15.05.04 渓流釣り

連休に入っても毎日お天気がいいですねえ。
この調子なら・・・と、5月4~5日にかけて子供たちを連れてキャンプへ行こうと思っていたのに、ピンスポットでその日だけ雨の予報。。。
仕方がないのでなんとかかんとか仕事の折り合いをつけて予定を繰り上げ、3~4日に、キャンプをしにお出かけしてきました。

で。

もちろん川が近くにあるキャンプ場ですからやることは一つ。

長男と朝から川へと向かうも・・・。

あっち。
こっち。
自動車。
いっぱい。
釣り人。
いっぱい。

だだだ。ダーメだこりゃ。
合間を見つけて川に入ってみたものの、雪代が入って濁りがあるし、そもそも連日人が入っているような感じでまるっっっっきり釣れず。

なのでとっとと見切りをつけて転進。

次の川は少し離れているし、なにより遡行が少し難儀な川なのでなんぼかは釣れるだろう・・・

・・・なんて思ってたんですけどね。

ぜーんぜん釣れません。
ってか、新しい足跡だらけ。

ということで、今回のことはなかったことにしましょう。
決して、長男は3匹、ワタシが2匹(オールチビイワナ)だったからノーカンにしようっていうのではありません。

悔しくなんてないもん。
いや、まじで。

テンカラの長男いわく、
「先行は餌釣りみたいだから、瀬脇の浅場を流すと釣れるよ」
だって。

うるせぇことを言うようになったなあ。


P5040016.jpg


P5040011.jpg


では。また。






スポンサーサイト

tag : イワナ フライ テンカラ

13.07.24 朝練 中津川

やっとなんとか釣りができるかな・・・という状況になった盛岡周辺の河川。
とはいえどもまだまだ水の量は多くて、釣り場はかなり限定される感じ。

でも、今日の午後は双雪さんと遊ぶ予定をしていたので、その釣り場を探すために、今朝は朝練がてら中津川へとやってまいりました。

霧雨の中、中津川沿いを渓流快速(RA125)で走りながら釣り場を探す。
いままで入ったことがある場所は、大水のためにまるで釣りにならなそうでボツ。

うーん、困った・・・。

と、うろうろしていると、ふと目に入った開けた渓相のとある区間。
まあダメでもともと・・・ということでレッツ調査!

ガケを下り笹薮をかきわけて、なんとか川へと降り立つ。
おお。これは素晴らしい渓相!
・・・これで水が少なかったら・・・だけどね。。。

それでもところどころにある、ゆるい流れの中にある沈み岩の周辺などはなかなかの好ポイント。
早速フライロッドを継いで釣り支度を開始。
今日はティペットにMARUTOの#14フックに巻いたインチキパラシュートを結ぶ。

そのインチキパラシュートをポイントめがけて振り込むと・・・。

着水と同時にヤマメが垂直に飛び上がる!
うおおお!と、アワせてみたけども、どうも飛び跳ねてはきたものの毛鉤は咥えそこなったみたい。
それならばもう一度・・・と思い、何度か同じ筋に毛鉤を流してみたけども、跳ねはなく・・・。
でも、サカナはいるね!

と、ここから。



P7240033.jpg  P7240021.jpg  P7240047.jpg


P7240042.jpg  P7240040.jpg  P7240044.jpg


なんともはや久しぶりのウッハウハ。
1時間30分ほどで15匹のヤマメ
6寸前後が多いけど、ときおり7~8寸が混じる感じで非常にイイカンジ。

だけどもなにも、いいことばかりではないのよね。

まずはクモの巣がすごくて大変。。。
ティペットに絡んだクモの巣を爪で外そうとして数回ティペットをオシャカに(涙
もちろん毛鉤もすぐにクモの巣だらけでぐちゃぐちゃに。
まあ、それだけ人が入っていないということなんだろうけども、これはほんと悩みの種。
しゅーっとスプレーすると、たちどころにクモの巣が溶けてなくなる・・・なんてそんな薬品がほしいです。まじで。

それと、ベストのポケットに入れていたギンク(フロータント)が、いつの間にかなくなってました(涙
毛鉤やティペットを替えるたびにポケットから出したり入れたりしていましたので、その最中にどこかへ落としたのでしょう。
まだ買ったばっかりだったのにー。

ということで、釣りから帰って出勤後、たまたまそちら方面に用事があったのでイーハトーブ釣具店で新しいギンクを購入。今度はなくさないようにボトルにはダイソーで買ったケーブルをつけときました。




・・
・・・

さて。

朝練はそんな感じでウハウハだったのですが、まさか朝方にさんざん釣った場所へお師匠様をお招きするわけにもいきませんので、ちょっと心当たりのある区間へ、これまた初めてなのですが潜入してみましたところ、これもまた素晴らしい渓相。

これだったら!

という希望を胸に、午後はそこへ双雪さんと一緒に入渓。



が。

チーン(沈


序盤こそ、アタリは少ないながらもポツポツ釣れてましたが、後半はじぇんじぇんだめ(泣

んでもまあ、今日は
『いろいろなフライロッドを振って楽しむ会』
だから、ロッドを振ることが第一。釣果は二の次でしたので。

で、その肝心のいろいろなロッド。

双雪さんの手持ちのロッドを数本お持ちいただきまして、そのロッドお借りしてとっかえひっかえ釣ってみました。
やっぱり、それぞれの竿でクセというか特性というか、そういうものが全然違うもんなんですねえ・・・
ということを実感いたしましたのが、本日の最大の収穫。
どれもこれも素晴らしいロッドばかりで、とても勉強になりました。
まあ、それに見合う腕がワタクシにはまだ全然ないのですが・・・。




そういえばワタクシ、ひさしぶりに川で思いっきり転倒。
上半身も含めてズブ濡れになりまして、ウェーダーの中まで大浸水でございました。
(実はその前に渡渉中に流されそうにもなりましてん)

この事故でズブ濡れになったウェーダーが乾くまで、しばらくは活動が休止ということになりそうです。
(というか、このごろの長雨で釣りどころではないですが。)

そんな感じで本日はこの辺で。



 <データ> ※朝練

 天候:曇/小雨
 気温:19.8度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:中津川
 水位:0.17m(山岸 中津川
 水温:11度
 入渓:5時45分
 退渓:7時20分
 釣果:ヤマメ(コッパ~24.5cm)15匹
 竿 :ダイワ ストライクフォース F764-4
 仕掛:リーダー(x5)10ft
    +ティペット(ナイロン1.0号)2ft
 毛鉤:インチキパラシュート


tag : 朝練 ヤマメ 毛鉤 テンカラ フライ 中津川

13.06.16 渓流釣り 某川支流

先日、とあるルアーハンサムに「行かないか」と誘われましたので、尻軽な僕はホイホイとついて行くことにしたのダ。


ということで本日はいつもコメント欄でお世話になっている「あひるさん」と一緒に、某所の川へと出かけてきました。
以前からあひるさんより機会があったらご一緒しましょうとお誘いいただいていましたし、「テンカラ釣りというものを見てみたい」というリクエストをいただきましたので、ちょっと恥ずかしいのですが、テンカラ釣りの一端でもお見せできれば・・・と思いまして。


さて先日はかなりまとまった雨に見舞われた盛岡市内。
こんなんで釣りになる川ってあるんかいな、と、ちょっと不安だったのですが、事前に中止の連絡もないし、これはGOってことだよなあ・・・。
そんなことを考えながら待ち合わせ場所へと急ぐ当方。

そして待ち合わせ時間ぴったりに、あひるさん登場。
はじめましてのご挨拶もそこそこに、今朝の作戦を軽く打ち合わせてさっそく川へ。

まずは入・退渓点へ自動車を置いて・・・
とのことで、あひるさんの先導のもと自動車を進める。
するとどうやらあひるさんのお知り合いの方が、すでに目的の川へと入っている模様。
そこで急遽、今朝はこのあひるさんのお知り合いであるslowlifeさんへ合流して、3人での釣行ということに。


・・
・・・

slowlifeさんと合流した当方ら、さっそく川へと入る。
当然ワタシは初めての川なのだけども、渓相をみるに、これだったらテンカラでもなんとかなりそうか・・・
ボサがもうちょっとキツいと厳しかったところだけども。

そのいわゆる小渓流へ、まずは・・・と譲られるままワタシが竿を入れることに。
ここのところしばらくは短いフライロッドばかりを振っていたので、3.3mのテンカラが無性に長く感じる。
周囲に引っ掛けないように慎重にキャストをしはじめるが・・・

入渓してすぐにある、深めのプール。
ここへ毛鉤を浮かせて流れに乗せると・・・
パチャ。
と、早速反応がある。
しかしこれはアワせも全然合わずにペケ。
お次はプールのど真ん中に浮かせて・・・。すると、ひょろろーとヤマメが浮いてきて(けっこう良型)、毛鉤を追いかけている。そして口を使ったその瞬簡に!
竿を煽ってアワせてみるも、竿は頭上の木の枝にぶつかるわ、毛鉤は引っこ抜けてその枝に絡まるわとカッコ悪いこと極まりない。

もう一度出るかなあと思ったけども、そうも甘くはなく・・・。

その後、しばらくはワタシが先頭になって釣り進むものの芳しい反応がないまま時間と釣り場を消費していく。
ちょっとこのままだとあんまりにも申し訳ないので・・・
と、先頭を交代してしばらくは小渓流のルアー&テンプラー(あひるさん考案)の釣りを見学。
軽妙なトークと軽快なステップで釣り進むあひるさん&slowlifeさん。

これですぐにルアーでヒット!
となると、ワタシも立つ瀬がないのだけども、どうもやはり昨日の雨で水温が下がったせいなのか、サカナの活性が低いようでルアーでもあまり反応は芳しくない模様。
それでもslowlifeさんがまずヤマメを一匹ゲット。

その後、ワタシが落ち込みの肩で同じくヤマメを一匹。
落ち込み肩ギリギリで空アワせしたところへの、スレでのフッキングでした。

P7070008.jpg


そこからまた先頭を交代したりされたりで釣り進むが、やはり反応は薄いまま。
あひるさんも、何度もルアーにチェイスがあったり、フライへ反応はあったりもするがなかなかゲットにまでは至らず。

そんな中、slowlifeさんにイワナ、当方はライズを繰り返しているヤマメを発見してそれをゲットし各2匹目。

P7070009.jpg


そしてワタシの撤収時刻も差し迫った時間帯、あひるさんに待望の一匹!
かなり遠方からライズを繰り返しているエモノを狙いすましてのゲット、お見事でした。
しかもサイズもいいイワナ(9寸)に、一同は大盛り上がり。

この後、大物の期待を膨らませつつワタシが先頭を釣らせていただきましたが、釣果の追加は叶わずここでタイムアップ。
ここから先のお二方の健闘をお祈りして、一足お先に退渓してまいりました。


結局、今朝のワタシの釣果は2匹でしたが、新しい釣り場で、しかもグループで釣るというのはやっぱり楽しいもんですなあ。
しかしながら今朝はワタシのヘタクソなテンカラ釣り、全くのお目汚しで恥ずかしい限りです(恥



最後になりましたが釣り場などのコーディネートをしていただいたあひるさんと、快く合流に応じていただいたslowlifeさん、今朝は大変お世話になりました^^

それでは今朝はこの辺で。
あの後、デッカいの釣れたのかなあ。


 <データ>

 天候:曇/晴
 気温:21.4度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:某川支流
 水位:-m(-)
 水温:13~14度
 入渓:6時30分
 退渓:8時45分
 釣果:ヤマメ(19、21cm) 2匹
 竿 :シマノ 渓峰 テンカラSX RT33
 仕掛:レベルライン(フロロ4号)3.0m
     +ハリス(ナイロン1号)0.9m
 毛鉤:インチキパラシュート

tag : ヤマメ 毛鉤 テンカラ

13.06.30 朝練 中津川

今月末は会社も決算でして、本日は棚卸のために日曜日ですが出勤でございます。
本当は昨日の土曜日に朝練に出るつもりだったんですが、朝、目が覚めたら7時30分でして(涙

土曜日にさんざんいじめられたんだろうなあ・・・とは思ったのですが、行かないでゴモゴモ言うよりも、行ってゴモゴモ言うほうが幾分建設的なので、今朝は5時に起きて朝練へと出かけてきました。

ところが、昨夜のうちにウェーダーの下に履くステテコやら、長袖シャツやらを準備していたところ、その動きがヤツ(長男)の目に留まってしまい・・・。
なので、今朝は長男も同行しての朝練釣行。

さて霧雨の盛岡市内を抜け、今朝の朝練場所である中津川を目指す。
途中、釣り人らしき自動車を数台みかけ、この川の人気ぶりを改めて目の当たりにする。
いやしかし、ほんとに釣り人が多いね。ここ最近。

すでに竿を差している釣り人を横目に、当方らは上流へと進む。
そしてイイカンジの瀬が続く区間を見つけたので、んじゃまあ、今朝はここら辺で。と、あくまで適当に場所を決定。
とっとと身支度を済ませて、いざ入渓。

しかし、当方はちょっと腹部に異常をきたしてしまったので、ちょっとご休憩。
とりあえずは長男に釣らせて、ご用を足す。


・・
・・・


よーし。軽量化完了(御下品)。

ということで、長男にここまでの様子を聞くと、パチャっともこないそうで。

ええええ?マジで?
と、しばらくはカレの釣りを見学。
ちなみに、今朝はワタシがフライで長男はテンカラといった按配。

あいやー。ほんとにパチャっともこないねえ。
というかさ、近ずきすぎだって。ポイントに。
なんて横からゴモゴモ言っていたら、ご長男さんはミスキャストで頭上の木をフィッシュオン。

その隙にワタクシがその上流のポイントをいただきよ!

P6300018.jpg

おいおい。一発じゃないですか。
ちょっと深めの流れの流芯に乗せて毛鉤を流してみたところドシュ!っと飛び出してきました。
瀬脇じゃなくてど真ん中。

だんだんとフライロッドでのやりとりも、考えるより先に手が動くようになってきた感じであぶなげなくネットイン。

そしてそのエモノをいまだ頭上の木に絡まった毛鉤と格闘する長男に見せびらかしてから優しくリリース。
さて、それじゃあキミのほうもどうにかしてあげましょうかね。
と、フライロッドを長男に渡して好きに釣らせている間にこちらは絡んだハリスを交換して毛鉤もチェンジ。

どれひとつ。
と、長男のテンカラ竿(高級品!)を軽く振ってポイントに毛鉤を打ち込んでみる。
階段状の落ち込みが続くセクションの間にある、ちょっとした止水に毛鉤を浮かせて・・・
そして流れに巻かれて毛鉤が落ち込みへ・・・の肩で、お約束どおりにパシャっと跳ねが。


P6300020.jpg

このサイズは余裕のブっこ抜き。

しかしこの一部始終を、上流で釣っていた長男に見られていました・・・。

テンカラだろうがフライだろうが関係ないねん(どっちも同じ毛鉤を使ってるし)。
と、竿をとっかえひっかえヤマメを抜きまくり。

P6300023.jpg  P6300029.jpg  P6300033.jpg



長男に釣らせるべく一生懸命サポートしたのに、カレは最後の最後に良型(たぶん8寸くらいのヤマメ)を掛けるも、足元でバラしちまってやんの。

結局、サポートに時間をとられた割りにはフライで5匹、テンカラでも3匹と、なんだかんだで数は出たかな。
実釣時間は1時間に満たないくらいでこの数字なので、まあまあ優秀ではないでしょうか。
あからさまな大場所からは一切サカナの跳ねはなかったのですが、ルアーやエサ釣りには不向きな浅場には割りとサカナは残っているような感じでした。

だけども、ちょっと気になったのがイワナの不在。
このあたりだったら良型のイワナが出てもおかしくなかったんだけども・・・。


そんな感じで今朝はこの辺で。
釣ってるときは足も痛くないんですけどね。
なぜか仕事場に向かうと痛むんですよね。不思議と。


 <データ>

 天候:曇・霧雨
 気温:16.6度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:中津川
 水位:-0.20m(中津川 山岸)
 水温:11度
 入渓:6時00分
 退渓:8時00分
 釣果:ヤマメ(コッパ~23cm)8匹
    (フライ:5匹 テンカラ:3匹)
 竿 :フライ ダイワ ストライクフォース F764-4
    テンカラ シマノ 渓峰 テンカラNX LLS33
 仕掛:フライ リーダー(x3)10ft
        + ティペット(ナイロン1号)3ft
    テンカラ レベルライン(フロロ4号)3.0m
         +ハリス(ナイロン1.0号)0.9m  
 毛鉤:インチキパラシュート

tag : 朝練 ヤマメ 毛鉤 テンカラ フライ 中津川

13.06.21 朝練 米内川

開始から2時間半。
ひたすら苦行。

以上。


P6210001.jpg  P6210007.jpg  P6210011.jpg  P6210016.jpg



というのも味気ないのでいろいろと。

朝の5時ちょうど。
米内川沿いの道路に入ってすぐにエサ釣りのじいさん発見。
すでにスーパーの袋には悲しいサカナの死体が何匹か収まってました。

でも別に禁止されてるわけじゃないのでとやかくは言いませんが。

こちらはといえば、ヤマメとイワナの混棲域あたりまで一気に上って入渓。

その後はひたすらコッパヤマメと戯れてきました。
デカいのは一切ナシ。
最後の最後にバラしたのはそこそこかもしれないけども、たぶんそれでも手応えからすれば7寸くらいかな。

そういえば、今朝は一切イワナが掛かりませんでした。
実のところ、この区間は大物としてはイワナのほうが有望な区間でして、そのイワナが出ないもんだからもう・・・。


米内川もまんべんなく人が入ってますので、サカナの姿を見ることができただけでも上出来ってもんなのかしれませんけども・・・。


そんな感じで今朝はこの辺で。


 <データ>

 天候:曇
 気温:16.2度(観測点:盛岡 日最低気温)
 場所:米内川
 水位:-0.12m(中津川 山岸)
 水温:13度
 入渓:5時20分
 退渓:7時50分
 釣果:ヤマメ(メダカ~18cm)1?匹
 竿 :シマノ 渓峰 テンカラSX RT33
 仕掛:レベルライン(フロロ4号) 3.3m
     +ハリス(ナイロン1号) 1.2m
 毛鉤:EHC、インチキパラシュート

tag : 朝練 ヤマメ テンカラ 毛鉤 米内川

プロフィール

アサタカ。

Author:アサタカ。
盛岡在住のオッサンです。山菜・キノコ採りに加えて、とうとう渓流釣りに手を出しました。
エサ釣りからはじめましたがテンカラ釣りを経て、今はへっぽこフライマンもどきになってます。
たまに海にも行くしヘラブナも始めたし、ワカサギ釣りも好き。と、節操がありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ユーザータグ

朝練 イワナ ヤマメ フライ ワカサギ 毛鉤 テンカラ 岩洞湖 根田茂川 氷上 新規開拓 米内川 閉伊川 簗川 中津川 雫石川 ヘラブナ 南畑池 マジ釣り ウグイ 道具 綱取ダム 外山川 ボウズ 和賀川 クキ キノコ 猿ヶ石川 五戸川 山菜 海釣り ニジマス ボリ チョイ釣り 大志田ダム 妙返川 偵察 菜魚湖 大島 夏泊 川下り 祭り ボンズ 小本川 北上川 夕練 TLM50 ボーズ 矢櫃川 手漕ぎボート カレイ タラボ RA125 大船渡 アイナメ 馬渕川 馬淵川 高松の池 ヤマメ閉伊川 渓流 シャカシメジ アミタケ 速報 行者ニンニク コシアブラ ハツタケ マツタケ イカ ムキタケ 日記 乙部川 ワラビ 管理釣り場 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR