12.08.31 朝練 根田茂川

ようやく足の指のところの傷も良くなってきていまして、昨日とうとうカットバンも全部はがしました。
まあ、まだちょっと痛いけどあとはほっときゃいいでしょう。

ということで、リハビリも兼ねて今朝は根田茂川の上流で朝練をしてきました。
だんだんと夜明けが遅くなってきていることもあるので自宅を5時ちょうどに出発。
渓流快速3号は父親に強奪されたので仕方がなく軽自動車での出撃。
でも燃費が劣る以外は自動車のほうが快適なんだけどね。

さて現地には6時ちょうどに到着。
身支度を済ませていざ渓へ。


やはり水の少ない渓へ降り、まずは水温を計る。
16.5度・・・うーん、まあこんなもんか。
ということで戦闘開始。



(中略)



さ。
ボンズだったし帰るとするか。

だって今日はリハビリだもん。
だからボンズでも悔しくないもん。
ほんとだもん(涙目)。


いつものことですが、川の名誉のために申し上げますが、サカナはいます。
手元でバラしたのも一匹(イワナ23cmくらい)います。
でも釣れないんだよなぁ~。


それでは本日はこの辺で。

土日は今年最後の川下り(閉伊川川下り大会)なのでおやすみ。
もしかしたら土曜日は閉伊川の支流に入るかもしれませんけども、チョイ釣り程度しかできなそうです。
なので、定休日の来週火曜日にちょっと遠出してこようと思います。


<データ>

 天候:晴
 気温:24.2度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:根田茂川
 水位:0.29m(簗川 宇曽沢)
 水温:16.5度
 入渓:6時00分
 退渓:7時00分
 [テンカラ
 釣果:ボンズ
 竿 :シマノ 渓峰テンカラSX RT33 
 仕掛:レベルライン(フロロ4号) 3.3m
     +ハリス(ナイロン0.8号) 0.9m
 毛鉤:ピーコックP
スポンサーサイト

tag : 朝練 根田茂川 テンカラ 毛鉤 ボウズ

11.06.14 朝練 根田茂川上流

昨日の朝練でバラバラに折れたココロですが、昨夜、アルコール度数25パーセントの魔法の液体によって見事に接着完了しましたので、今朝も朝練に行ってきました。

で、昨夜は飲みながら・・・じゃなくて接着作業をしながらいろいろ考えてみたんですね。釣れない理由ってのを。
まあ考えられるのは以下のあたりではないかと。

①サカナがいない
②狙うポイント間違い
③毛鉤が合わない
④アタってるのに見逃し

でまあ、①はどうしようもないですね。こればっかりは。
そして他のケースですが、これもちょっと経験を積むしか方法はなさそう。
アタリの判断にしろ、狙う場所にしろ、どういう毛鉤が合うのかの判断にしろやってみなくちゃわかんない。
ただし漠然と毛鉤を振るだけではなく、ちゃんとサカナがいる場所で、その反応を逐一確かめながら練習しないとただのキャスト練習にしかならない。
でも、実際にガバガバ釣れるような場所なんてそうそうあるもんじゃない。
それじゃ単純に1時間でアタリが2回しかこないような場所で2時間やって、それで4回アタればその経験値は2倍もゲットできるじゃないか。

・・・などという力技を発動。

そのために今朝は3時半に起床して根田茂川の上流、砂子沢へ行ってきました。

目的地は砂子沢の八木巻橋の次の橋から下流、約250mほどの区間。
ここは盛期には渓にアクセスするためにだいぶ苦労して藪漕ぎをしなくてはいけないので、他の区間よりも竿抜けが期待できるだろうという判断。

さてまだ薄暗い朝4時前に盛岡市内を出て、渓に到着したのは4時40分。
身支度を整えて、5時前には釣り開始。


だけど・・・。

ここまでやってもアタリなんて全然ないし。

川岸の砂地を見るとあっさりフェルト底の足跡が残ってるし。

で、折れそうなココロを何度も励まして釣り登ること1時間半。
徐々にガタゴトと林道を登っていく自動車が増えてきたあたりに、やっとアタリ。
だけど毛鉤は沈めていて見えないし、ライン変化も見つけることができず、手元にガガガ!と感触が伝わってきた時点では時既に遅し。
見ると、落ち込み前の肩のあたりにはけっこういい型のヤマメがひょろひょろ泳いでいる。

頼む!もう一度!!

と祈りながら毛鉤を流すも、敵は非情。
あっさり毛鉤を無視してどっかへ泳いで行っちゃいました。

その後も何度か同じように手元にブルルン!というアタリがあるものの、これら全てが遅きに失して結局釣果はゼロ。


でも、前回と違ってアタリがあっただけでもマシか。
それにこんだけボッサボサでも毛鉤のロストはゼロだもんねー。
(何度か木には引っ掛けたけど)

と強がっていますが、けっこう僕のハートはズタボロです。

今夜も強力な接着剤を使わないと、明日の朝練には出かけられそうもありません。


ということで本日のデータを下記して今日はここまで。

<データ> (今日から末尾にデータを記載します)

 天候:曇
 気温:16.0℃(観測点:盛岡 日最低気温) 
 場所:根田茂川上流
 水位:0.49m(簗川 宇曽沢) ←だいぶ渇水気味
 釣果:ボウズ
 仕掛:テンカラ 自作テーパーライン+レベルライン(3.0m)
     +ハリス1.5m(フロロ1.5)
 毛鉤:自作ブチル逆毛鉤・ブチル順毛鉤・EHC#12


そういえば釣ってる最中、白いR●V4が、上流方面へ登ってった気がします。

tag : 朝練 ヤマメ 根田茂川 ボウズ

11.06.13 朝練 簗川中流・根田茂川下流

 天候:晴
 気温:13.8℃(観測点:盛岡 日最低気温) 
 場所:簗川中流・根田茂川下流
 水位:0.49m(簗川 宇曽沢)
 釣果:ボウズ
 仕掛:テンカラ 自作テーパーライン+レベルライン(3.0m)
     +ハリス1.5m(フロロ1.5)
 毛鉤:自作ブチル逆毛鉤・ブチル順毛鉤・EHC#12


あぁー、もー。

前回の朝練で、せっかくテンカラでの釣りに少し自信がついたところだったのですが、今朝でそれも崩れ去りました。

まるっきり釣れませーん。
おもしろくないので今朝の日誌はなげやりです。

まずは簗川の中流、川目小学校の前から入渓。
ここはエサでも入ったことがない区間だけどおもいっきり美しい渓相なので、まあコッパくらいだったら間違いなく釣れるべ。
と甘い考えを持っていたのが悪かった。

毛鉤を振り込むこと小1時間。
コッパが釣れるどころか、パシャっとも来ないし。

もうだめ。とあっさりココロが折れて退渓。

でもボウズはいやだし・・・ということでエサでは絶対の自信のある根田茂川下流のポイントへ移動。

だけど・・・

ここでも全然ダメ。

タイムアップ間際に一回だけバシャ!!とかなりデカい水音をたててサカナが出たけど釣れないと決め付けていた当方は、ココロの準備ができておらずに、ただただ呆然と見逃し。

この見逃しが決定打となってココロがまたもボッキンコ。

今朝はこんな感じでしっぽを巻いて帰ってきました。



でも言い訳します。
今日は月曜日。
ということは昨日は日曜日。
その前は土曜日。
で、土日はお天気がよかった。

何が言いたいかというと、お天気のよかった週末の翌日なんて釣れるわけないじゃん。
きっと週末にみんな抜かれちゃったんだよ。

・・・ということにしておいてください(涙



それでは本日はここまで。

明日までに折れたココロがくっついていれば、またテンカラの練習をしようと思います。


tag : 朝練 根田茂川 簗川 ボウズ

10.07.21 朝練 根田茂川上流

 天候:晴
 気温:20度 (国道106号線川目の気温表示板)
 場所:根田茂川上流(作業小屋~雌滝)
 釣果 テンカラ:ボ(涙
    エ サ :イワナ (21cm) ×1(リリース)

本日の朝練根田茂川上流(砂子沢)でイワナテンカラで釣るという趣旨。
いつもの朝練場所よりは遠目の場所なので、少し早めの4時出発。

まだ薄暗い国道を走って行くと、天狗森の産直のあたりに怪しい物影。
うお。クマか!と思ったらカモシカでした。
いやまぁカモシカでも十分に珍しいんだけどね。


そんなこんなで釣り場に到着。さすがにまだ誰もいない(笑
川の水もだいぶ引けて、渇水というほどではないけど若干少なめなほど。
こういうときはイワナが良く釣れるんだよなーとわくわくしながらウェーダーを履いてベストを着る。

本日はまずはテンカラで攻める。
仕掛けはフロロの3.5号を3.5mにフロロ0.8号のハリスを1.0m。
毛鉤はまずはカディス#16。

早速毛鉤を引っ掛けないように周囲に気をつけて小さな落ち込みへと毛鉤を飛ばす。
・・・無反応。
3~5回ほどキャストしてダメなときは即移動する。
が、どこでもダメ。
ライズすらない。
うぉおおおお。エサなら、エサなら釣れるのに!!!
禁断症状に悶え苦しみながら上流へと釣り上る。

が、本当に釣れない。
これはどうしたことかと、とりあえずエサで一度試してみることにする。
こんなこともあろうかと、ちゃんとエサ釣り用の竿も持ち歩いていたのだ。

さて仕掛けはナイロン0.6号のチョウチン通し仕掛け。ハリはキジスペ7号。
エサはキジ・・・のつもりが、キジ箱を開けてみたところ、ここ数日の暑さで全滅。
仕方がないのでしばし川虫採取タイム。

やっとのことでオニチョロを数匹ゲット。
それをハリにつけて、ここでイワナが出なければウソでしょう。というポイントへ流す。
・・・。

あれ?まるで音ッコ無し。

そんなはずはないのになぁと数回打ち込みなおすが反応はない。
それならばと少し上流を攻めるが、そこでもダメ。
ありゃー。テンカラ云々ではなくて、こりゃサカナが抜かれきってるな。
渡渉しているときも足元を走る魚影はほぼなく(たまにちっこいイワナがちょろっと走るだけ)全体的にサカナがいない感じ。

とはいえ、せっかくここまで来たのだから・・・と、竿をテンカラに戻して再度釣り上る。
だけど、釣れない釣りというものはやっぱりつまらないもので、だんだん集中力も散漫に。
次第にキャストも適当になってきて、木の枝や葉っぱに引っ掛けまくり。
それでも一度やっとのことでライズがあって、もらった!と思ったけどアワせ失敗。
このアワせ損ないが致命傷となって集中力は完全にゼロ。
もう一度同じ場所に振り込むつもりが真上の木の枝を釣ってしまう。
こんな大事なときにもう!!と強引に引っ張ったら・・・

このまえ買ったばかりのテンカラ竿、#2がポッキリ逝きました\(^o^)/

ありゃーやっちまった。
と、ショックを受けながら尻栓を開けて、折れたところを確認しようとしたところ、するっと何かが滑り落ちて行った。
ん?なんだあれ・・・

今度は#3、するっと抜けて急流に飲まれて流れて逝きました\(^o^)/

あぁ。再起不能。。。
しかし帰るにはまだ早いし・・・ということで急遽エサ釣りにスイッチ。

ここ最近はずっと長い仕掛けでヤマメ釣りをしていたので、チョウチン釣りもなんだかイマイチ。
こりゃボウズか・・・と諦めかけながら深場のドン底辺りを流してみたらやっとアタリ。
ピシっとアワせるとけっこうデカそうな手ごたえ。
サカナを抜きあげて竿を畳んでいくと、尺近そうな大物。
が、仕掛けが短すぎてこれ以上竿を畳むと折れそう・・・。
どうしようかと思案している最中に、ビトンビトンと暴れたサカナはハリから外れて逃げていきました\(^o^)/

もうね、今日はなんなの?
と半ばヤケになりながらせめて一匹・・・とガンガン上流を目指して釣り上る。
が非情にもアタりはまったくなし。
やっと雌滝の寸前あたりの少し深い瀬でツツンとアタって抜き上げたら口元に痛々しいハリ跡を残した21cmのイワナ
やさしくハリを外してリリースし、ボウズも逃れたので本日は撤収。



さて、竿の部品でも注文してこようかなっ(涙

tag : 朝練 イワナ 根田茂川 ボウズ テンカラ

10.06.26 朝練 根田茂川下流

 天候:晴
 気温:15度((国道106号線川目の気温表示板より)
 場所:根田茂川(落合橋~片貝橋)
 釣果:ボ(涙

本日は仕事がお休みなのだけど、長男&次男の小学校で授業参観があり9時には学校へ行かなくてはならないので入渓しやすい根田茂川でさっくりと朝練

仕掛けは0.4号通し3m仕掛けでハリは新ヤマメ7号。
数日前の大雨の影響か、川は増水気味で水も軽く濁っているのでエサはキジ。

いつぞやも同じような状況でこの川に来たんだけどそのときはけっこうな数のヤマメが出たので期待してつり始めたんだけど、いままで一度も釣れなかったことがないというくらい必釣のポイントからもまるっきりアタりはなく、時間内めいいっぱい使っていろいろ探ってみたけど本日はボウズ

いや実は深い淵を探っているときに一度アタリがあったんだけど、アタリと同時に道路から通行人に話しかけられてアワせをしくじりまして。
とはいえその後に同じところを探ってもアタらなかったところを見ると単に底にオモリが当たっただけかもしんないけど。


ということで釣れなかった日の練習日誌は短いのです。

tag : 朝練 根田茂川 ボウズ

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR