
段付の振り心地も重さも、使っていればあまり気にならないけど、硬さがあるので振込みの際には竿をしならせるためにある程度のスピードが必要。なので腕に筋力がないと、一日振り続けるのはちょっと厳しいかも。
安い竿はキャストの精度が悪いとよく言われるけど、これって多分、硬さが災いしてちょっとの腕のブレなんかがモロに穂先の軌道に影響してしまうせいじゃないかなあ。

そして長男の竿。
すばらしい。やっぱり高いだけある。
振り心地はシルキー。滑らか。振り込みに力は不要で角度とタイミングが合えばスルスルと毛鉤が前へ飛んでいく。
振込み後の竿先のブレもぴたりと止まるのでキャスト後のブレで毛鉤が不用意に引っ張られることもない。
エモノを掛けたあとのやりとりはまだ十分に検証していないけども胴はしっかりしている感じなので、エモノの引き抜きも楽勝っぽい。
この竿については、
「自分がまず一匹釣ったら、その後は貸してもいい」
と、長男さんが言ってましたので、(なんとか一匹はクリアしたし(?))今後の朝練で使い込んでみればまた違った面が見えてくるのかも。

ということで本日はここまで。



おまけ。

昨日の夕方、尻栓が届いていたのでフィッシャーマン盛岡店に取りに伺いました。
お代は315円也。
安っ!しかも注文して1週間以内に部品着とスピーディー。
PROXのこういうところも、アタシ大好きよ。

imgo 020


<データ>

 天候:曇
 気温:13.9℃(観測点:雫石 日最低気温) 
 場所:東ノ股沢
 水位:0.62m(矢櫃川 西安庭)
 釣果:イワナ 3匹(21~30.5cm) 全リリース
 仕掛:レベルライン(3.0m)
     +ハリス0.7m(フロロ0.8)
 毛鉤:EHC#12&自作伝承風小型黒&自作EHCもどき


あれ。
そういえばエサ釣りの装備はリュックから出しもしなかったや(笑
スポンサーサイト

tag : 朝練 イワナ 雫石川 矢櫃川 テンカラ 毛鉤

11.04.30 朝練 東ノ股沢(矢櫃川支流)

 天候:晴
 気温:7.9℃(観測点:雫石 日最低気温) 
 場所:東ノ股沢(矢櫃川合流点~東ノ股沢橋近辺)
 水位:0.65m(矢櫃川 西安庭)
 釣果:イワナ 8匹(16~23cm)
 仕掛:チョウチン1.8m(ナイロン0.6)
 ハリ:オーナー イワナ7.5号
 エサ:キジ


ワタシ決めました。
お仕事はお休みじゃないですが、ゴールデンウィークなので意地でも釣りに行きます。

と、カミさんに宣言しまして今朝も朝練に行ってきました。
本当は子供らと一緒に行く予定でしたが、昨夜は割と激しく雨が降り増水が心配だったので今朝は単独で。

ということで今朝は新規開拓をするために矢櫃川の支流である東ノ股沢へと向かう。
この沢自体は以前に一度行ったことがあるんだけども(前回)そのときは南昌山方面と分岐して沢沿いに通る林道まで自動車で入り、そこからさらに歩いてかなり上流の部分に入った。
が、そこまで向かう道路がまだ冬季閉鎖なので今朝は矢櫃川の合流点あたりに自動車を置き、そこから林道に入って下流部を道路沿いから釣り歩く作戦。

さて5時半に目的地着。
身支度をしてゲートを徒歩でくぐる。
その後しばらくは道路から渓まではかなりの高低差があり、容易にアプローチはできなそう。なのでそのまま道路をテクテク歩くこと20分。
やっと渓と道路の高さが同じくらいになってきたところを見計らい入渓。

以前にこの沢に入ったときは100%イワナのみだったので仕掛けはイワナ用のチョウチン仕掛け。
また今朝はちょっと思うところがあって、いつもの竿(シマノ銀渓ZV60硬中硬)ではなく、釣りを始めたときに買ったPROXの剣峰FE540硬調を引っ張り出してきた。
思うところ・・・なんてもったいつけているけども、単にチョウチン釣りのときに硬中硬はどうもよろしくないような感じがしたので、比較のためにバリンバリンに硬いこの竿で試しに釣ってみようというワケ。

さてその剣峰FEに仕掛けを取り付け、キジをセット。
慎重にポイントに近づきまずは一投。

img 016

・・・秒殺!

エサを落として2mほど流しただけでヒット。
ちなみにこんなポイント。

img 015

このポイントの感じから、もっとデカいのが潜んでいるかと思ったのに見事にチビッコ(涙
まあそれでもこれでボウズは逃れた。

だけど剣峰FE、オメーはダメだ。

硬くて取り込みはしやすいけどもやっぱり重すぎ。
540で200g超はさすがにムリ。

ということでサカナもちゃんといることがわかったしここからはいつもの銀渓にもどしてガンガン釣り登る。

その後は素直に各ポイントからはサカナが出続け、テンポよく進む。

img 001

img 002



上のイワナは↓のポイントから。

img 003

img 004



デカい!!というほどの大きさではないけども、極端に小さい個体も少なく、安定して20cmオーバーが釣れる。

img 007

↓すごく良さそうに見えるけど、ナメ床のプールではアタリは皆無。やはり底に岩などがないとサカナは定位しないようだ。

img 008


ここの渓は底が白い砂地が多く、それのせいかここのイワナたちは体色が明るい色合い。

img 009

img 010

↑のコを↓のポイントで釣り上げたところで時刻は7時。

img 013

img 014

まだまだポイントは続くけども時間切れなので撤収。

春の陽気に汗ばみながら道路を歩いて下り、自動車へ戻る。
いやはや、片道20分とはいえ朝っぱらからいい運動でした。


しかしこの沢のこの区間だけど、林道からのアクセスがよくて楽ちん。
初心者さんや家族連れでも気軽に楽しめるのではないでしょうか。
(遊漁券は必ず買いましょう。)



ということで本日はここまで。

明日はたぶんお子様連れでどこかの沢にいると思います。

tag : 朝練 イワナ 雫石川 矢櫃川

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。