スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14.04.21 朝練 根田茂川

桜も咲いたというのに朝晩はめっきり冷え込むここ最近。
そろそろドライで軽快に釣り上りたいところなのだけども、この調子だと朝練でのドライの出番はまだまだ先になりそう。
そうなるとやはりニンフでの釣りになるわけだけど、これまたなかなか一筋縄では行かず・・・。
ということで今朝はニンフの練習をしに朝練へとお出かけしてきました。

早朝こそ晴れ間が出た盛岡市内。
しかし根田茂川沿いへと着くあたりには雲が出てどんより天気。

今朝の朝練場所はそろそろ水位も落ち着いてきたし・・・ということで根田茂川の中流域へと入ってみることに。

身支度を済ませて川に降り、まずは水温をば。
・・・3度。
うーん、やはりドライはまだまだ無理か。そもそも羽虫が飛んでないし。

それではと、いつものヘアーズイヤーをティペットに結び、ガン玉をつけてまずは岩陰の淀みを狙う。

淀みから、そこの流れ出しにかけてゆっくりとニンフを転がすように流していると、流れが速くなる手前でチクン!と小さくインジケータが揺れる。
すかさずロッドを煽るもこれはフッキングしない。
この場所では数回同じようにインジケータが反応するも掛けることができないまま次のポイントへ。

同じく岩陰の淀み~巻き返しを狙ってニンフを落とす。
流れに巻かれてゆっくりと動くインジケータ。それがピコン!と引き込まれて・・・

P4210017.jpg

まずは一匹目。

その後は同じような巻き返しや、深くて緩い流れの底を探り・・・

P4210019.jpg  P4210021.jpg

P4210023.jpg  P4210025.jpg

P4210026.jpg


あんまり大きいやつは掛からないけど、アタリもまずまずでなかなか楽しい。

そうしたところ、速い流れをまたいで対岸際の深みの底にニンフを沈めて流していたとき。
インジケータがゆっくりと流れに逆らうような動きを見せた。

あれ?引っかかったかな?

しかしここは油断大敵。
根掛りと思って軽く竿を上げたときに限って大きいエモノが食いついているものなのだ。
過去にそれで何度も悔しい思いをしていたのでそれを教訓に、ロッドをアワせのそれと同じように煽ってみた。

すると、デロロロン!!と手元に生き物の感触が返ってきた。
しかも、これはけっこう大きいよ!

早い流れの流芯に逃げ込まれてちょっと焦ったものの、落ち着いてやりとりをしてなんとか無事にネットイン。
サイズは26cmほどとそれほどでもないものの、すでに腹がパンパンでトルクフルないい引きしてました~。

さて、せっかくのそのエモノを記念撮影。
これはなかなかいい型なので、できればキレイな写真で残したいところ。
と、写真のセッティングをしていたら、隙を突いてぬるりとネットから脱走。
まあまだフックが掛かってるから・・・とタカをくくっていたものの、フックはすでに外れてネットに引っかかっておりまして。。。


まあいい。
この後の大場所で同じくらいのヤツを釣ってやる!

と意気込んだものの、このあたりはちょうど風の吹きぬける場所らしくまともにキャストもさせてもらえずに区間終了。

でもその先の川が大きく右にカーブするところを過ぎれば風裏になるから・・・と、カーブを越えたところ、対岸にはルアー釣りの人の姿が。。。


あいや。

さすがにその人を追い越すわけにもいかないし、かといって釣り場所を変えるほどの時間もない。
仕方がないので、ちょっと早いけど本日の朝練はこれにて終了~。
ま、7匹も釣れば上等でしょう。


さて今朝の反省。

『川を渡るときは足元をきちんと見ること』
(↑早瀬を渡渉中に浮石で足元をすくわれてあやうくすっ転びそうになりまして)

これを忘れずに守れば、これからはきっとより安全な釣りができるはず。
それでは本日はこの辺で。



 <データ>

 天候:曇
 気温:5.7度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:根田茂川
 水位:0.62m(宇曽沢 簗川)
 水温:3.0度(6時15分)
 入渓:6時15分
 退渓:7時30分
 釣果:ヤマメ(コッパ~20cm)5匹
    イワナ(18、26cm)2匹
 竿 :シマノ フリーストーンFV 833
 仕掛:リーダー(x6)9ft
    +ティペット(x6)3ft
 毛鉤:ヘアーズイヤー(#16)
スポンサーサイト

tag : 朝練 イワナ ヤマメ 毛鉤 フライ 根田茂川

14.04.17 朝練 米内川

ドライフライでウハウハだった火曜日。
でもやっぱり早朝の盛岡周辺ではまだドライフライには早いかな、といった感じ。

しかも日中こそ気温はそこそこ上がるものの朝は氷点下近くまで冷え込むことも珍しくなく、これだけ寒いと朝練へ行くのも億劫に・・・。

とはいえ、今じゃないとニンフの釣りの練習はできないんだから!と、ココロを鬼にして今朝も早起きして川へと行ってきました。
向かう先は米内川

水位情報を見ると、中津川はまだまだ平時よりも+30cmほど。
ということは米内川も厳しいはず・・・と、思うでしょ?
実際、米内川と並走する米内川林道に入って川を眺めると、水は真っ白で水位もアゲアゲ。
しかしながらこれは例によって外山ダムの雪解け水が大量に放水されているからなので、外山川の合流点より上流は濁りも水量もそれほどヒドい状況でもないのだ。

その上流域のいつも入るあたりが今朝の朝練場所。
朝の6時に現地に到着してまずは着替え・・・
寒さに震えながらウェーダーを履いてロッドを継ぐ。しかし今朝はまたエラく寒いような気がするのは気のせいだろうか。。。


いや、実際にかなり寒いようで、何度かキャストをしていたら一番先端のラインガイドがみっちり氷でふさがれてしまって、ラインが出て行かなくなったりすることもしばしば。
その氷をフォーセップで砕きつつ、やっとのことで目的の場所へフライを流すと・・・


コチチっとインジケーターが揺れ、アワせてみると小さな銀色が引っこ抜けてきた。

P4170003.jpg

うほー。小さい。
けどこの寒さの中で釣れてきてくれたことに感謝感謝でございます。

ちなみに。
寒さで手が痛いほどでしたので高巻き用の皮手袋を着用。


さてその後。

よそ見をしていてインジケーターの反応に気づかずに、アタリを見逃すこと数回。
むぅ。。。


そしてやっとのことで。


P4170006.jpg


もう一匹追加。
ふう。やっと釣れた。

そこそこまともなサイズだし、今朝は寒いしもうこれで帰ろう。

と、退渓地点のちょっと手前の落ち込みにフライを落としたら


P4170009.jpg


ありゃ。
チビイワナ


ということで本日はこの寒さの中で3匹「も」釣れたので大満足でございました。



さて今朝の反省。

『キャストしたらよそ見はしない。』

これを忘れずに守れば、きっと釣り名人に一歩近づくはず。
それでは本日はこの辺で。




 <データ>

 天候:晴
 気温:0.1度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:米内川
 水位:0.27m(山岸 中津川)
 水温:1.0度(6時00分)
 入渓:6時00分
 退渓:7時45分
 釣果:ヤマメ(コッパ、19cm)2匹
    イワナ(チビ)1匹
 竿 :シマノ フリーストーンFV 833
 仕掛:リーダー(x6)9ft
    +ティペット(x6)3ft
 毛鉤:ヘアーズイヤー(#16)

tag : 朝練 イワナ ヤマメ 毛鉤 フライ 米内川

14.04.15 渓流釣り 某河川

昨日の火曜日はお天気もよさそうな予報で、しかもお仕事がお休みだったのでウッキウキで釣りへとお出かけしてきました。
行き先はまず、県北の河川のとある支流。
昨年、はじめて行った川なのだけども、ゴン太のヤマメがガッツンガッツン釣れるのでちょっとお気に入りになっている川なのだ。

さてその川に午前6時30分に到着。

だけど。
雪代バリバリで釣りになりません。。。
水量としては平時の+15cmほどだし濁りもさほどではないのだけども、この川は岸らしい岸が少ないもので遡上は基本的に川通し。ところどころにある深場を突破することを考えるとちょっとこの水量&水勢は現実的ではない。

ということでここは諦めて転進~。

ま、こんなこともあろうかと、綿密なプランを事前に作成しておいたのですよ。

そのプランにしたがって次なる川へと移動開始。
そしてこの移動時間を考えると、次の川に到着するのはおおよそ気温も上がり始めた午前8時頃になるはず。
うん。完璧なプランだ。


そして午前8時。
予定通りに目的の川に到着するも。



あいや。こっちも雪代かい(汗
だだだ。コイツはちょっと想定外。。。

しかしながら次なるプランなどは持ち合わせていないので、意を決してこの川へと突撃する。

・・・水温は・・・6℃ほど。
ハッチもそこかしこで見受けられ、デカいメイフライもふらふらと飛んでいるので最初のフライに#12のクリーム色のボディのパラシュートを結び準備完了。

しかし入渓してしばらくはちょっと水量&渓相的にどうにも手が出せない感じなので、とっとと先へと進むことしばらく。
そしてたどりついた日当たりの良いフラットな流れにフライを浮かべて流していると・・・

パシャっと水面を割って銀色が跳ねる。
ロッドを煽って慎重にラインを手繰り・・・

P4150002.jpg

ちっこいけども無事に一匹目。


その後、コッパちゃんを釣っては逃がし釣っては逃がし・・・。
そうしたところ、突然ドバっとド派手に跳ねてフライに飛びついたヤツが。

驚きながらもすかさずアワせをいれてフッキング完了。
するとコイツ、走るわ跳ねるわ潜るわ・・・

と、釣り味は非常におもしろいんだけども、ちょっと釣れるとガッカリするんだよね。
コレ。

P4150004.jpg

ニジマス(と、ヤマメの自然交配っぽい個体)。



その後。

ビッシバシのウッハウハ。


P4150007.jpg   P4150009.jpg


P4150016.jpg   P4150017.jpg


P4150020.jpg   P4150023.jpg


P4150025.jpg   P4150028.jpg


P4150030.jpg   P4150033.jpg


P4150034.jpg


12時頃、区切りのいいところまで釣りのぼったのでこれにて退渓。

あー。釣った釣った。
たぶん、30匹近くは釣ったかな。半分くらいは6寸程度だったけど。
やっぱりドライフライでの釣りはおもしろいです。

しかしながら自分で今まで巻いたフライの問題点もちょこちょこ見つかったので、それを修正したフライを今後の本格的なドライシーズン前に巻き貯めておかないとイカンなあ。。。


ということで本日はこの辺で。



 <データ>

 天候:晴
 気温:17.4度(観測点:盛岡 日最高気温)
 場所:-
 水位:-m(-)
 水温:6.0度(8時00分)
 入渓:8時00分
 退渓:12時00分
 釣果:ヤマメ(18~25cm)いっぱい
    イワナ(20cm)1匹
    ニジマス?(22、24cm)2匹
 竿 :シマノ フリーストーンFV 833
 仕掛:リーダー(x6)9ft
    +ティペット(x7)3ft
 毛鉤:パラシュート各種(#12~16)
    EHC(#14)

tag : イワナ ヤマメ 毛鉤 フライ

14.04.13 渓流釣り 某河川

なんだか最近、ちょっと忙しいものでなかなか朝練日誌もつけてませんが、それなりに釣りに行ってたりもします。

昨日の日曜日は、雫石の某ヤングマンと某川で待ち合わせ。
自転車を駆使して、まだ手付かずの上流域でウハウハしちゃう作戦・・・

  P4130024.jpg
(初任給で買ったGT tequesta。 久しぶりに乗りましたが、クロモリのリジットバイクって面白いよなあ。9速コンポあたりと入れ替えちゃおうかしら。)


・・・だったんですが、けっこうなところまで自転車で登って釣りましたが、むしろ上流域は水温も低くてあんまりサカナの活性も高くなく・・・。

それでも某ヤングマンはけっこうな数を釣ってました。

ワタシはというと、開始から2時間ほど経ってやっと一匹。。。

P4130027.jpg

その後、ポツポツとは釣れたもののバラしやら掛け損ないが多くて、なんともはや(涙


ニンフの釣りも面白いけど、そろそろドライででっかいヤツを釣りたいなあ~。


それでは短いですが本日はこの辺で。


 <データ>

 天候:晴
 気温:-1.9度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:-
 水位:-m(-)
 水温:1.5度(6時30分)
 入渓:6時30分
 退渓:9時30分
 釣果:イワナ(21~27cm)3匹
 竿 :シマノ フリーストーンFV 833
 仕掛:リーダー(x6)9ft
    +ティペット(x6)3ft
 毛鉤:BHニンフほか(#14)

tag : イワナ 毛鉤 フライ

14.04.08 朝練 根田茂川

いきなりの高気温続き&雨で、いたるところで大水となったようですが、その水もやっと引き始めたかな・・・という状態。
それでは・・・と、今朝は久しぶりに渓流で朝練をしてきました。

行き先は根田茂川
道中、簗川を横目に進んでいるとお手本どおりの白く濁った雪代水。
でもそれほどひどい濁りではないし水量も多いとはいえまあどうにかなる範囲内。
それでも下流~中流はおそらく厳しいだろうから、今朝は下見がてらちょっと上まで歩いてみることにする。

積雪での車止めから歩くことしばらく。
本来の目指していた釣り場まではまだまだ・・・というところだったのだけども、大きな止水のプールが目に付いたので林道から川岸まで降りて水の中を覗く。


と。

おおお。いるいる。
ゴっついのからチっこいのまで大小さまざまなイワナがオーバーハングした岩の陰の水底にごっちゃり固まっている。
中にはその止水から流れの際まで出ているヤツもいるので、こりゃ食い気も少し出てきてる様子。

それでは・・・と、ロッドを継いで釣り支度。

フライは#14のビーズヘッド付きのヘヤーズイヤーをまず結び、水深にあわせてインジケータをとりつけていざ勝負。




・・・


フライを換え、タナを変えあれやこれやと小一時間頑張りましたが、ガン無視されました(涙

でもフライを見に来るヤツはいるので、あるいはマッチしたフライさえあればウハウハ釣れちゃうのかも。
いやしかし、同様の場面にエサ釣りで挑んだことがあるけど、そういえばそのときもガン無視を喰らったっけ(遠い目


ということで、根田茂川の上流の春の訪れはもう少し先・・・のようでした。



それでは今朝はこの辺で。


 <データ>

 天候:晴
 気温:5.0度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:根田茂川
 水位:0.75m(宇曽沢 簗川)
 水温:3.0度(6時30分)
 入渓:6時30分
 退渓:7時30分
 釣果:ボンズ
 竿 :シマノ フリーストーンFV 833
 仕掛:リーダー(x6)9ft
    +ティペット(x6)3ft
 毛鉤:BHニンフほか(#14)

tag : 朝練 イワナ 毛鉤 根田茂川 フライ

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。