スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14.09.14 海釣り 夏泊半島

本日は夏泊半島へ、手漕ぎボートによるマダイ釣りをしにお出かけしてきました。

メンバーはいつものすっとこさんと、手漕ぎボートは初体験の双雪さんとワタシの三人。
ま、秋の大人の遠足ってところでしょうか。

さて深夜に盛岡を出発。
微妙なお天気の青森市に到着後、そふえ釣具店でエサを調達・・・
と思ったらそのそふえ釣具店、早朝五時だというのにレジには長蛇の列が(←若干大げさ)!
さすが日曜日だけあって混雑した店内で、まずはエサとなる冷凍エビを選ぶ。
が、すでにいつものエビが売り切れ。
なので適当にエビを選びその他小物を調達(←実際は買い物はすっとこさんに丸投げ)。
そそくさとそふえ釣具店を後にしボート屋まで急ぐ。


・・
・・・

さてボート屋。
なんですか、この駐車場の自動車の数は!
いつもワタシどもは、平日にしか来たことがないのでその人出にびっくり。
いや、正直ナメてた。大島

とりあえず事前に三人乗りボートの予約をしていたので、ボート屋さんでとっととお金を払ってボートへと向かう。
今日は三人乗りボートだから、三人で漕げるし遠出も楽々だねッ☆

と思っていたのですが、三人乗りのボートでもオールは二組だけなのね。。。

なので、すっとこさんとワタシが漕ぎ手となり、いざ大海原へと出発。


まずは単純に一番近そうなブイを目指してひたすらボートを漕ぐ。
そのブイへと到着し、魚探で水深を測ってみると30m台後半と水深はまあまあ狙い通り。
魚影は・・・。うん、まあいんじゃない?

ということでレッツ実釣スタート。

DSC_1485.jpg


開始してまもなく、すっとこさんが早々に目的のマダイをゲット。
サイズはまあ、デカくはないけど決して小さくはないといったところ。

これを目の当たりにした当方ら、噂では昨日の土曜日もかなりの釣果だったらしいし、今日はきっと楽勝ウハウハだよ!

・・・と思っていたんですけどね。。。

なんていうか、まあ、ぶっちゃけ釣れません(涙
水深40m~50mあたりまで、さまざま回って釣ってみましたが、どうにもこう楽勝って感じじゃねぇんだよなあ。

でも途中、テンヤのフックを伸ばされて惜しくも大物をバラした人がいたり、ポツポツと忘れた頃にアタリが来たりと、まるっきり気の抜けない展開。


その後、なんとかかんとか午後2時頃まで頑張って全員がマダイの顔を拝んだところで本日は撤収。
ワタシもちゃっかりマダイを釣ってきましたよ。
・・・サイズは微妙でしたが。


DSC_1488.jpg


そのほかにも

DSC_1490.jpg

こんなのが釣れたり、サメが釣れたりエイが釣れたり。
サメとエイは海へ返しましたが、マダイとワタリガニはおいしくいただきました。


DSC_1494.jpg  DSC_1492.jpg

今回は残念ながら大型マダイを釣り上げることはできませんでしたが、来月あたりにもう一度、夏泊半島のマダイへと再チャレンジしたいと思います。


そんな感じで本日はこの辺で。




スポンサーサイト

tag : 夏泊 大島 手漕ぎボート

14.07.17 海釣り 夏泊半島

本日は今年の4月にカレイを狙いに行って以来、久しぶりの手漕ぎボート釣りですよ。

いつものすっとこさんから、「夏泊のマダイはなんだかお祭り騒ぎらしいですよ!これは是非行きましょう!!」
というお誘いをいただきましたので、狙うはマダイ。
お話しではかなりのフィーバー状態『だったらしい』のですが・・・。


『だったらしい』

ココ、ポイントです。

確かに2週間前まではボート屋さんも驚く釣果が続いていたそうですが、ここ最近はといえば。

  「決して『釣れている』とは言えないかなあ」 (ボート屋さん談)

だそうで。
どうやら産卵前の荒食いの時期が、前述のお祭り騒ぎ期間だったらしく、今は産卵も終え、マダイたちはちょうど産後の絶食期に入ったようで・・・。

それでもッ!それでも、もしかしたら産みそびれてウロウロしているヤツもいるかもしれませんし、そもそも海へ行かなければサカナは釣れやしないのです!!
もう行くと決まって一度燃えたココロは容易に鎮火せしめることはできやしないのです。



ということで、なんとなく戦う前から負け戦ムードに包まれながら夏泊半島へ向けて出発。

・・・って、前置きが長いですよね。
ええ、大丈夫。
肝心の釣りの様子のほうは、おそらく10行くらいで済みますので。


・・
・・・

途中、いつもの「そふえ釣具」(青森市)でエサを調達。
本日はテンヤでマダイを狙うので冷凍エビ、あとは万一の保険のためにサビキ用のオキアミとイソメを購入し、いざ向かうは夏泊半島の大島

ボート屋さんに到着すると、すでに海上には数艇のボートが浮かんでいる。
なんだ、けっこういるじゃない。
と、少し安心してボート屋さんの中で手続きをしながら情報収集。

が。
やっぱり状況は厳しいみたい。。。

ま、でも最悪はサビキでもやればなんとかなるでしょ。


・・・と思っていましたが、現実はシビア。

意気揚々と海へと漕ぎ出したのはよかったが、まずはボートを係留するブイが見当たらない(汗
必死に漕ぎ進めてけっこうな沖まで来たところでやっとブイを発見。
さっそくそこへボートを寄せて今回初投入の自転車のリムを使い、ワンタッチで係留完了。
そしてワタシのいつものワカサギ釣りで使っている魚探(イーグル Fish Easy 350C)の振動子を投下。
すると、水深は約40mほど。ボート屋さんで聞いた話では35mあたりが良いとのことだったので、ちょっと深すぎたか。

とはいえ、まずはやってみましょう、ということで、レッツスタート。

すっとこさんは怪しい手釣りサビキ(インチク付き)、ワタシは普通の竿でサビキを使ってまずは一匹ゲット・・・という作戦。

が、海中は異常なしッ!(ビシッ


その後、35mラインまで移動しブラー、サビキ、テンヤ・・・とさまざまな釣法でトライするも、海中は異常なしッ!(ビシッ
ということで、ワタシは丸っとボンズでした(涙



でもね。
本日はご生誕日だったカレ、しっかりマダイを釣ってましたっけ。

xsIbEjOJWL2bDWH1405647287_1405647344.png

ちなみにこのマダイ、この日、大島で『唯一』のマダイ(笑

また、こういうのも釣ってましたっけ。

KzBM9GCI5M0lZg51405647407_1405647429.png



そんな感じで10行では終わりませんでしたが、なんだかんだでアタリは数回あったし、海でボートを漕いでるだけでも面白いし・・・と、思い返せば楽しい一日でございました。それに魚探の有用性がわかったし、自転車リムの使い心地も試すことができましたしね。
ちなみにこの自転車リムでのワンタッチ係留、もうコレなしでは手漕ぎボートはありえない、というほどの素晴らしい使い心地でした。

そんな感じで本日はこの辺で。
ちょっと今回のボンズは精神的にダメージ大なので、近いうちに防波堤で意趣返しをしてこようと思います。



tag : 夏泊 大島 手漕ぎボート

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。